5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンと猫と神様

1 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:17:59.67 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
昔々、あるところに若い夫婦が住んでいました。
 
 
 
 

2 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:19:12.95 ID:hgYoUsgd0
 
( ^ω^)「それじゃ、そろそろ行くおwwwwww」
 
ξ^ー^)ξ「えぇ、今日も頑張りましょw」
 
 
 
2人は幼いときから仲良しで、何をするにも2人一緒でした。
 
いつものように毎朝同じ時間に起き、朝ご飯も一緒に食べ、以前に2人で一生懸命頑張って作った畑で仕事をする………。
 
貧しいながらも幸せで平凡な暮らしをしていました。 
 
 
 
一見、幸せそうな、どこにでもいる夫婦のようですが、2人には1つだけ大きな悩みがありました。 
 

3 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:19:34.82 ID:hgYoUsgd0
 
(´・ω・`)「やぁ、ブーンにツンじゃないか。おはよう」
 
( ^ω^)「おっwwwショボンwwwwwおはようだおwwwwしぃちゃんも、おはようだおwwwww」
 
(*゚ー゚)「ブーンさん、ツンさん、おはようございますw」
 
ξ^ー^)ξ「おはよう、しぃちゃんwww今日はお父さんのお仕事のお手伝い?」
 
(*゚ー゚)「うん、畑のお手伝いするのww」
 
 
 
しぃはお父さんの手を繋ぎながら、天使のような笑顔で元気よく返事をしました。 
 

4 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:20:07.58 ID:hgYoUsgd0
 
( ^ω^)「しぃちゃんは偉いおwwwwおじさん、関心しちゃうおwwwww」
 
(´・ω・`)「もう10歳だからね。そろそろ手伝わせてもいいかなって。それじゃ、僕たちは行くよ」
 
(*゚ー゚)「ブーンさん、ツンさん、バイバイwww」 
 
 ^ω^)^ー^)ξ「バイバイwww」
 
 
 
同じ村にすむショボンは、ブーンとツンの幼馴染で、早くに結婚をし、子供もできました。
 
ブーンとツン、それにショボンとしぃは、それぞれの畑へと向かいました。
 

5 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:20:40.28 ID:hgYoUsgd0
 
( ´ω`)「………」
 
ξ゚听)ξ「………ブーン?」
 
( ´ω`)「………おっ?」
 
ξ゚听)ξ「………やっぱり気にしてるの?」
 
( ^ω^)「おっおっwwwwwそんなことないおwwwww」
 
ξ;;)ξ「ごめんなさい………きっと………私のせいなんだよね………」
 
(;^ω^)「ツンのせいなんかじゃないお!!!ブーンはツンと2人でいるだけで幸せだお!!!」
 
 
 
2人には子供ができなかったのです。 
 

6 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:21:13.28 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
          ( ^ω^)ブーンと猫と神様
 
 
 
 

7 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:21:50.21 ID:hgYoUsgd0
 
ブーンはツンを慰めながら、2人で一生懸命作った畑へと向かいました。
 
季節はもう秋。
 
畑に続く山道の木々は紅色に染まり、それはもう、この世のものとは思えないほど美しい光景で………。 
 
紅色に染まった木々から零れる木漏れ日は、2人の行く道を照らしていました。
 
 
 
ξ;;)ξ「ごめんなさい………ごめんなさい………」
 
( ^ω^)「ツンは気にしすぎだお………ほら、ツンの可愛い顔が涙で台無しだおwwww」
 
 
 
しばらく山道を歩くと、2人の畑が見えてきました。
 

8 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:22:11.23 ID:yqgTTKN/0
支援

9 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:22:33.62 ID:hgYoUsgd0
 
( ^ω^)「ツン、泣き止んだかお?wwwwそれじゃ、今日も頑張るおwwwwww」
 
ξぅー^)ξ「うん、頑張ろwww」
 
 
 
今日の朝は少しだけ悲しい気分になりましたが、いつものように2人は畑仕事に取り掛かりました。
 
今年の冬は暖かく過ごせそうだ………。 
  
今年はいつもよりも豊作のようで、2人の作業もいつも以上にはかどりました。
 
 
 
一生懸命に仕事をすればするほど、時間が経つのを早く感じるもので、2人が気が付いた頃には、お日様は真っ赤に染まりながら山の裏側に隠れようとしていました。。
 

10 :はぐれVIPPER:2006/12/03(日) 01:22:48.38 ID:qRib/T9HO
これは期待

11 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:23:12.69 ID:hgYoUsgd0
 
2人仲良く手を繋ぎながら、少し薄暗くなった山道を通り、村へと帰りました。
 
家に着く頃には、お月様が辺りを照らしていて、すっかり夜になっていました。
 
 
 
( ^ω^)「うぃーwwwww今日も頑張ったおwwwww疲れたおwwwww」
 
ξ^ー^)ξ「お腹空いたでしょ?wwwすぐに晩ご飯の準備をするからねwww」
 
( ^ω^)「うはwwwktkrwwwっうぇwwwwその間に最後の仕事するおwwwwww」
 
 
 
ブーンはいつものように畑仕事で使った道具の手入れを、ツンは近くの川で今日の晩ご飯で使う野菜を洗いに行きました。
 

12 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:23:58.48 ID:hgYoUsgd0
 
ツンがいつもの川でいつものように野菜を洗っていると、どこからともなく動物の鳴き声がしました。
 
「ゴラァ………ゴ………ゴラァ………」
 
ξ;゚听)ξ「ちょっと………何よ………この聞いたことないような鳴き声………まさか………UMA!?」
 
 
 
ツンは辺りを見渡すと、近くに子猫が倒れているのを見つけました。
 
毛は短く、雪のように白い子猫でした。 
 
何やらその子猫は弱っているようです。
 
 
 
(;-Д-)「ゴラァ………」
 
ξ゚听)ξ「何よ!ただの猫じゃない!まったく、驚かせt………って、この子、様子が変ね………」
 

13 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:24:33.02 ID:hgYoUsgd0
 
(;-Д-)「ゴ、ゴラァ………」
 
ξ;゚听)ξ「よしよし、どうしたの………って、この子、ケガしてる………!!」
 
 
 
その子猫の左後ろ足には砂に汚れた大きな傷があり、月明かりが子猫の血を不気味に照らしていました。
 
 
 
ξ;゚听)ξ「大変………!!」
 
 
 
ツンは野菜を洗うのも忘れ、その子猫を抱きかかえ、家へと走りました。
 

14 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:24:48.90 ID:yqgTTKN/0
支援

15 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:25:42.24 ID:hgYoUsgd0
 
薄暗い夜道、ツンは何度もこけそうになりながらも、その子猫を抱きしめ、なんとか家へと辿り着きました。
 
 
 
(;^ω^)「おっおっwwツンおかえr………って、どうしたんだお!!??」
 
ξ;゚听)ξ「そこの川でこの子猫がケガをして動けずにいたの!!だから………!!」
 
(;^ω^)「おっおっwwwとりあえず、僕は薬草の準備をするから、ツンはその子猫を見てるお!!」
 
ξ;゚听)ξ「うん!!」
 
 
 
ブーンは家の裏山へ薬草を取りに行き、ツンは子猫のために有り合わせの布でお布団を作ってあげました。
 
ツンの服と手には子猫の血がべっとりと付いており、その傷がとても深いものだったことを物語っていました。
 

16 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:26:45.93 ID:hgYoUsgd0
 
しばらくすると、ブーンが裏山から薬草を取ってきて、それをすり潰して子猫の傷に塗ってあげました。
 
悲痛な鳴き声が、狭い部屋に響き渡りましたが、傷を治すためには仕方のないことでした。
 
薬草を塗ると、傷からは血が止まり、子猫も楽になってきたようでした。
 
 
 
その後、三日三晩、ブーンとツンは付きっきりで子猫の看病をしました。
 
そして2週間後………。
 

17 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:27:26.44 ID:hgYoUsgd0
 
( ^ω^)「それじゃ、そろそろ行くおwwwwww」
 
ξ^ー^)ξ「えぇ、今日も頑張りましょw」
 
(,,゚Д゚)「ゴラァ!!」
 
 
 
子猫は元気を取り戻し、元気に歩けるようになりました。
 
2人と1匹は今日もいつもの畑へと向かいます。 
 

18 :武器屋のじじぃ:2006/12/03(日) 01:27:52.77 ID:KDJRq+G4O
wktk

19 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:28:14.18 ID:hgYoUsgd0
 
ケガが治ってから、子猫はブーンとツンにとてもなつきました。
 
2人はその子猫にギコと名づけました。 
 
いつものように毎朝同じ時間に起き、朝ご飯も一緒に食べ、畑へ向かう2人へ付いて行く………。
 
その日から2人と1匹はいつも一緒でした。 
  
ギコは他の猫と少しだけ鳴き声が違いますが、2人にとても可愛がられました。
 
それはもう、まるで自分たちの息子のように………。
 
ギコも2人のことをお父さんとお母さんだと思うようになりました。 
 

20 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:28:50.81 ID:hgYoUsgd0
 
ギコはその可愛さからか、村で人気者になりました。
 
 
 
(*゚ー゚)「ギコちゃん可愛いねwwwねぇねぇ、ナデナデしてもいい?」
 
( ^ω^)「おっおっwwwwおkおkwwwwwww」
 
(*゚ー゚)「ギコちゃん可愛いwwwwww」
 
(,,*゚Д゚)「ゴ、ゴラァ!!」
 
(´・ω・`)「それにしても、可愛い子猫だね。うらやましいよ」
 
( ^ω^)「おっおっおっwwww自慢の息子だおwwwwwね、ツンwwww」
 
ξ^ー^)ξ「えぇwwwフフフwww」
 
(,,゚Д゚)「ゴラァ!!」
 

21 :VIP女神:2006/12/03(日) 01:30:36.70 ID:odED0sWp0
支援

22 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:31:23.52 ID:hgYoUsgd0
 
お父さんとお母さんをを支配していた子供がいないという寂しさは、まるでギコが全部食べてしまったみたいに、消えてなくなりました。
 
そのおかげで、お父さんとお母さんの間には常に笑顔が絶えませんでした。
 
 
 
ギコはブーンのお腹の上が大好きでした。
 
お父さんが仰向けになって寝転がると、すぐにお父さんのお腹の上に、顔の方を向いて乗っかりました。
 
 
 
( ^ω^)「おっおっおっwwwwギコは甘えん坊さんだおwwwww」
 
(,,゚Д゚)「ゴラァ!!」
 
 
 
朝にお父さんを起こすとき、夜中に構ってほしいとき、急に寂しくなったとき、お父さんが風邪をひいて寝込んでしまったとき………。
 
よくお腹の上に乗っかっていました。
 

23 :だんご屋のはる:2006/12/03(日) 01:31:48.12 ID:bNNGFAr4O
これは期待

24 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:32:39.66 ID:hgYoUsgd0
 
時は過ぎ、ギコがお父さんとお母さんの家に来て10年が経とうとしていました。
 
 
 
ぽかぽか陽気の中、一緒に桜の花を見に裏山まで散歩した、春。
 
暑い日差しの中、畑仕事の合間に木陰でじゃれあった、夏。
 
紅色に染まった木々の木漏れ日の中、里山を一緒に探検した、秋。
 
深い雪で村が埋まってしまった中、お父さんのお腹の上で一緒に暖かい春を待った、冬。
 
どれもギコにとっては、かけがえの無い思い出でした。
 
 
 
しかし、出会いがあれば別れもある………時というものは、とても残酷なもののようです。
 

25 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:32:55.09 ID:yqgTTKN/0
しえんしえn

26 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:34:25.22 ID:hgYoUsgd0
 
( ;ω;)「ギコ!!大丈夫かお!!??しっかりするお!!」
 
ξ;;)ξ「ギコ!!聞こえる!!??ギコ!!!」
 
(;-Д-)「ゴ………ゴラァ………」
 
 
 
この数日の間、ギコには食欲も無く、また、以前のように走り回れるような元気も残っていませんでした。
 
お父さんが知っているどの薬草をギコに飲ませても、お母さんが作ったおいしい料理を食べさせようとしても、元気にはなりませんでした。
 
老衰………猫は人間の何倍もの速さで歳を取るらしく、ギコは人間でいうお爺ちゃんになっていたのです。
 
『お爺ちゃんになっても、俺はお父さんとお母さんの子ども』
 
それはギコにとって誇れるべきことでした。
 

27 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:35:27.71 ID:hgYoUsgd0
 
(;-Д-)「ゴ………ラ………ァ………」
 
( ;ω;)「ギコ!!死ぬなお!!!!ギコ!!!!!」
 
ξ;;)ξ「ギコ!!ギコ!!!!」
 
 
 
お父さんとお母さんはギコを優しく、暖かく抱きしめてやりました。
 
 
 
(,,-Д-)「………」
 
 
 
ギコはもう起きることのない、深い眠りにつきました。
 

28 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:36:15.10 ID:hgYoUsgd0
 
(;-Д-)「ゴ………ラ………ァ………」
 
( ;ω;)「ギコ!!死ぬなお!!!!ギコ!!!!!」
 
ξ;;)ξ「ギコ!!ギコ!!!!」
 
 
 
お父さんとお母さんはギコを優しく、暖かく抱きしめてやりました。
 
 
 
(,,-Д-)「………」
 
 
 
ギコはもう起きることのない、深い眠りにつきました。
 

29 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:37:11.39 ID:hgYoUsgd0

すまん、誤爆した
反省している証拠に自分で自分をビンタした

30 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:37:47.91 ID:hgYoUsgd0
 
(,,゚Д゚)「何だ、ここは………ゴラァ………」
 
 
 
ギコが目を覚ますと、そこにはどこまでも続く草原と、限りなく青に近い澄み切った空が広がってしました。
 
 
 
(,,゚Д゚)「あぁ………俺は死んだのか………ゴラァ………」
 
「ギコや………ギコや………」
 
 
 
何やら後ろの方から声が聞こえてきました。 
 

31 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:38:29.41 ID:hgYoUsgd0
 
(,,゚Д゚)「誰だゴラァ!!!」
 
( ´∀`)「こっちへおいでモナー」
 
 
 
後ろを振り向くと、そこには大きな背の高い木があり、その木の下に1人の老人が立っていました。
 
ギコはその老人の下へ走っていきました。
 
 
 
(,,゚Д゚)「誰だゴラァ!!!何で俺の名前を知ってるんだゴラァ!!!!」 
 
( ´∀`)「まぁまぁ、そんなに怪しまなくてもいいモナー。ワシは神様だモナー」
 
(,,゚Д゚)「神様ぁ!!??」 
 

32 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:39:07.80 ID:hgYoUsgd0
 
白い布の服を身に纏った老人の髪の毛とヒゲは真っ白でとても長く、立派な樫の杖を持っており、いかにも神様のような風貌でした。
 
 
 
(,,゚Д゚)「その神様が一体、俺に何の用があるんだゴラァ!!!!」 
 
( ´∀`)「君にご褒美をあげようと思って呼んだんだモナー」
 
(,,゚Д゚)「ご褒美ぃ!!??」 
 

33 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:40:03.69 ID:yqgTTKN/0
支援

34 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:40:27.71 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「そうだモナー。ご褒美として願いを1つだけ叶えてあげるモナー」
 
(,,゚Д゚)「ご褒美ぃ!!??何だって俺にご褒美なんかくれてやるんだゴラァ!!!」
 
( ´∀`)「ワシは君の一生をずっと見てきたモナー。君は子供のいない夫婦に、まるでその夫婦の子供のように振舞って、寂しさを忘れさせてあげたモナー。ワシはそれを見て、とっても感動したモナー。だからご褒美として1つだけ願いをかなえてあげるモナー」
 
(,,゚Д゚)「本当か!!??それは本当なんだなゴラァ!!!」
 
( ´∀`)「本当だモナー。神様は嘘を付かないモナー」
 
(,,゚Д゚)「それなら俺を今すぐに生き返らせろ!!!生き返らせてお父さんととお母さんがいるところに連れて行けゴラァ!!!!」
 
 
 
ギコはまだ死にたくはありませんでした。
 
もっとお父さんとお母さんに甘えたいし、きっと2人も悲しんでいる。
 
そう思ったギコは神様にそう頼みました。
 

35 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:41:32.96 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「いいモナよー。その願い叶えてあげるモナー。ただし、条件があるモナー」
 
(,,゚Д゚)「条件………」
 
 
 
神様はギコを生き返らせる代わりに、4つの条件を出しました。
 
1つ目は生前の姿では生き返らせることはできないということ。
 
2つ目はお父さんとお母さんの前で『ゴラァ!!』と鳴いてはいけない。
 
3つ目はお父さんのお腹の上に乗ったり、お父さんとお母さんに以前のように甘えてはいけないこと。
 
そして最後の4つ目はお父さんとお母さんにギコの生まれ変わりだと気付かれてはいけないこと。
 
 
 
( ´∀`)「どうモナか?この条件、飲むモナか?飲まないモナか?」
 
(,,゚Д゚)「………」 
 

36 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:42:21.16 ID:hgYoUsgd0
 
(,,゚Д゚)「その条件、飲んだゴラァ!!!!!!!」
 
 
 
ギコに迷いは微塵もありませんでした。
 
自分のことはどうでもいい。
 
とにかく、お父さんとお母さんが寂しくないように、そばにいてあげなければ………。
 
ギコは強い決心の下、神様に返事をしました。 
 
 
 
( ´∀`)「よし、わかったモナー。それではさっそく、君を生き返させるモナー」
 
(,,゚Д゚)「ッッッッ!!!!????」
 
 
 
神様は持っていてた杖を振りかざすと、白くて眩しい光がギコを包み込みました。
 

37 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:43:22.02 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,-Д-彡「ゴ………ゴラァ………」
 
ミ;゚Д゚彡「ゴ、ゴラァ!!!???」
 
 
 
気が付くと、そこはお母さんが10年前に助けてくれた川原でした。
 
川の音、それに砂利の冷たい感触………どれも10年前と変わっていませんでした。
  
月明かりが照らす水鏡で自分の姿を見てみると、ギコの体は茶色で長い毛で覆われており、以前の面影はまったくありませんでした。
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「ゴラァ………」
 
 
 
ギコはとりあえず、お父さんとお母さんが住んでいる家へと向かいました。
 

38 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:43:59.23 ID:yqgTTKN/0
支援

39 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:44:50.45 ID:hgYoUsgd0
 
月明かりが照らす見慣れた薄暗い道をしばらく走り、10年間一緒に暮らした家に辿り着きました。
 
優しくて暖かい、そして懐かしい明かりが、暗い夜道を走ったギコの目に入り込んできました。
 
中からお父さんとお母さんの会話が聞こえてきます………。
 
 
 
( ´ω`)「ギコが死んで………もう半年かお………」
 
ξぅ−゚)ξ「そうね………早いわね………」
 
( ;ω;)「うぅ………ギコ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
窓からこっそり中の様子を伺うと、そこには今まで見たことのないお父さんとお母さんの悲しそうな表情がありました。
 
死んで半年………ギコは知らない間に長い時間が過ぎていたようです。
 
ここで生きていたときのように元気よく中に入りたいのですが、神様の条件を思い出し、そうもいきません。
 
このとき、ギコは自分の無力さを恥じました。 
 

40 :VIP奴隷:2006/12/03(日) 01:45:27.48 ID:vs0/aAeu0
その鳴き声はわざとなのか…?

41 :VIP足軽p:2006/12/03(日) 01:45:28.70 ID:/gjz9PXf0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
イケメン&犬顔固定・托だけど何か文句ある?
名前:山口兄太
住所:横浜
顔:http://hikky072.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/uploader/src/up0414.jpg
最終学歴:中卒
年齢:26歳
職場:横浜のメッキ工場
役職:主任
ハンゲーム名:超音速針鼠
スカイプID:tails6502
ラジオ:http://211.2.104.99:8080
↑のURLを動画見れるャtトに追加してください
(代蕪Iな例:windowsメディアプレーヤー、でメニューからURLを開くに追加iTunesも可)
人数制限は30人までです。

俺に文句あるならここに来い
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1165075789/
いつでも相手してやる
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


42 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:45:33.56 ID:hgYoUsgd0
 
今、ここで中に入るのは不自然だろう………。
 
ギコはそう思い、トボトボと家から離れて行きました。
 
たまに後ろを振り向いて、優しくて暖かい、そして懐かしい明かりが遠くなっていくのを確認しながら………。
 
行く当ての無いギコは、月明かりが照らす山道を歩いていきました。
 
今までお父さんとお母さんに、たくさん可愛がられたことを思い出しながら………。
 
しばらく歩くと、お父さんとお母さんの畑が見えてきました。
 

43 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:46:57.97 ID:hgYoUsgd0
 
今日はここで寝るか………。 
 
行く当ての無いギコは、お父さんとお母さんが畑仕事の合間によく休憩場所として使っていた、大きな桜の木の根元に寝転がりました。
 
そういえば………いろんなことがあったな………。 
 
目を閉じると、10年間の思い出が、まぶたの裏に映し出されてきて、知らないうちに大粒の涙が零れてきました。
 
今日は晴れていて、こんなにも月が明るくて綺麗なのに、そこだけまるで雨が降っているかのように、たくさんの涙が零れ落ちていました。
 
お父さんとお母さんには感謝しても感謝しきれない………たくさんの恩があるんだと、改めて思いました。
 

44 :だんご屋のはる:2006/12/03(日) 01:47:51.07 ID:n+fOiEze0
wktk

45 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:47:55.17 ID:hgYoUsgd0
 
涙で濡れた顔をこすると、すぐ横に何やら石と花が置いてありました。
 
生きていた頃はこんな物はなかったはず………。
 
ギコはそれが何なのかを、涙で滲んだ視界で確認しました。
 
石の大きさはギコと同じくらいで、周りには色とりどりの花々が供えてあり、石には『ギコ』と彫られてありました。 
 
これは………俺の墓………?
 
ギコは改めて、自分という存在がこの世から消えてしまったということを自覚しました。
 

46 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:48:30.51 ID:hgYoUsgd0
 
俺のためなんかに墓なんか作ってくれた………。
 
俺のためなんかにたくさんの花を供えてくれた………。
 
俺のためなんかに悲しんでくれた………。
 
今度は………俺の番だ!!! 
 
ギコはお父さんとお母さんに恩返しをする決心をし、眠りにつきました。
 

47 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:49:10.57 ID:hgYoUsgd0
 
朝日がまぶた隙間から入り込んで、泥のように眠っていたギコを起こしました。
 
もうしばらく寝てよう………。
 
疲れてたギコはそう思い、再びまぶたに隙間ができないよう、固く固く閉じました。
 
どうやってお父さんとお母さんに恩返しをしようか………そんなことを考えながら再び気持ちのいい夢の世界へ足を踏み入れようとしたとき、何かの気配に気がつきました。
 
 
 
( ^ω^)「おっおっ?何だ?この猫………」
 
ξ゚听)ξ「見かけない猫ね………」
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッ!!!???」
 
 
 
そこにはギコを囲むようにしてしゃがんでこちらを見ている、懐かしい顔………お父さんとお母さんの顔がありました。
 

48 :だんご屋のはる:2006/12/03(日) 01:49:32.29 ID:n+fOiEze0
ちと涙出てキタ

49 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:49:50.66 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
ξ゚听)ξ「見かけない猫ね………」
 
( ^ω^)「おっおっwwwこっちへおでおwwwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「ゴr………ッッッ!!!」
 
 
 
この前までなら、お父さんとお母さんに近づいて甘えるのが、ギコにとって何よりの幸せでした。
 
いつものようにお父さんに近づいて甘えようとしたとき、神様の4つの条件を思い出しました。
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 

50 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:50:24.20 ID:hgYoUsgd0
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!」
 
(;^ω^)「ちょwwwwwいきなりなんだお!!??wwww」
 
 
 
お父さんがギコに手を差し伸べられた瞬間、ギコは全身の毛を逆立たせて威嚇しました。
 
今まで出したことのないような怒った声も、このとき生まれて初めて出しました。
 
 
 
ミ#゚Д゚彡「ウウウウゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!」
 
(;^ω^)「馴れ合いを知らない猫だおwwwwwどっかのコテとは大違いだおwwwwww野生のオーラ炸裂だおwwwww」
 

51 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:51:20.08 ID:hgYoUsgd0
 
お父さんとお母さんのそばに、少しの間だけでもいいからいたい………。
 
だからギコは一生懸命、お父さんとお母さんに向かって威嚇しました。
 
本当はこんなことはしたくない………いや、してはいけない………。 
 
そばにいたいのに甘えてはいけない………。
 
神様の4つの条件が、ギコの綺麗に透き通った心を締め付けました。 
 
ごめんなさい、ごめんなさい………そう思いながらギコは一生懸命鳴きました。 
 

52 :VIP村人n:2006/12/03(日) 01:51:36.89 ID:swKRyVOz0
これはくる

53 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:52:15.45 ID:hgYoUsgd0
 
ξ゚听)ξ「この子………お腹が空いてるのかしら………」
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!」
 
ξ゚听)ξ「よしよし………怖がらなくていいからね………」
 
 
 
お母さんはそう言うと、お昼ご飯のために作ったおにぎりを、ギコの前に置きました。
 
 
 
ξ^ー^)ξ「はいww怖がらなくていいからねwwwお食べwwww」
 
( ^ω^)「よしよしwwwwそれじゃ仕事するおwwwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 

54 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:53:00.63 ID:hgYoUsgd0
 
お父さんとお母さんはギコのすぐ横に荷物を置き、2人の畑へと向かいました。
 
目の前にはお母さんが作ったおにぎり………。
 
ギコは昨日から何も食べていないせいか、何も考えずに食らいつきました。
 
喉が詰まりそうになりましたが、空っぽのお腹にお母さんのおにぎりを詰め込みました。
 
途中、神様の条件を思い出しましたが、何も起こらないようなので、食べ物を貰うことは大丈夫なのだと確信しました 
  
おにぎりを半分くらい食べ終えた頃、ギコは目頭が熱くなっているということに気が付きました。
 

55 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:53:40.40 ID:hgYoUsgd0
 
お母さんが握ってくれたおにぎり………。
 
横に置かれたお父さんとお母さんの荷物からする懐かしい匂い………。
 
そして、お父さんとお母さんが働く様子………。
 
何も変わっていませんでした。
 
ただ変わっているのは自分の立場だけ………。
 
ギコはお父さんとお母さんのそばに再び戻ってこれたことに感謝しながら、残り半分のおにぎりを食べました。
 
残り半分のおにぎりは、なんだかギコにはしょっぱく感じてしまったようです。
 

56 :愛のVIP戦士:2006/12/03(日) 01:54:06.65 ID:yqgTTKN/0
支援

57 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:54:49.79 ID:hgYoUsgd0
 
お日様が1日のうち1番高くに昇る頃、お父さんとお母さんはいつものように大きな桜の木の根元で休憩を始めました。
 
ギコは心とは思っていることと反対のこと………お父さんとお母さんから離れたところに、ちょこんと座りました。
 
 
 
( ^ω^)「うはーwwww休憩するおーwwwwww」
 
ξ^ー^)ξ「さ、お弁当にしましょうwwww」
 
 
 
お父さんとお母さんはいつものようにお昼ご飯を食べ始めました。
 
少し離れたところからお父さんとお母さんの様子を伺って………そばに行きたいんだけど、行けなくて………。
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
ギコは黙ってお父さんとお母さんを見ていることしかできませんでした。
  

58 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:55:35.18 ID:hgYoUsgd0
 
ξ゚听)ξ「あら………さっきの猫、まだいるわ」
 
( ^ω^)「おっおっおっwwwww本当だおwwwwwそんなとこにいないで、こっちにおいでおwwwwww」
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!」
 
(:^ω^)「ちょwwwwやっぱりかおwwwwwwそれじゃ仕事に戻るおwwwww」
 
 
 
そういうと、お父さんとお母さんは畑仕事に戻っていきました。
 
ギコの心の中は、寂しい気持ちと申し訳ない気持ちで、薄暗い悲しい色に染まっていました。
 

59 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:56:20.20 ID:hgYoUsgd0
 
ギコは畑から少し離れたところで、お父さんとお母さんの畑仕事を見守っていました。
 
これからどうしようか………。
 
どうやって恩返ししようか………。
 
そんなことばかり考えながらお父さんとお母さんを見守っていると、いつのまにやら、お日様は真っ赤に染まりながら山の裏側に隠れようとしていました。
 
お父さんとお母さんも家へ帰る準備を終え、ギコの墓の前に座り込んで、目を閉じ、手を合わせました。
 
 
 
( ^ω^)「ギコや………今日も父ちゃんと母ちゃんはケガもなく、無事に仕事を終えることができたお………」
 
ξ゚听)ξ「今日はもう帰るけど………また………また明日も来るからね………」
 
( ぅω^)「グス………それじゃ帰るお………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 

60 :武器屋のじじぃ:2006/12/03(日) 01:56:27.32 ID:KDJRq+G4O
。・゚・(ノД`)・゚・。

61 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:57:05.21 ID:hgYoUsgd0
 
ギコは、自分が死んだせいでお父さんとお母さんが悲しんでいる、と思いました。
 
お父さんとお母さんの悲しみを無くすには、神様の4つの条件を破らないように、以前のギコを忘れさせるように振舞えばいい。 
 
ギコに大きな目標ができました。
 
目標のできたギコは、気付かれないように、お父さんとお母さんの後を追うことにしました。
 
夕焼け色の少しだけ薄暗い家路は、ギコにはとても懐かしく感じさせるものでした。
 
でも、以前のようにお父さんとお母さんに甘えながら家に帰ってはいけないので、なんだか心細い気がしました。
 

62 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:57:45.22 ID:hgYoUsgd0
 
ξ゚听)ξ「あれ?さっきの猫………ついてきてるわ………」
 
( ^ω^)「あの猫はきっとツンデレなんだおwwwwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
家に着くと、お父さんとお母さんは家の中に入っていきました。
 
ギコは神様の4つの条件が気になって、中に入ることは出来ませんでした。
 
暗かった家に暖かな明かりが灯り、お母さんはすぐに川へ野菜を洗いに行きました。
 

63 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:58:59.16 ID:hgYoUsgd0
 
お母さん1人で夜道は危険だ………。
 
玄関から出てきたお母さんを、ギコは少し離れて後を追いました。
 
 
 
ξ゚听)ξ「あら?さっきの………着いてきちゃったんだ」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
ξ^ー^)ξ「フフフ………お腹空いてるんでしょwww後でご飯あげるからねwww」
 
 
 
月明かりが照らす夜道を、ギコとお母さんが歩きます。
 
ギコとお母さんの間に少しだけ距離はありましたが、それはまるで、ギコが生きていたときのような光景でした。
 

64 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 01:59:24.91 ID:hgYoUsgd0
 
川に着くと、お母さんはいつものように野菜を洗い始めました。
 
ギコはお母さんに寄り添いたい気持ちを一生懸命抑え、少し離れたところでちょこんと座りました。
 
 
 
ξ^ー^)ξ「フフフ………すぐに終わるから待っててねwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
そのときでした。 
 

65 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:02:21.86 ID:hgYoUsgd0
 
「ウウウウゥゥゥゥゥ………ワン!!!!ワン!!!!!111!!!」
 
「ヴヴヴヴヴヴ………」
 
 
 
ギコがいる反対側の、お母さんから少し離れた暗闇の中から、獰猛そうな野犬数匹が現れました。
 
今にもお母さんを襲いかかるかのように、涎を垂らしながら威嚇していました。
 
 
 
ξ;゚听)ξ「ちょ………ちょっと………」
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッ!!!!!!!!!111!!」
 
 
 
お母さんを守らなきゃ………!!!  
 
ギコはそれ以外のことは考えず、自分よりも何倍も大きい野犬に全速力で立ち向かっていきました。
 

66 :籠屋の銀二:2006/12/03(日) 02:02:46.05 ID:n+fOiEze0
しえn

67 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:03:07.23 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,-Д-彡「………」
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッ!!!???」
 
( ^ω^)「おっおっおっwwww起きたみたいだおwwwww」
 
ξ;;)ξ「よかった………よかったぁ………」
 
 
 
目を覚ますと、お父さんとお母さんの顔がギコを覗き込んでいました。
 
懐かしい天井の色、家の暖かい明かり、生きていたときに布団として使っていた座布団………。
 
どうやら家の中にいるようです。
 

68 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:03:48.65 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
お母さんは………!?
 
お母さんを見てみると、ケガはしていないようです。
 
どうやらお母さんは無事みたいです。
 
ギコは安心しました。
 
そして、すぐに神様の4つの条件が頭をよぎり、家を出るために起き上がろうとしました。
 
 
 
ミ;゚Д゚彡「………グッッッ!!!???」
 
 
 
少しでも動こうとすると、それを拒むかのように全身に激痛が走りました。 
 
体のいたるところに薬草を染み込ませた包帯が巻かれてあります。 
 

69 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:05:04.01 ID:hgYoUsgd0
 
ξ;凵G)ξ「ありがとうね………私なんかのために、本当にありがとうね………」
 
( ^ω^)「おっおっおっwwwwwお前は偉い猫だおwwwwwたった1匹で野犬をやっつけてしまうなんてwwwwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ^ω^)「それにしても酷い傷だおwwwwww治るまで、ここで休んでいくといいおwwwwwww」
 
 
 
全くそのときのことは覚えていませんが、どうやら野犬を全部やっつけたようです。
 
その代償として全身にたくさんの傷を負ってしまいました。 
 
神様の4つの条件が気になりましたが、冷静に考えてみると、どうやら家に入ることは大丈夫なんだと確信しました。
 

70 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:06:27.21 ID:hgYoUsgd0
 
恩返しのためにお母さんを助けるつもりが、逆に世話になってしまった………。
 
ギコは、これからもっと恩返しをしなければならないと、強く強く心に決めました。 
 
お母さんが助かったことを知ってホッとしたのか、ギコは急に眠たくなり、目を閉じました。
 
 
 
( ^ω^)「おっおっおっwwwww寝てしまったおwwwww………なんだかギコに似ているおwww」
 
ξ^ー^)ξ「フフフ………そうねwww」
 
( ^ω^)「そうだおwwwこの猫をフサギコって呼ぶお!!!wwwww」
 

71 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:07:37.90 ID:hgYoUsgd0
 
それから数週間、フサギコという名前をお父さんから貰ったギコは、家の中で療養しました。
 
神様の4つの条件が気になり、お父さんとお母さんがギコに触ろうとすると、相変わらず全身の毛を逆立たせて威嚇しました。
 
それでもお父さんとお母さんはギコを嫌いになんかならず、家に居させてくれました。
 
ギコは申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちで一杯でした。
 
ケガが治ると、ギコはお父さんとお母さんと共に行動しました。
 
畑仕事をするとき、山に薬草を取りに行くとき、お母さんが川に野菜を洗いに行くとき………。
 
生きていたときよりも少しだけ距離はありましたが、お父さんとお母さんを守るため、ずっとずっと着いていきました。
 

72 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:08:17.42 ID:hgYoUsgd0
 
ギコは何度も何度もお父さんとお母さんに甘えそうになったり、『ゴラァ!!!』と鳴きそうになりました。
 
だけど、一生懸命に我慢し、お父さんとお母さんへの恩返しをしました。
 
家にいるネズミを全部捕まえたり、畑仕事に行くときに忘れ物があると教えてあげたり………。
 
ギコは一生懸命に頑張りました。
 
 
 
しかし、ある日の晩に事件が起こりました。
 

73 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:08:53.51 ID:hgYoUsgd0
 
ギコとお父さん、お母さんが眠りに着いた丑三つ時………1人の男が家に忍び込もうとしました。
 
 
 
(*'A`)「フヒヒヒ………サーセンwwwwww」
 
 
 
男の名前はドクオ。
 
夜な夜な人の家に忍び込み、お金を盗んで生計を立てている泥棒です。
 
 
 
(*'A`)「ンッフwwwwフヒハッ☆さて………仕事すんべかwwwwフヒヒ………」
 

74 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:09:57.93 ID:hgYoUsgd0
 
ドクオは物音1つ立てずに、家に忍び込みました。
 
土足のまま、タンスのある部屋へ入っていきました。 
 
 
 
('A`)「まずはタンスの中を拝見させて頂きますか………」
 
 
 
ドクオがタンスを開けようとしたとき、ドクオも気付かないようなカタッという小さな音が出てしまいました。
 
 
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッ!!!???」
 

75 :VIP賢者:2006/12/03(日) 02:10:24.59 ID:Koo5enVlO
WKTK

76 :門番の娘:2006/12/03(日) 02:10:34.55 ID:KDJRq+G4O
wktk

77 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:10:38.02 ID:hgYoUsgd0
 
ギコはすぐに異変に気付き、タンスのある部屋へと走っていきました。
 
 
 
(*'A`)「あらぁ………お財布発見wwwwグフフフ………wwwww」
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!ゴラァァァァァアアアアアア!!!!!1111111!!!!!!」
 
((:*'A`))「ビクンッ☆フヒハッwwwwwwwサーセンwwwwwwww」
 
('A`)「って、ただの猫じゃんかよ………驚かせやがって……… ブ チ 殺 す ぞ 」
 
ミ#゚Д゚彡「ゴラァァァァァアアアアアア!!!!!1111111!!!!!!」
 
 
 
ギコはこの男が泥棒だと確信し、力いっぱい足に噛み付きました。
 

78 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:11:28.89 ID:hgYoUsgd0
 
(;'A`)「イッテェェェェエエエエエエ!!!!111!何すんだ!!!!11!!このファッキン猫!!!!!1111!!!」
 
 
 
ギコは何度もドクオの片方の足で蹴られながらも、一生懸命噛みました。
 
ギコの口がドクオの血で一杯になったところで、口を離しました。
 
 
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!!」
 
(#'A`)「この野郎………俺のシルクの肌を傷つけやがって………ブチ殺してやらぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!!11!!!」
 
(#゚ω゚)「誰じゃいコラァァァァアァァアアアアアアアアアア!!!!!!!11!!!」
 

79 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:12:27.65 ID:hgYoUsgd0
 
騒ぎに気付いたお父さんが、タンスのある部屋へと勢いよく入ってきました。
 
 
 
(;'A`)「ヤッベ!!気付かれた!!!ドロンします☆フヒハハハハハハハwwwwwwwwww」
 
ミ#゚Д゚彡「フゥゥゥゥゥーーーーッッッッ!!!!!!」
 
 
 
お父さんに見つかったドクオは一目散に家を飛び出し、夜の闇へと消えていきました。
 
お父さんは部屋の様子と、ドクオ、それにギコの逆立った毛を見て、一体何が起きたのか把握しました。
 

80 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:13:02.13 ID:hgYoUsgd0
 
( ^ω^)「フサギコ………お前、泥棒が来たのを教えてくれたのかお?wwwww」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ^ω^)「そうかおそうかおwwwwwwお前は賢い猫だおwwwwwwww」
 
 
 
ギコはとても嬉しく思いました。
 
お父さんとお母さんの役に立ってもらえた………。
 
ギコはこれからもずっとずっと、お父さんとお母さんに恩返しをしていこうと心に決めました。
 

81 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:15:01.81 ID:hgYoUsgd0
 
時は過ぎ、ギコがお父さんとお母さんの家に戻ってきて3年が経とうとしていました。
 
 
 
ぽかぽか陽気の中、少し離れて歩いたけど、桜の花を見に裏山まで散歩した、春。
 
暑い日差しの中、お父さんとお母さんの畑仕事の手伝いをした、夏。
 
紅色に染まった木々の木漏れ日の中、お父さんとお母さんのために栗やキノコを採ってきた、秋。
 
深い雪で村が埋まってしまった中、お父さんとお母さんのために暖を取るための木の枝を運んできた、冬。
 
ギコはいつも一生懸命に頑張りました。
 
 
 
そんな、もうすぐ夏になろうとしている、梅雨の雨の日のことでした。
 

82 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:16:00.20 ID:hgYoUsgd0
 
( ´ω`)「………ゴホッゴホッ………」
 
ξ゚−゚)ξ「ブーン………大丈夫………?」
 
( ´ω`)「………大丈夫………だお………ゴホッゴホッ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
お父さんは病気で倒れてしまいました。
 

83 :VIP足軽v:2006/12/03(日) 02:16:23.74 ID:KDJRq+G4O
wktk

84 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:17:10.44 ID:hgYoUsgd0
  
あんなに元気だったお父さんが、ここ数日の間に起き上がることもできないくらいに病気で衰弱してしまいました。
 
ギコが裏山からいろんな薬草を持ってきて、お母さんが煎じてお父さんに飲ませても、治りませんでした。 
 
お医者さんに見せても、どうすることもできないと言われました。
 
お医者さんが言うには、現代の医学では治すことができず、持って残り数日の命だということでした。
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
お父さんに何もすることができないギコは、自分の非力さに情けなくなってきました。
 
部屋は雨が瓦に叩きつけられる音と、ギコとお母さんの悲しみで支配してました。 
 

85 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:18:15.34 ID:hgYoUsgd0
 
ある日の晩、ギコはお父さんが寝静まったことを確認し、お父さんの顔を覗き込みました。
 
お父さんは以前のような、ふっくらとした顔ではなく、骨と皮だけの、可哀想な姿になっていました。
 
寝息も以前のような、気持ちよさそうな夢心地のものではなく、とても苦しそうな地獄で息をしているようなものでした。 
 
ギコは変わり果てたお父さんの姿を見て、目頭が熱くなっているのがわかりました。
 
初めてギコを拾ってくれたこと、野良猫なのにちゃんとお世話をしてくれたこと、生まれ変わってからも優しくしてくれたこと………。
 
思い出と感謝の気持ちはギコの心から溢れるくらいあるのに、助けることができない………。
 
ギコは自分の非力さに情けなく、悔しくなってしまいました。
  

86 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:19:27.99 ID:hgYoUsgd0
 
そのとき、目頭に溜まったギコの涙がお父さんの額に零れました。
 
どうやら、お父さんはギコが枕もとにいることに気付いたようです。
 
 
 
( ´ω`)「ゴホッゴホッ………フサギコかお………?」
 
ミ,,ぅД;彡「………」
 
( ´ω`)「ごめんだお………ゴホッ………咳がうるさくて寝れないのかお………ごめんだお………」
 
ミ,,;Д;彡「………」
 
( ´ω`)「フサギコや………お願いがあるんだお………」
 
ミ,,ぅД;彡「………」
 
( ´ω`)「もう………ゴホッ………僕は長くないから………僕の代わりに………ツ、ツンを………守ってほしいお………」
 

87 :籠屋の銀二:2006/12/03(日) 02:20:05.29 ID:n+fOiEze0
また涙出てキタ

88 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:20:07.78 ID:hgYoUsgd0
 
お父さんの震える声がギコの心に突き刺さりました。
 
お父さんへの最期の恩返しは、お父さんの代わりにお母さんを守ること………?
 
ギコはお父さんへの恩返しを、そんな形で終わらせたくはありませんでした。
 
お父さんが天国へ逝ってしまう前に、何かできないんだろうか。
 
ギコは小さい頭の中で一生懸命考えましたが、答えを導き出すことはできませんでした。
 
 
 
ギコは、お父さんが再び眠りにつくのを見届けて、寝ることにしました。 
 

89 :VIP村人XL:2006/12/03(日) 02:20:34.76 ID:ZoY3skW3O
なんという良スレ

90 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:20:46.68 ID:hgYoUsgd0
 
ギコはお父さんにしてあげる、最期の恩返しのことを考えながら、夢の世界へと入っていきました。 
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「………ん?何だ、ここは………ゴラァ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………あぁ、夢か………ゴラァ………」 
 
 
 
気が付くと、そこにはどこまでも続く草原と、限りなく青に近い澄み切った空が広がってしました。
 
でも、それはいつか見たことのある、素晴らしい光景でした。 
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「ここは………来たことがあるぞ!!!………ゴラァ!!!!!!」
 
「ギコや………ギコや………」
 
 
 
何やら後ろの方から声が聞こえてきました。 
 

91 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:21:24.25 ID:NgUjQYD20
あ、、、、もうダメ、、、、我慢できな(´;ω;`)

92 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:22:05.83 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,゚Д゚彡「誰だゴラァ!!!」
 
( ´∀`)「こっちへおいでモナー」
 
ミ;゚Д゚彡「お、お前は………!」
 
 
 
後ろを振り向くと、そこには大きな背の高い木があり、その木の下に1人の老人が立っていました。
 
白い布の服、真っ白でとても長い髭と髪、立派な樫の杖、それに特徴的な喋り方………あのときの神様のようです。
 
ギコはその神様の下へ走っていきました。
 
 
 
( ´∀`)「久しぶりモナねー、ギコ。いや、今はフサギコと呼ぶべきモナか?」
 
ミ,,゚Д゚彡「何の用だゴラァ!!!俺はちゃんと約束を守っているぞゴラァ!!!!」 
 
( ´∀`)「まぁまぁ、今日はそんなことで君を呼び出したんじゃないモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「何だと!!!???」 
 

93 :北町奉行:2006/12/03(日) 02:22:10.39 ID:L7TeTyWf0
この鳥は見覚えある

94 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:23:26.83 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「君を生き返えらせてから、今日までずっと君の事を見ていたモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「だから何なんだゴラァ!!!!」 
 
( ´∀`)「まぁまぁ、落ち着くモナよ。ちょっと条件を破りそうな危ない感じのときもあったけど、君はワシが出した条件をちゃんと守って、あの2人のために恩返しをしている姿を見て、ワシはまた感動したモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ´∀`)「だから、今回も君にご褒美をあげるモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「………ッッッ!!!???」
 

95 :VIP神:2006/12/03(日) 02:23:57.35 ID:vs0/aAeu0
確か疲れたお?と雪を降らせるの作者だ

こういう昔話みたいなのが好きなのだな

96 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:23:58.61 ID:NgUjQYD20
・・・・ッ!!!!!!

97 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:24:06.85 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「君のお父さん、君がこの夢から覚めて5時間後に死ぬモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「な、なんだって!!!???」
 
( ´∀`)「だから君のお父さんを助ける方法を教えてあげるモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「ほ、本当か!!!???」
 
( ´∀`)「本当だモナよ。神様は何だってできるモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「だったら、さっさと教えろゴラァ!!!!!!1111!!」
 

98 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:24:37.84 ID:NgUjQYD20
早くおせーて!

99 :VIP村人o:2006/12/03(日) 02:24:50.58 ID:swKRyVOz0
知りたい知りたい

100 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:25:05.04 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「そう慌てるモナよ。なーに、簡単なことモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ´∀`)「君のお父さんのお腹の上で『ゴラァ!!』って鳴いて、自分がギコの生まれ変わりだってことを気付かせれば、1発で治るモナー。次の日から現場復帰可能だモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「わかったぞゴラァ!!!!!わかったから、さっさと夢から覚ましやがれゴラァ!!!!!!!111111!!」
 
( ´∀`)「まぁまぁ、最後まで話を聞くモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ´∀`)「ワシが出した条件は君が死ぬまで有効だってことを忘れてはいけないモナよ?」
 
ミ,,゚Д゚彡「そ、それじゃ………俺は………」
 

101 :VIP村人XL:2006/12/03(日) 02:26:07.52 ID:ZoY3skW3O
まさかあの二つ書いた作者に遭遇できると思わんかった
雪を降らせるようです。ははぁはぁのとこで泣きまくったな

102 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:26:11.98 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「そうモナー。君のお父さんが元気になる替わりに、君が死ぬモナよ」 
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
神様が言った一言は、ギコの小さな体に重く圧し掛かりました。
 
次こそ本当に死んでしまう………。
 
もうこれ以上、お父さんとお母さんのそばにいることはできない………。
 
だけど、答えはもう決まっていました。
 

103 :籠屋の銀二:2006/12/03(日) 02:26:44.84 ID:n+fOiEze0
神様ぁ…試練与えすぎだよぉ…

104 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:26:46.30 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「どうモナか?やるモナか?やらないモナか?」
  
ミ,,゚Д゚彡「わかった!!!!やってやる!!!!だから、さっさと夢から覚ましやがれゴラァ!!!!!!!!111!」
 
( ´∀`)「よし、わかったモナー。それでは起こすモナよー」
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッッ!!!!????」
 
 
 
神様は持っていてた杖を振りかざすと、白くて眩しい光がギコを包み込みました。
 

105 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:27:24.34 ID:NgUjQYD20
んもうっ!だから神様なんて嫌い!

106 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:27:40.21 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,-Д-彡「………」
 
ミ;゚Д゚彡「ッッッ!!!???」
 
 
 
ギコは目を覚ますとすぐに、お父さんたちが寝ている部屋へと走っていきました。
 
今日は梅雨の時期には珍しく、窓の外は青空に染まっていたのですが、ギコはそんなのには目もくれず、急いで走りました。
 
一刻も早くお父さんを苦しみから解き放ってあげたい………。
 
ギコの頭の中は、その1文によって支配されていました。
 

107 :VIP神:2006/12/03(日) 02:27:47.34 ID:vs0/aAeu0
こういうのは入り込んだもん勝ちだな

108 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:28:20.52 ID:hgYoUsgd0
 
部屋につくと、お父さんは苦しそうな寝息を立てながら眠っていました。
 
お母さんのお布団は片付けられていました。
 
どうやら朝ご飯の支度をしているようです。
 
ギコは、その小さな口にお父さんのお布団を咥え、上半身が出るくらいまで捲り上げました。
 
そしてギコはお父さんのお腹の上に乗り、力いっぱい鳴きました。
 
 
 
ミ,,゚Д゚彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」
 

109 :門番の娘:2006/12/03(日) 02:28:25.77 ID:KDJRq+G4O
眠いけど寝ないでwktk

110 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:30:10.00 ID:hgYoUsgd0
 
( ´ω`)「ん………お………フサギコ………?」
 
ミ,,゚Д゚彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」
 
 
 
どうやらお父さんは起きたようです。
 
これで自分をギコの生まれ変わりだと気付いてくれれば………。
 
ギコは休まず鳴き続けました。
 
 
 
 
ミ,,;Д;彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」 
 

111 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:30:52.01 ID:hgYoUsgd0
 
ギコの目からは大粒の涙がお父さんのお腹の上に零れ落ちていました。
 
これでお父さんとお母さんとは最期なんだ………。
 
ギコは泣かずにはいられませんでした。
 
 
 
ミ,,;Д;彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」
 
( ´ω`)「ギコ………?」
 

112 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:31:29.27 ID:NgUjQYD20
ああああああああああああああああああ

113 :籠屋の銀二:2006/12/03(日) 02:31:50.69 ID:n+fOiEze0
目から汗が出てk(´;ω;`)

114 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:31:58.23 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,;Д;彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」
 
( ´ω`)「そうかお………お前は………ギコだったのかお………」
 
ミ,,;Д;彡「ゴラァ!!!!!!!ゴラァ!!!!!!!1111111!!!!!!」
 
( ´ω`)「ギコや………ゴホッ………今まで気付かなくて、ごめんだったお………」 
 
ξ;゚听)ξ「ちょ、ちょっと!!!!ギコなの!!!???」
 
 
 
お母さんもギコの鳴き声に気付いたようで、台所から走ってきたようです。
  

115 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:32:48.53 ID:hgYoUsgd0
 
これで最期………お母さんに気付かれてもいいだろう………。
 
昨日までギコの頭の中を支配していた無力感は充実感へと変わっていました。
 
これでお父さんは助かる………本当に恩返しができたんだ………。
 
 
 
ミ,,;Д;彡「ゴラァァァァァアア!!!!!!!!!!!!!!!!1111!!!!!!!!!
 
 
 
ギコは最期のお別れの意味も込めて、大きな声で鳴いて部屋を走って出ていきました。
 

116 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:32:55.19 ID:NgUjQYD20
テッシュが足りなくなっちまったじゃねーか、、、グス

117 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:34:03.61 ID:hgYoUsgd0
 
ギコは一生懸命は走りました。
 
雨上がりの空は、ギコの透き通った心のように限りなく青に近い色でした。
 
毎日、お父さんとお母さん一緒に歩いた山道を抜け畑へ………。
 
これで来るのが最期となる畑を名残惜しく思いながら、畑の先にある誰も入らない山へと入っていきました。
 
ギコの亡骸はお父さんとお母さんに見られたくいない………。
 
ギコはそう思いながら、誰も入ることない山の奥深くへと走りました。
 

118 :VIP村人XL:2006/12/03(日) 02:34:59.24 ID:ZoY3skW3O
猫って独りで死にたいらしいね

119 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:35:11.59 ID:hgYoUsgd0
 
ここまで来れば見つかることもないだろう………。
 
そう思った瞬間、強烈な眠気に襲われました。
 
大きな木の根元で無意識的に横になると、まぶたが重たくなってきました。
 
しっとりとした、少しだけ冷たい土がとても心地よく感じてしまいまい、よけいに眠たくなってきました。 
 
………あぁ………これで最期か………。
 
ギコはお父さんとお母さんとの思い出を思い出しながら、最期のときを待つことにしました。 
 

120 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:36:48.16 ID:hgYoUsgd0
 
ケガをした自分をお母さんが拾ってくれて、お父さんが傷を治してくれたこと………。
 
お父さんとお母さんと一緒に毎日、畑へ通ったこと………。
 
お父さんとお母さんと楽しい10年間を過ごしたこと………。
 
死んでも自分のことを忘れてくれなかったこと………。
 
畑の近くに立派なお墓を作ってくれたこと………。
 
生まれ変わってもなお、優しくしてくれた3年間………。 
 
どれもギコにとっては宝物でした。
 
 
 
今までの思い出が映し出されているまぶたの裏のスクリーンが、段々と白く薄くなってきました。
 
………これで………これで本当に最期か………。
 
ギコはお父さんとお母さんの、これからの幸せを願いながら、眠りにつきました。
 

121 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:37:32.91 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,゚Д゚彡「………ん?ここは………ゴラァ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………本当に死んでしまったようだな………ゴラァ………」 
 
 
 
気が付くと、そこにはどこまでも続く草原と、限りなく青に近い澄み切った空が広がってしました。
 
ギコは本当に死んでしまったことを実感したようです。 
 
 
 
「ギコや………ギコや………」
 
 
 
後ろの方から声が聞こえてきました。 
 

122 :VIP神:2006/12/03(日) 02:38:54.73 ID:vs0/aAeu0
おお ギコ よ しんでしまうとは なさけない

123 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:39:06.57 ID:hgYoUsgd0
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
( ;∀;)「こっちへおいでモナー」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」
 
 
 
大きな背の高い木の下に、白い布の服、真っ白でとても長い髭と髪で、立派な樫の杖を持った特徴的な喋り方の………あの神様が立っていました。
 
ギコはその神様の下へ歩いていきました。
 
 
 
( ;∀;)「うぅ………感動したモナよ………泣いたのなんて何100年ぶりモナよ………グスッ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「約束は………約束はちゃんと守ってくれたんだろうな?ゴラァ………」 
 
( ;∀;)「うんうん………君のお父さんはちゃんと元気になったモナよ………グスッ………」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」 
 

124 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:39:57.10 ID:hgYoUsgd0
 
( ぅ∀`)「今日は何て素晴らしい日なんだモナー。心が晴れ晴れしているモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」 
 
( ぅ∀`)「よし、ワシを感動させてくれたお礼として、またご褒美を上げるモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「………」 
 
( ´∀`)「安心するモナよ。今回は何の条件も付けないモナよ。さぁ、何でも叶えてやるモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「俺は………」 
 
( ´∀`)「うんうん」
 
ミ,,゚Д゚彡「俺は………俺はまた、お父さんとお母さんの子どもになりたいゴラァ!!!!!!」
 

125 :VIP皇帝:2006/12/03(日) 02:41:26.51 ID:NgUjQYD20
ん、んもうっ!神様ったらっ!

126 :VIP村人t:2006/12/03(日) 02:41:32.57 ID:Gj+GMFhhO
近年まれにみる良スレ

127 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:41:54.20 ID:hgYoUsgd0
 
( ´∀`)「お安い御用だモナよ。それではさっそく、お父さんとお母さんの子どもになるモナよ」
 
ミ,,゚Д゚彡「ッッッッ!!!!????」
 
 
 
神様は持っていてた杖を振りかざすと、白くて眩しい光がギコを包み込みました。
 
 
 
( ´∀`)「これだけ強くなったんだモナ………きっと、あの2人を守れるような強い子どもになれるモナよ………今度こそ………今度こそ幸せになるモナよ………」
 
 
 
その10ヵ月後………桜が例年以上に咲き誇った春………お父さんとお母さんの間に、それはそれは可愛い子どもが生まれました。
 

128 :VIP神:2006/12/03(日) 02:42:21.98 ID:vs0/aAeu0
なにもかも あんたの すじがきだったわけだ

129 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:42:25.92 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
                   おしまい
 
 
 

130 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:42:56.85 ID:NgUjQYD20
・・・・・・・・・ッ!(´;ω;`)

131 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:43:25.13 ID:hgYoUsgd0
 
今回は規制もなんも無しですんなり書けたおwwwwwwっうぇうぇwwww
ありがとうwwwwフォッ糞wwwwwwwwwっうぇうぇうぇwwっうぇ
 

132 :VIP村人o:2006/12/03(日) 02:43:30.25 ID:swKRyVOz0
乙!!

これはオモスレー

そして>>128にwwwwwwwwwwww

133 :散髪とめきち:2006/12/03(日) 02:44:03.03 ID:6wWecLhn0
乙!!

……涙で前が見えない

134 :VIP神:2006/12/03(日) 02:44:11.67 ID:vs0/aAeu0
あー……普通のいい話でした



135 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:44:20.20 ID:NgUjQYD20
>>1本当ありがd!ガチで泣けた!起きててよかったー

136 :VIP村人XL:2006/12/03(日) 02:44:21.15 ID:PSp8Ut6bO
作者 あいしてる
涙かあったかくて嬉しいです

137 :VIP足軽orz:2006/12/03(日) 02:44:44.50 ID:aFE601HF0
もう超おつかれ!
やる事あるのにずっと読んでたよ!

138 :門番の娘:2006/12/03(日) 02:45:39.24 ID:KDJRq+G4O
作者乙!!





。・゚・(ノ∀`)・゚・。

139 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:46:09.30 ID:hgYoUsgd0
 
うはwwwwwwwご清聴wwwwありがとwwwwwうございwwwwwwましたwwwww
 
 
俺wwwwww今wwwwww思ったwwっうぇうぇうぇwwwwwwww 
これを動物苦手板に貼ったらwwwwwwwwどうなるだろうwwwwwwwwwwwwwwww
うはwwwwwwwwww全www面www戦www争wwwwwwwっうぇええええwwwww
お前らwwwwww決してwwwwwwwカチコミすんじゃねーぞwwwwwwwwwwwwww
 

140 :VIP村人u:2006/12/03(日) 02:46:38.45 ID:pksQoVEJ0
こういう適度な長さでヌクモリティをくれるのが一番良いな、久々に素直に乙を言える

141 :籠屋の銀二:2006/12/03(日) 02:47:08.85 ID:n+fOiEze0
>>139
テンション高いなw

142 :荒巻スカルチノフ:2006/12/03(日) 02:48:06.75 ID:mQbkXbZqP
感動したぽ

143 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 02:49:03.46 ID:NgUjQYD20
>>141禿同www
俺まだ泣きやんでないからテンションついていけねぇwwwww


144 :VIP村人s:2006/12/03(日) 02:49:13.82 ID:4/o0yptrO

     _,,_
  w (・ω・ )
  (~)、/  i )
  \ ` |_/ /|
   `ー(_ノ |
    ( `( 、ノ
wwwww_ノ`Lノ



145 :駅前食堂のメグ:2006/12/03(日) 02:51:11.12 ID:H08To08bO
よかった
気持ち良く寝れるよw

乙〜

146 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 02:56:12.63 ID:hgYoUsgd0
いまチラシの裏書いてます。
需要があるなら読んでおくれ。

147 :VIP皇帝:2006/12/03(日) 02:59:25.68 ID:rPXPo1E20
>>139 作中とのテンションの違いに吹いたwwwwwww

148 :高校の女教師:2006/12/03(日) 03:08:09.73 ID:fX1v4+ATO
>>1天才

149 :高校の女教師:2006/12/03(日) 03:11:01.09 ID:fX1v4+ATO
このスレはイミフに載る

150 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:11:18.52 ID:hgYoUsgd0
 
チラシの裏だから、読みたくない人はヌルーしてちょ。
 
 
この物語を書いた経緯だお。
4年前まで猫を飼ってました。
三毛のメスです。
人間で言うなら年取ってて、ピザでした。
腐女じゃなしに貴腐人だったな。
妹が近所にいたのを拾ったんだけど、後ろの左足が折れてたんだ。
人が言うにはもう治らないレベルってもんじゃねーぞって言われた。
まー、かわいかったよ。
顔立ちがいいのよ。
モデルの香里奈みたいだったな。
拾ってきたのが俺が中学のときくらいで、まだ若かったの。
ピチピチだったの。
俺、惚れたね、うん惚れた。

151 :VIP勇者:2006/12/03(日) 03:13:24.97 ID:L6cWp752O
今読み終わった、暖かい涙が止まらない…(´;ω;`)
しかし中の人のテンションが話と全然違うわけだがwwwwww

152 :はぐれVIPPER:2006/12/03(日) 03:14:37.68 ID:rdp0HxYGO
>>1
おまえのせいでここ何年か泣いたことなんてなかったのに涙がブワンブワン出てくるじゃねーか!!(´;ω;`)
乙!!

153 :VIP村人x:2006/12/03(日) 03:20:02.37 ID:TTbftdLYO
これは絶対落としてはならない

154 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:24:48.93 ID:hgYoUsgd0
チラシの裏の続きだお
 
日が経つにつれて、すんごい馴れてきて、この物語のように、俺の腹の上にのってくんのよ。
ピザがピザの上に乗っちゃったら地球温暖化に拍車かけるっていうのに、それでも毎日乗ってきたのよ。
んで引越しやら何やらあったんだけど、連れてきて。
妹もお袋も親父も俺も、その猫が大好きだったね。
んで、確か高校3年の夏だったかな?その猫の様子がおかしくなったのね。
小便はちかくなるし、部屋のいたるところでおもらししちゃうし、勝手に人ん家の庭に入り込んで池の水飲んじゃうし。
レディーだからそんなことすんじゃねーよって怒ったって止めなかった。
んで、お袋と妹が病院に連れて行ったんだよ。
そしたら猫エイズだってさ。
残り少ないんだってさ。
まー泣いたよ。泣いた。
海面が10cm上がるくらい泣いたわ。
んで、残りの日数、かみ締めるように過ごしたよ。
まー楽しかったね。 

155 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:26:23.82 ID:hgYoUsgd0
チラシの裏の続きだぽ
 
そんな楽しい日々に限って、時間てもんは早く過ぎるんだね。
何でだろうね?
3月の上旬あたりだったかな?
もう寝たきりだったんだよ。
肉球を触ってやると、かろうじてリアクションしてくれるような感じで。
春休みになって、春から行く大学も決まって、時間に余裕があったから、バンド練習してたんだよ、その日。
バンド練習も終わって、メンバーの一人と本屋で立ち読みしてたんだよ。
そしたらお袋から電話が来て「ナナが!!ナナが!!!(←猫の名前ね)」って。
俺、慌てて家に帰ったね。
そしたら、お袋がナナを抱いてるんだよ。
必死に名前呼んでもリアクションなしでさ。
ずっと名前呼んで、俺も肉球もって名前読呼んだんだよ、ずっと夜まで。
そしたらさ、しばらくして、お袋に抱かれながら、ナナの力が抜けていったのがわかったんだよ。
あぁ、死んでしまったんだなって。
お前、俺がこれから地元から離れた大学行って寂しい一人暮らしすんのに、これだとよけい寂しくなんじゃねーかって。
まー泣いたよ。
バイトから帰ってきた妹も、俺もみんな泣いたな。
だって家族の一員が死んじゃったんだもん。

156 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:27:12.03 ID:hgYoUsgd0
チラシの裏の続きだお
 
んで、時は過ぎて夏休み。
実家に帰って着たんだよ。
その間、ずっとナナのこと思い出してたよ。
んで、夏休みに入ってしばらくしてのことだったかな、茶色のフサフサした猫が家の前にいたの。
ちょうど、この物語でいうフサギコだな。
俺はナナにぞっこんだから、お前なんかに惚れるわけねーよって思いながらツンツンしてヌルーしてたんだ。
それでもずっと家の前、そしてずうずうしくも中にまで入ってきやがったの。
そしたらお袋がね、餌やり始めたの。
ガツガツ食ってたなぁ、腹減ってたんだなぁ、野良だからかなぁって。
その日からずっと実家にいんのよ、今日もいんじゃねーかな?
飼ってるわけじゃないけど、勝手に家に入り込むみたいな感じ。

157 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:29:02.50 ID:hgYoUsgd0
チラシの裏の続きだお
 
で、その猫、鳴かないのよ、全然。
今日まで鳴いたとこ見たことない。
触ろうとすると威嚇してくるし、酷いときにはかしゃいでくるのよ。
ナナとは違い、ツンツンした子でしたね。

んで、ある日、妹が言ったんだよ、この子ナナじゃね?って。
妹が言うには、ナナは天国の神様に会って、私を生き返してくれって言ったんだろうって。
んで、神様は条件として、俺たちと馴れ合いをしない、鳴かない、兄者の腹の上に乗ってはいけないって。
その条件破ったら死ぬみたいな。
んで、ナナはそれにサインして、この茶色いフサフサした猫みたいになったんだって。
本当はこの猫は私たちと馴れ合いとかしたいんだけど、ずっとそばにいたいからツンツンしてんだよって。
なるほどなって思いましたね。
 

158 :VIP勇者:2006/12/03(日) 03:29:30.10 ID:L6cWp752O
チラ裏で止まった涙が激しく復活…( ;ω;)

159 :VIP村人x:2006/12/03(日) 03:30:32.25 ID:TTbftdLYO
涙が止まらない

160 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:31:16.78 ID:hgYoUsgd0
チラシの裏の最後
 
んで、俺は今もこの茶色いフサフサした猫はナナの生まれ変わりなのかなーって思うようになってきた。
俺が死にそうになったとき、この茶色いフサフサ猫はフサギコみたいに、俺の腹の上に乗ってナナみたいに鳴くのかなーって、ニヤニヤしながら、この物語を書いてますた。
ま、その猫オスだけどねwwwwwwっうぇっうぇwwwwwwww
 
 
 
最後に、俺にアイディアをくれた妹と、天国のナナに感謝するお。
 
 
 
あと、このチラシの裏は急いで書いたもんだから、誤字脱字があるだろうけど、気にしないでね。
あくまでチラシの裏だから。
 
 
チラシの裏終わり。
 

161 :VIP村人t:2006/12/03(日) 03:32:51.99 ID:lPXuoXMj0
(´;ω;`)

162 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:33:10.27 ID:hgYoUsgd0
 
あーくそ
俺も思い出して泣きそうになったじゃねーかwwwwwっうぇうぇうぇうぇwwwwwww
くそがwwwwwwwっうぇうぇうぇうぇwwwwwwwwっうぇうぇwwwwwwwwwww
 
外行ってくるノシ
 

163 :VIP村人v:2006/12/03(日) 03:33:58.56 ID:pksQoVEJ0
なんだよこのチラ裏、泣けるじゃねーか










釣りだと言ってよバーニィ

164 :VIP勇者:2006/12/03(日) 03:34:10.13 ID:L6cWp752O
>>160
その猫を大切にしてあげてね(´;∀;`)

明日はいつも以上にうちの猫かまってあげようと思った(`;ω;´)

165 :VIP村人t:2006/12/03(日) 03:34:15.33 ID:lPXuoXMj0
(´;ω;`)ノシいってら

166 :VIP足軽y:2006/12/03(日) 03:34:34.62 ID:Gty4imFmO
>>1ってまさか短パ?w

167 :VIP足軽wwwww:2006/12/03(日) 03:45:19.78 ID:1b2ubD5jO
犬派の俺もガチで泣いた

168 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:51:49.24 ID:hgYoUsgd0
 
2枚目のチラシの裏
 
最近、夢に出てきたんだよ、ナナが。
俺の腹の上に乗ってんだよ。
お前、夢の世界でも俺の腹が好きなんかと。
小1時間問い詰めたかったけど、すぐに覚めてさ。
そしたら、ガバッって起きたの、俺。
朝が弱いから『うぅ〜ん』とか言いながら起きるのに、ガバッって。
その時点でキモいんだけど、無意識的に『ナナ………俺、頑張ってるよ』って呟いて。
キメェェェェェェェエエエエエエエwwwwwwwwwww俺キメェェェェエエエエエエエってwwwwwwwwっうぇうぇwwwww
それで書いたの。
 
最後まで読んでくれた人ありがとうね。
風邪ひくなよ。
それじゃ、僕ぁ研究に戻ります。
ノシ
 
2枚目のチラシの裏終わり
 

169 :VIP絶望先生:2006/12/03(日) 03:51:59.14 ID:seSdSOK10
涙が……
こんな良スレまぢ久しぶり


170 :VIP村人t:2006/12/03(日) 03:53:03.63 ID:lPXuoXMj0
良スレだ・・・・・・

171 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 03:58:45.50 ID:hgYoUsgd0
 
これ以上、馴れ合いしたら批判の的になるんで、これで最後。
 
おまいら、自分より弱い動物とか大切にしろよ。
 
 
 
 
あと、レス数に換算して1000位の小説って需要あるかな?
長すぎるかな?
朝まで実験やるから、それまでに需要があるってわかったら年内に完結させて投下するお。
 
 
 
それじゃお休み、ファッキンアスホールども!!! ノシ
 


172 :VIP村人w:2006/12/03(日) 04:03:34.91 ID:pksQoVEJ0
昨今の( ^ω^)小説と同じに並べて見たくないような良作だ
>>1のおかげで俺も明日はいつも以上に愛情を注いでやろうと思った、オナホに(´;ω;`)

173 :VIP足軽s:2006/12/03(日) 04:04:21.09 ID:xJKdusDQ0
1000位の小説…読んでみたいなぁ…

174 :VIP村人xxx:2006/12/03(日) 04:25:56.82 ID:jZDnTtIpO
。・゚・(ノД`)・゚・。

175 :VIP村人c:2006/12/03(日) 04:35:34.74 ID:iv9IwohB0
( ;ω;)泣いた。
チラシ裏でも感動させてくるとはやるじゃないか。
是非1000位の小説のほうも頼む。
ちょっくら怪我してるぬこ探しにいってくる。
ノシ

176 :VIP毒蛇:2006/12/03(日) 04:59:12.80 ID:vs0/aAeu0
ホントにVIPなのかこれは……

177 :VIP勇者:2006/12/03(日) 05:02:38.39 ID:rPXPo1E20
涙は流れない体質なんだがこころがぽっかりとあたたまった

178 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 05:45:07.91 ID:hgYoUsgd0
 
今、実験オワタ。
 
おk、把握した。
 
年内に書き上げて投下でいきるように努力するお。
 
誰もいないと思うけど、おやすみだお。  ノシ 
 

179 :VIP足軽t:2006/12/03(日) 06:04:42.80 ID:qjjx+GWL0
おやすみーなかなかいい話だったよ

ありがちだけど・・・

180 :VIP足軽a:2006/12/03(日) 07:40:51.59 ID:iHPkGKhv0
(´;ω;`)ウッ…


181 :VIP村人Ecup:2006/12/03(日) 07:56:46.45 ID:iubOCmDBO

>>1
http://c-au.2ch.net/test/-/news4vip/1165092575/

アンタ何やってんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



182 :VIP村人XL:2006/12/03(日) 07:57:58.71 ID:KpSOZdToO
遅ればせながら(´;ω;`)ウッ

183 :VIP村人a:2006/12/03(日) 08:07:07.67 ID:hdBp4civO
泣いた(´・ω・`)
この人が書いてる小説、他にあったらうpキボン

184 :VIP村人xxx:2006/12/03(日) 08:14:19.64 ID:iubOCmDBO
>>183
http://c-au.2ch.net/test/-/news4vip/1165092575/
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-2114.html
http://vip.main.jp/end/t-top.html

185 :VIP賢者:2006/12/03(日) 08:19:39.32 ID:WgGZEK770
今読み終わった
あれ、おかしいな俺猫嫌いなのに目から変な汁が…

186 :VIP賢者:2006/12/03(日) 08:28:45.79 ID:hdBp4civO
>>184
thx!
この人かぁ!
クオリティ高いなwww

187 :VIP村人P:2006/12/03(日) 09:20:39.03 ID:9O9oFcVLO
雪を…もよかったし、次の作品に期待!!

188 :宿屋の女中:2006/12/03(日) 10:38:22.22 ID:un1ZpD8Z0
(´;ω;`)

189 :VIP足軽c:2006/12/03(日) 11:00:26.28 ID:cpnnrlbL0
バカ野郎・・・昼から出かけるってのに、こんな泣き腫らした眼になったら出かけにくいじゃねえか!!!!!!!!!!

>>1乙、ありがとう。家でかってるペット、絶対大事にするお。本当に、このSSを書いてくれて、ありがとう

190 :VIP神:2006/12/03(日) 12:14:08.66 ID:YEvpRIxjO
>>1
(´;ω;`)乙

191 :える ◆ELL/////XQ :2006/12/03(日) 12:15:27.47 ID:Lwc7vMFzO
…(/////)

192 :える ◆ELL/////XQ :2006/12/03(日) 12:28:41.52 ID:Lwc7vMFzO
涙が…止まらない…(/////)

193 :VIP悪魔:2006/12/03(日) 12:42:31.07 ID:Y//4b/G4O
今年一番の温かさでした。

194 :VIP村人f:2006/12/03(日) 12:57:04.35 ID:mPcbPqMPO
泣いた

195 :VIP盗賊:2006/12/03(日) 13:11:00.47 ID:iubOCmDBO
これ絵本にしたらおもしろそうだな

196 :VIP足軽c:2006/12/03(日) 13:12:28.79 ID:oG6fD0ga0
http://booooonovel.web.fc2.com/index.htm

まとめさせていただきました(;A;)

197 :暴れん坊VIPPER:2006/12/03(日) 13:43:19.63 ID:mhq+Y6fyO
マジ泣いた
すぐに汗が頬を伝ったよ
マジGJ!!

198 :VIP番長:2006/12/03(日) 14:06:56.76 ID:knzD8HpHO
久しぶりに泣いた…

こういう動物系の話に弱いな、俺w
>>1

199 :VIP神父:2006/12/03(日) 14:09:45.92 ID:Yzwyp9QCO
・・・(*´ω`)ぼのぼの

200 :散髪とめきち:2006/12/03(日) 14:40:36.94 ID:fSBhdnV5O
( ;ω;)目がしみたお

201 :VIP将軍:2006/12/03(日) 14:53:50.10 ID:VNxc4APc0
全俺が涙した

202 :だんご屋のはる:2006/12/03(日) 15:15:31.65 ID:dB5lpPGQ0
(´;ω;`)あううあああうあうあああああああ

203 :VIP村人e:2006/12/03(日) 15:18:38.19 ID:omUse6iF0
追いついた
これはぬこ飼ってる人にはたまらないな・・・・

スレチだがぬこ関連ということで(みんなのうたより)
http://www.youtube.com/watch?v=k2xpppzziNc

204 :VIP村人a:2006/12/03(日) 15:40:37.62 ID:fPuRsx/jO
なきました
>>1さん、ありがとうございます
暖かい気持ちでいっぱいです…゜。゜(⊃Д`)゜。゜うわぁああん
愛してます

205 :牛のふん:2006/12/03(日) 15:56:34.99 ID:A1CCKGdH0
これはいいなぁ・・・

206 :VIP盗賊:2006/12/03(日) 16:06:39.41 ID:WdBcfuORO
とても感動しました。
こんなに愛されたナナちゃんは幸せですね。

207 :VIP村人b:2006/12/03(日) 16:16:52.83 ID:fPuRsx/jO
疲れたお、よんできた
はひ……


208 :暴れん坊VIPPER:2006/12/03(日) 16:40:08.92 ID:hh+kB8VkO


209 :暴れん坊VIPPER:2006/12/03(日) 16:55:50.25 ID:/KlCMUZ/O
疲れたおの人だったのか…ガチで泣いたお( ;ω;)

210 :一生足軽:2006/12/03(日) 16:59:28.87 ID:O/MVAfYo0
どれでも好きな女子を選びな
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up0002.htm

211 :VIP下手人:2006/12/03(日) 17:00:23.53 ID:hh+kB8VkO


212 :VIP足軽ktkr:2006/12/03(日) 17:06:03.98 ID:xnTwMyqr0
雪のほうも久しぶりに読んだら涙腺が(´;ω;`)

213 :VIP村人c:2006/12/03(日) 17:09:00.62 ID:fPuRsx/jO
雪?

214 :VIP下手人:2006/12/03(日) 17:15:08.98 ID:RnJLVaQ4O
雪はガチ

215 :VIP悪魔:2006/12/03(日) 17:18:18.60 ID:ARfIdxrCO
泣いた…(´;ω;`)

自分ちのぬこ大事にしよう。
ありがとう、そして乙>>1
次を楽しみにしてるよ

216 :VIP村人c:2006/12/03(日) 17:18:50.23 ID:fPuRsx/jO
よんだことない…


217 :VIP足軽ktkr:2006/12/03(日) 17:22:44.64 ID:xnTwMyqr0
疲れたお
ブーンが雪を降らせるようです

の2つはこの作者

218 :VIP毒蛇:2006/12/03(日) 17:35:28.69 ID:iubOCmDBO
疲れたおの続編まだー?

219 :VIP毒蛇:2006/12/03(日) 17:55:41.98 ID:iubOCmDBO


220 :VIP村人l:2006/12/03(日) 17:57:33.72 ID:V0gEce0nO
今四打
1ホントに乙
感動しました。・゚・(ノД`)・゚・。


221 :VIP悪魔:2006/12/03(日) 17:59:12.78 ID:I6EOa69RO
ないたあああ!!
>>1 素晴らしい話をサンクス

222 :VIP毒蛇:2006/12/03(日) 18:03:31.20 ID:I6EOa69RO
>>1 PSねこもいぬも動物全般は大切にするわ

223 :VIP女神:2006/12/03(日) 18:17:28.17 ID:iubOCmDBO
ほす

224 :VIP遊び人:2006/12/03(日) 18:23:47.65 ID:B0k6PeMhO
ツン高齢出産乙wwwwww

225 :VIP足軽になりたい:2006/12/03(日) 18:40:10.75 ID:fp+RNeJL0
目から汗が止まらんぜよ!!

226 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 18:56:47.45 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
          な ぜ ま だ 残 っ て い る
 
 
  

227 :VIP足軽x:2006/12/03(日) 18:58:41.95 ID:woWM1KZN0
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

228 :VIP足軽になりたい:2006/12/03(日) 19:00:20.72 ID:vSu9tz590
>>226



お 前 待 ち だ 阿 呆

229 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:02:02.38 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
      ち ょ っ と 待 っ て ろ 犬 好 き ど も
 
 
 

230 :VIP足軽y:2006/12/03(日) 19:03:39.69 ID:woWM1KZN0

          ,.-''" ̄ ̄" ̄`ヽ,
       /゙ ノ --    --ヾヽ
      /   /  ●    ● | i   wktk
      `ヽ,,_(  ´ ( _▼_ )` ノノ
      ,.-''' 、/    ,,川 |   ''-.,
     ( ,i''゙(   __/ )|川( \ ゙'' i,)
     .| ゙-..;;_''  ''''',, '',,,._ ,,,..-'゙.|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄     .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙


231 :VIP皇帝:2006/12/03(日) 19:10:13.50 ID:QFXIx5et0
鍋にすんなwwwwwwwww

232 :VIP村人h:2006/12/03(日) 19:23:55.23 ID:Ok+pWMo9O
スレ主にまてと言われたら死んでもdat落ちなど許さない

それがVipクオリティー

保守

233 :VIP番長:2006/12/03(日) 19:26:49.51 ID:X7wErkSGO
つかれたお…と同じ人かいい話だ(;ω;)


234 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:29:35.67 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
おkwwっうぇwwwwww売名行為とか宣伝みたいになって、他の作者さんとかから怒られるかもしれないけど、予告版みたいなのを投下するおwwwwwwwっうぇうぇえっうぇうぇうぇうぇうぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 
 
 

235 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:30:55.83 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
この放送は明るいニートを作る
ニュー速VIPの提供でお送りします
 
 
 
 

236 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:31:37.08 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
 
なぜ人は戦い続けるのだろうか
 
 
 
 
 

237 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:32:22.64 ID:hgYoUsgd0
 
自分を試すため?
 
 
 
(,,゚Д゚)そういえばさー、何でお前ら軍に入ろうって思ったの?
 
ミ,,゚Д゚彡 俺はっすねー、親父や兄貴たちに負けないくらい強い兵隊になるんだ!!
      って子どもの頃から夢見てて入隊したんすよwwwwww
 
 

238 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:33:02.51 ID:hgYoUsgd0
 
憎しみのため?
 
 
 
(´<_`)やっと母者の仇がとれるな………兄者………
 
(´_ゝ`)あぁ………さぁ、行こうか、弟者よ………
 
 

239 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:33:46.10 ID:hgYoUsgd0
 
祖国を守るため?
 
 
 
(*゚∀゚)アンタ………なんで、わざわざ陸軍なんかに志願したのさ………
 
(´・ω・`)理由は色々あるんですが………僕たちの町を他の人たちに壊されたくないというか………
       それが本心なんですけどね 
 
 

240 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:34:42.35 ID:hgYoUsgd0
 
愛する人を守るため?
 
 
 
ξ;;)ξ どうして………どうして………グスッ………うぅ……… 
 
( ´ω`)………僕らの………僕らのためだお……… 
 
 

241 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:35:26.95 ID:hgYoUsgd0
 
それとも………?
 
 
 
(;´・ω・)9時方向、敵数10!!………距離200!!
 
((;゚ω゚)弾が………弾がもうないお!!!!!!!111!
 
(;゚Д゚)RPG!!!!RPG!!!!!!!全員しゃがめぇぇぇぇぇぇえ!!!!!!11111!!!
 
(;'A`)クッソォォォォォォオオオオオオオオ!!!!!!!11!!
 
 

242 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:36:05.44 ID:hgYoUsgd0
 
 
使用AA数、35種類 
 
 
制作期間、1年
 
 
レス数、1000(予定) 
 
 
その間、面接に落ちた企業数、10社
 
 

243 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:36:46.78 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
 
人々も今日も自らの信念の下に、戦い続ける………
 
 
 
 
 

244 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:37:22.08 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
 
人々は今日も自らの信念の下に、戦い続ける
 
 
 
 
 

245 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:37:59.32 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
 
( ^ω^)来年の今頃は、みんなそろって笑顔だおwwwwww
 
 
 
 
 

246 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:38:29.66 ID:hgYoUsgd0
 
ザザァァァァァン……… ザァァァァ………  
  
タタタ………タタタ………
 
 

いつの間にか仰向けになっていた………
 
波の音と銃声の音………
 
まだ把握…しきれてない…なんだか…お腹の辺りが妙に…熱いなぁ………
 
あぁ………撃たれたんだ………そうか………撃たれたんだっけ………
 
海風が………気持ちいいなぁ………町と………全然………変わらないや………
 
今日も………太陽が………憎たらしい………ほどに………輝いてる………
  
視………界が………だん………だん………狭く………な………って………
 
ごめ………ん………みんな………約束………守れ………そうに………ない………
 
  
 
おい!!しっかりしろ!!!おい!!!大丈夫か!!!!????
 
しっかりしろ!!!!起きろ!!!!起きろ!!!!!!!!!!!!!
 

247 :門番の娘:2006/12/03(日) 19:39:07.02 ID:knzD8HpHO
支援

248 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:39:08.63 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
年内投下!!!………の予定 
 
 
       ( ´ω`)約束………守れなかったお………(仮)
 
 
 

249 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:39:43.71 ID:hgYoUsgd0
 
 
 
 
 
この放送は明るいニートを作る
ニュー速VIPの提供でお送りしました 
 
 
 
 
 

250 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:41:03.64 ID:hgYoUsgd0
 
 
急いで書いたから>>243の誤字は気にするな。
 
叩かれてもかまわないぜwwwwwwwwフヒハハハハハwwwwwwっうぇうぇwwww
 
 

251 :VIP毒蛇:2006/12/03(日) 19:43:24.14 ID:QF4IMa25O
wktk

252 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/03(日) 19:45:04.74 ID:hgYoUsgd0
 
 
それじゃ、名無しに戻るおwwwwっうぇうぇwwwwww
 
最後まで保守とかしてくれた人、本当にありがとうだおwっうぇうぇwwwww
 
また、俺の次回作の文章オナニー読んでくれおwwwwwwwwwwwww
 
それじゃ、バイバイキ――――――――ンwwwwwwwwwっうぇうぇうぇwwwwwww
 
 

253 :VIP賢者:2006/12/03(日) 19:46:30.91 ID:b+faEXdU0
ちょっとまてwwwwwwwww

落ちた会社10社とかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

254 :VIP足軽c:2006/12/03(日) 19:47:30.18 ID:L7TeTyWf0
>その間、面接に落ちた企業数、10社
にワロタw

255 :VIP足軽q:2006/12/03(日) 20:00:19.24 ID:mQbkXbZqP
悪いことは言わん。素直に就活しとけ。
新卒過ぎると途端にやばくなるぞorz

256 :VIP侍:2006/12/03(日) 20:04:17.01 ID:9O9oFcVLO
それって作者の話だったのか…。なんのことだかわかんなかった

257 :愛のセーラー戦士:2006/12/03(日) 20:14:56.39 ID:0ZCpBs+X0
(´・ω・`)「さすがにRPGじゃ腹パンパンになるよ」

258 :VIP足軽の子:2006/12/03(日) 20:55:43.52 ID:fW5cyxF00
いい話で泣いたよーー。

259 :VIP皇帝:2006/12/03(日) 21:34:39.46 ID:I6EOa69RO
>>250 たたかないおwwww
もうおまい物書きになっちまえよwwww

260 :VIP村人l:2006/12/03(日) 22:35:57.03 ID:omUse6iF0
ほすー

261 :油売りの左暮:2006/12/03(日) 22:58:57.03 ID:9uVM3ukT0
死ぬモナー( ´∀`)

262 :VIP村人t:2006/12/03(日) 23:12:47.73 ID:BScWEHUQ0
泣いちまったぜ・・・作者乙!!
次回作wktkして待ってるぜ

263 :VIP将軍:2006/12/03(日) 23:56:37.20 ID:Yzwyp9QCO
ほす

264 :VIP村人w:2006/12/04(月) 00:40:24.46 ID:zasuYKNMO
圃鬆

265 :VIP足軽orz:2006/12/04(月) 00:49:11.73 ID:6mPCTEnF0
ほちゅ?

266 :VIP村人v:2006/12/04(月) 01:19:25.18 ID:QLJljjeUO
最初から最後まで泣きっぱだった…。確かに展開は予想通りだったけど、そんなことより作者の言葉回しの柔らかさに泣いた。心が暖まったよ。ありがとう
この作品大好きです。もう一回読ませていただきます。

267 :愛のVIP戦士:2006/12/04(月) 01:22:12.89 ID:hlriOvPn0
ほしゅ

268 :地獄への片道VIPだぜ:2006/12/04(月) 01:30:58.28 ID:daKHTI1XO
これは近年希に見る良スレぇぇぇぇぇ!!!(´;ω;`)いちおつ〜

次回作楽しみに待ってんぜ!! GJ!

269 :棒またぎ姫:2006/12/04(月) 01:55:15.91 ID:48F0GCyE0
このスレまだ残っていた事に驚き
次回作も期待です
支援保守

270 :VIP足軽の子:2006/12/04(月) 02:27:47.58 ID:0NQ3IcHnO
漫画化と絵本化マダー?

271 :VIP村人x:2006/12/04(月) 02:50:49.53 ID:lDKe+zIMO
FLASH化まだー?
絵師さんとかFLASH職人さんまだー?

272 :駅前食堂のメグ:2006/12/04(月) 03:46:35.35 ID:cIesX9ZVO
すばらしい

273 :悲しい一人暮らし:2006/12/04(月) 05:00:33.49 ID:Z/ikS6WzO
(´;ω;`)

274 :散髪とめきち:2006/12/04(月) 07:02:34.16 ID:VVy5oQDhO
絵本とかにありがちな内容かもしれないけれど、読み終えてから、最近寒くなりまくっていた心が少し暖かくなりました。
ありがとう。

275 :VIP足軽p:2006/12/04(月) 07:12:30.13 ID:NnIonNtY0
まとめで読んできてみたが
まさかまだあるとは

作者乙
言えて良かった

276 :VIP足軽MS:2006/12/04(月) 07:39:34.31 ID:S0U7v6E50
ほす

277 :しゃるる ◆bzWeS1m.2A :2006/12/04(月) 08:02:17.22 ID:zJv7yELwO
うは…泣いたよ…もう今日寝ないよありがとう。゜(PД`q。)どっかに貼ったやつで悪いけど、投下

http://imepita.jp/20061204/248140

278 :VIP遊び人:2006/12/04(月) 09:15:39.63 ID:zasuYKNMO
圃主

279 :VIP魔法使い:2006/12/04(月) 10:02:48.90 ID:/CXUhdY4O
(´;ω;`)ほしゅ

280 :散髪とめきち:2006/12/04(月) 10:43:58.20 ID:0NQ3IcHnO
今読むと公共の場で突然泣く基地外になるから
保守だけする

281 :VIP足軽t:2006/12/04(月) 10:54:41.58 ID:tkeFPTka0
よかった
次回作期待ほしゅ

282 :VIP村人XL:2006/12/04(月) 11:22:21.97 ID:tpdrlLIk0
全力でほっしゅ

283 :VIP足軽s:2006/12/04(月) 11:51:50.42 ID:PAGaRKcn0
疲れたお・・・・読んだけど
何この壮絶鬱展開wwwwwwうぇうぇwww

284 :猿回しの勘三:2006/12/04(月) 12:16:28.66 ID:Pr12SjbuO
いま読み終わった(´;ω;`)
次回作楽しみにしとく(*´д`)ノシ

285 :VIP奴隷:2006/12/04(月) 13:02:59.38 ID:+ajAHX75O
読んでない人のためほしゅ

286 :VIP盗賊:2006/12/04(月) 13:43:52.19 ID:LmkSc4CXO
電車の中なのにちょっと泣いちまった…
>>1

287 :VIP神父:2006/12/04(月) 13:51:33.25 ID:5Yae1EZv0
世界中の人間がコレ読めば動物虐待なんて消え去るんじゃね??

288 :VIP奴隷:2006/12/04(月) 13:52:00.09 ID:lDKe+zIMO
総合の人達か職人さんがこれのイラスト描いて絵本にしてもらえないものか

289 :VIP毒蛇:2006/12/04(月) 14:27:13.61 ID:CUKV8kF6O
泣いてしまった。まさかvipで泣くとは
保守

290 :散髪とめきち:2006/12/04(月) 14:32:56.75 ID:PeFtfLRQO
俺の家の猫もエイズなんでなんかタブって見えて号泣した。
久々に泣いたよ。
携帯からでスマン

291 :VIP村人a:2006/12/04(月) 14:45:28.99 ID:Usl/2Xvp0
。・゚・(ノД`)・゚・。

292 :VIP番長:2006/12/04(月) 14:51:57.15 ID:d75TK/B9O
上げ皆みるお!

293 :VIP村人f:2006/12/04(月) 15:25:52.87 ID:S0U7v6E50
ほっしゅ

294 :猿回しの勘三:2006/12/04(月) 15:37:29.84 ID:/Rj5jPtgO
全米が泣いたお( ;ω;)
作者タソ乙!!

295 :武器屋のじじぃ:2006/12/04(月) 15:38:23.10 ID:oZQ7xnr40
まとめがあるんだから保守なんていらんがな(´・ω・`)

296 ::2006/12/04(月) 15:44:34.79 ID:MCV7jzzf0
記念真紀子

297 :北町奉行:2006/12/04(月) 16:54:05.40 ID:AH/aydzYO
うくおあああ雪(ryの作者の作品にまた再び会えるとは!!!!!

チキショー涙が…止まらん(ノд`。)゜。

298 :花魁:2006/12/04(月) 17:26:56.36 ID:Rzx2Yx7WO


299 :棒またぎ姫:2006/12/04(月) 18:04:44.58 ID:Rzx2Yx7WO


300 :棒またぎ姫:2006/12/04(月) 18:29:37.54 ID:Rzx2Yx7WO



300

301 :VIP足軽l:2006/12/04(月) 18:32:39.16 ID:Dz6fUtRa0
    o           。      o        。
        _ o _               ___    __
   __  |:::::::::::::::|  /\  __   /:::::::::::::::::\  .|:::::::::|
 ∠:::::::::::\ |:::::::::::::::|/:::::::::::\ |:::::::::|_|::::: o :::::::::::::|  |:::::::::|
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::|_|o ::::::::::::|._|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_|:::。 ::|
          : : : : : : : : : : : : :o : : : : : : : : : : : o: : : : : : : : :
              きっと君はこない  。        。
      。           一人だけのクリスマスイブ      。
     ⌒⌒⌒  。 _,,..,,,,_       ⌒⌒⌒
            ./ ,' 3  `ヽーっ
          ⌒l   ⊃ ⌒_つ ⌒⌒ 。       ⌒⌒⌒
 ⌒         `'ー---‐'''''"                    。


302 :VIP足軽j:2006/12/04(月) 18:35:10.99 ID:IzUcdttX0
http://www.youtube.com/watch?v=RejXivHvgqY&eurl=

303 :棒またぎ姫:2006/12/04(月) 18:41:19.32 ID:Rzx2Yx7WO
wktk

304 :棒またぎ姫:2006/12/04(月) 18:51:09.18 ID:Rzx2Yx7WO
あげ

305 :VIP村人g:2006/12/04(月) 19:03:58.18 ID:cFDdJvsb0


306 :VIP侍:2006/12/04(月) 19:23:31.34 ID:lDKe+zIMO
保守

307 :だんご屋のはる:2006/12/04(月) 19:45:52.28 ID:0NQ3IcHnO
ほす

308 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/04(月) 20:00:40.26 ID:eZxJ3J1X0
( ´ω`)疲れたお………てか、何でまだ残ってんのかお………

309 :VIP足軽neet:2006/12/04(月) 20:02:47.39 ID:Dz6fUtRa0
なんとなく

310 :VIP将軍:2006/12/04(月) 20:10:25.69 ID:+ajAHX75O
作者キタ――(゜∀゜)――!!!!

311 :VIP盗賊:2006/12/04(月) 20:20:37.41 ID:8Zf5T/L60
>>308
次回作どんなの?

312 : ◆Joy86y.LIU :2006/12/04(月) 20:26:42.04 ID:eZxJ3J1X0
 
( ´ω`)疲れたお………今日も徹夜だお………
 
>>311
戦争もん
 




313 :VIP盗賊:2006/12/04(月) 20:31:35.16 ID:8Zf5T/L60
>>312
そうか。楽しみにしてる。俺も戦争もんかいて投下してみる。同時に

314 :悲しい一人暮らし:2006/12/04(月) 21:07:31.81 ID:SzeyK70d0
>>312
はじめまして
こんばんわ
お話感動しました。

315 :VIP女神:2006/12/04(月) 21:44:24.53 ID:UeLgHcLTO
あれ…
目から汗が…

316 :VIP将軍:2006/12/04(月) 21:51:13.63 ID:KkH0WW2IO
後味が良い、何度でも読みたくなる小説だな

グレートだぜ、作者

317 :VIP乙女:2006/12/04(月) 21:55:25.94 ID:ff4uxUP/O
(´;ω;`)ウッ

318 :VIP村人j:2006/12/04(月) 21:56:26.00 ID:ZnMqAeQ60
(´・ω・`) やあ、暇なんだ。暇つぶしにスレを盛り上げて欲しい。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165085054/
↑このスレに↓このAAを貼り付けるのだ。是非協力をたのむ。

                  _
                 ,. .:,´:.:.:.:.:.`:丶.、
             _r:/. :, : . `、 . :、 : ヽ-、____
         , ‐'ニ-/. :,' : ハ:.:.:..:..丶:..:.ヽ:. Y´ ̄`ヾ丶、
        //´  ,'..:.:.!.:,:i 、\:.:.ヽゝ、:.',:.:.!    `、:.i
       {..:.;′  i.:.;.::レハ_,. - ヽハLj_ヽi:. |     j.:|
.        !:.:i   |:.:;.:.{ '´       ' j:. |     l:.j
         ヾ`、  ノ;ィ、:.、゙'⌒` , ´⌒"ィゝ!     ノ;ノ
          \  丶.j '''  r=、 ''' ,'_,ノ`  -‐'¨´
                \_ ` ‐'   ,イ  ほーらチンコだよ♪
        ,、、、‐ 、    j::i` ‐-‐'「.::|     , ‐,、、、
      ,、(、‐、 )、__) -rrく¨´′   ゝァーr- 、(__, (, ‐, )
      {,,、‐-、 )\\~''''''‐--`―'‐'' ,´/ ,、‐';ー(  , ヾ、ヽ
      {__,,、‐' | i ヽ`、`ー‐--,,、-=='-‐‐‐<_r''' |、`t' ノ|っヾ、
       `ー/ | `、 {''''・''~:::   ::  ・   ::|  ノヽ i_,',r'ミ. |
        /  i    人  ...ノ  丶.. ..ノ :i  i | i. | ヽヽ |
        /   ! / ,i            :i  i |iヽ|   /
       i    iノ ,' /           :i  ' | |ヽ|;  /
       i  ー''´ :,' /             i    ! | | |ヽ'
       i     / /       '        }   i | |\
       |    ./ i             i  ./  i i  ヽ
       |   /  i'     、 .∩ ::  ,   'i /  | :|   \
      /|  /  i      ヽ.| | ノ     |'   / i    \
     / ノ / i:  |      ○○       l  /  |ヽ    }
    / / /   i.  |      ::|  |::       | ノ   | ヽ   /

319 :壷ふりお京:2006/12/04(月) 22:38:25.53 ID:0NQ3IcHnO
ほす

320 :VIP村人o:2006/12/04(月) 23:02:17.56 ID:AH/aydzYO
ほしゅ

321 :門番の娘:2006/12/04(月) 23:41:11.66 ID:lDKe+zIMO
保守

322 :VIP魔法使い:2006/12/04(月) 23:47:38.73 ID:JgykOO2MO
ほす

323 :VIP村人t:2006/12/05(火) 00:26:11.42 ID:b9H7g8JuO


92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)