5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)が料理人になるようです

1 :凧(中華風):2006/12/28(木) 22:12:58.21 ID:OaQ369Bd0
代理

2 :猪(音速):2006/12/28(木) 22:13:17.09 ID:KtuxTWvU0
無理

3 :猪(子持ち):2006/12/28(木) 22:13:50.11 ID:YXQEUgJN0
wktk

4 :小豆汁:2006/12/28(木) 22:14:21.46 ID:ON7M7pFpO
wktkが止まらない

5 :角焼もち:2006/12/28(木) 22:14:45.85 ID:isBzwvs5O
料理

6 :猪(右利き):2006/12/28(木) 22:16:53.73 ID:T5DMejVm0
昨日総合に投下した第1章を再投下の後
3章まで投下したいと思います。



    第1章 青空

7 :料理:2006/12/28(木) 22:18:10.04 ID:T5DMejVm0
今日、ついに電気まで止まった。

( ;^ω^)『おっおっおっ・・・』

僕の名前は内藤ホライゾン。
就職活動の為にこのVIP市に越してきて早くも1年半が過ぎようとしていた。
僕だってこの約500日の間、何もしてこなかったわけじゃない。
ただ、冬は寒かったし。春は持病の花粉症に苦しめられた。夏は暑かったし、秋は・・・うん、色々やる事があったんだよ。
そんなこんなで思うような就職活動が出来なかった。
決して僕のせいじゃない。

でも実家に住む両親の考えは違っていた。
アルバイトでもいい。なにかしらの結果を出すまでの仕送り削減を宣言されてしまったのだ。
愛する息子が一人頑張っているのにそりゃないぜ、と思うだろ?
食費や気分転換の為の漫画、ゲームに費やすお金は削れない。
当然光熱費に回すお金は足りなくなる。
そして、ガスに続いてついに電気まで止められてしまったと言う訳だ。
まぁ、当たり前。コーラを飲んだらゲップが出るくらい当たり前のことなんだけどね。

今僕は湿気で潰れた布団に埋もれて携帯電話が鳴り出すのを待っている。
電話の向こうには両親がいてこう言うのだ。
『ホライゾン。苦しい思いをさせてすまなかったね。仕送り振り込んでおいたからね』・・・と。






しかし、僕の携帯電話が鳴り出す事はやっぱり無かった。
やれやれ。

8 :料理:2006/12/28(木) 22:19:22.38 ID:T5DMejVm0
 はっきり言ってしまえばガスが止まってもそれほど苦には感じなかった。
だがしかし、電気は困る。
夜になっても真っ暗だし、携帯電話の充電も出来ない。
これから暑くなるのに冷房もかけられない。ゲームも出来ない。
なによりも僕の心の支えであるブログ‐( ^ω^)が就職活動をするようです‐の更新が出来ないではないか。
モニターの向こうには僕と同じく【就職】というモンスターと戦う仲間がいる。
面接で断られたり、就職情報誌にろくな応募が無かったりしてメランコリーな時に励ましあった仲間たちだ。

『内藤君には内藤君だけの道があると思う』

『俺が社長だったら絶対内藤君を採用するぜ』

『自分を安売りするなよ』

そんな励ましを受ける度に僕は元気になった。

( ^ω^)『自分の可能性をどこまでも追求したいお。諦めたら負けだお』

可能性は誰にでも平等にある。
それを見逃さない為にもくだらない仕事に飛びつきたくない。
心の底からそう思っていた。




9 :料理:2006/12/28(木) 22:20:09.76 ID:T5DMejVm0
 思えば一人暮らしを始めた頃の僕は憧れの大都会VIP市に出てきた喜びで
ちょっと無駄に脂肪がついた胸をはちきれんばかりにしていた筈だった。

( ^ω^)『今はこんなボロアパートだけどいつかはあのVIPヒルズに住めるくらいに成功したいお』

心の底からそう思っていた。
自分の成功を信じて疑わなかった。
3ピースの高級スーツ。大人が5人寝れるようなベッド。よく分からないけど凄い外車。
それがデフォだった。

溜息を1つ。住み慣れた部屋を見渡す。
中学の体育で着ていたエンジ色のジャージ。菌類の培養に最適そうな万年床。チェーンが切れた自転車。
それが僕の現実だった。

( ;^ω^)『こんな筈じゃなかっただろ〜♪』

無意識のうちに昔から好きな歌のサビを口づさんでいた。
とっくに解散してしまったバンドだけど、僕は彼らから何度も元気をもらった。
・・・生活に困ってCDはとっくにBook onに売ってしまったけど。

( ^ω^)『僕がこんなに困ってるのにトーチャンもカーチャンもひどいお』

そう考えながらも不思議と両親を恨む気にはなれなかった。
心のどこかで自分の甘えに気付いていたのかもしれない。
・・・もしこの時両親が僕を突き放してくれていなかったら。考えるだけでぞっとする。

( ^ω^)『・・・やる事もないし寝るお』

全然眠くなかったけど僕に出来る現実逃避は寝る事だけだった。
潰れた布団からは汗と埃の臭いがしてなかなか寝れなかった。

10 :小豆汁:2006/12/28(木) 22:20:15.52 ID:ON7M7pFpO
支援

11 :料理:2006/12/28(木) 22:21:07.79 ID:T5DMejVm0
次の日。早い時間から目を覚ました僕が最初にしたのは部屋中を漁って全財産を計算する事だった。
3612円。
これが僕の全財産。

( ;^ω^)『マ、マジかお?』

ゲーセン行ってコンビニでご飯買ったら一日で使い切ってしまうじゃないか。
こうなれば日雇いのバイトでも何でもいいからやらないと生活どころか生きていく事すら難しい。
両親が送ってくれたお米はあったけど、水道もガスも電気も止まっている状態ではどうにもならない。

( ;^ω^)『・・・え〜と・・・とりあえず1週間これで生活するとして・・・』

1日約500円。ジュース代として100円使ったら、あとは1食につき130円しか使えない計算になる。

( ;^ω^)『おにぎり1個しか買えないお』

ヤバイ。これは本格的にヤバイ。ホラー映画の冒頭でセクロスしてるカップル並にヤバイ。

( ^ω^)『・・・背に腹は変えられないお。なんでもいいから仕事探すお』

仕事さえ見つかれば仕送りもまたしてもらえるだろう。
僕は自らを奮いたたせるように立ち上がり、約半年振りに部屋のカーテンを開けた。
まだ5月だというのに真夏のような太陽が見える。
ゴミだらけの部屋に日光が差し込む。舞い上がった埃に光が反射してきらきらと綺麗だった。

( ^ω^)『・・・外は暑いし仕事探しは明日からにするお』

こんな汚い部屋は自分の新しいスタートにふさわしくない。そんな事を考えながらのたのたと部屋を掃除した。
食事は買い置きのポテチやパンで済ませ、掃除を頑張った自分へのご褒美にコンビニでいちごミルクを買って飲んだ。
残金3507円。

12 :料理:2006/12/28(木) 22:23:00.46 ID:T5DMejVm0
 そしてまた次の日。
僕は空っぽでしわくちゃに潰れたトートバッグを肩にかけ不思議探索・・・仕事探しに出た。
昨日ほどではないがお日様は今日もはりきって地表に太陽光線を降り注いでいる。
正直暑くて嫌だったけど、一日でも早く仕事を見つけないと
【20歳無職男性アパートの一室で孤独に餓死】なんて新聞記事がリアル本当になってしまう。

どこからかカブトムシの臭いがして、

( ^ω^)『こうも暑いとカブトムシも早く活動を始めるのかお?』

なんて考えていたら臭いの発生源は僕だった。
不愉快極まりない。

3つの私鉄の乗換駅であるVIP駅は周辺にちょっと名の知れたデパートやおしゃれ服を扱う古着屋、
ファーストフードや英会話スクールなどがひしめき合っていて、ここに来れば自分がほしい物は何でも見つかる・・・そんな気がしてくる。
そう思っているのは僕だけではないようで老若男女それぞれの表情でビルに出たり入ったりしている。

僕はとっくに充電が切れているi podのイヤホンを耳にさし駅前を歩いた。
堕ちる所まで堕ちた自分を見られるのが嫌でどことなく余裕があるところを見せたかったのか・・・
今でもなんでそんな行動をしたのか自分でも意味がわからない。

( ^ω^)『お、ここにもあったおw』

ちょっと大きな駅の周辺をぶらりと歩くとスチール製のラックにフリーペーパーがささっているのをよく見かける。
それは運転免許所のパンフだったりクーポンマガジンだったりするのだが、僕の目的は無料の就職情報誌。片っ端からそれらをトートバッグに放り込む。
帰り道スーパーに寄って2000円近く食糧を買い込んだ。

( ^ω^)『・・・明日またBook onに漫画やエロゲ売れば何とかなるお』

そう考えながら。

13 :小豆汁:2006/12/28(木) 22:24:13.34 ID:ON7M7pFpO
支援

14 :書初め(家内安全):2006/12/28(木) 22:24:46.42 ID:bOjJ2ZMY0
wktk

15 :料理:2006/12/28(木) 22:25:28.56 ID:T5DMejVm0
 家に帰った僕を待っていたのは、もわっとむさ苦しい部屋の空気だった。

( ^ω^)『窓開けて出かければよかったお』

そう考えながら窓を全開にして折りたたみ式テーブルに今日の【就職活動】の成果を放り出す。
昨日掃除中に発掘した赤ペンを握り締め、まずはコーラを一気飲みした。
何日かぶりのよく冷えた炭酸が心地よかった。

誰に聞かせるわけでもなく思い切り大きなゲップをして僕は就職情報誌を開く。

( ^ω^)『さて、やるお』

一人気合を入れた。

さて。
これは当時の僕の考えなんだけど、人には適材適所があると思う。
1流大学出身のフリーターやアニメーション学院出身の政治家がいてもおかしくないけど、
それはあくまで少数派であるべきであって。
やっぱり政治家は1流大学出身が多数派だし、アニメーション学院の出身者はそっちの仕事に就くべきなのだ。

それではこの僕。
内藤ホライゾンにふさわしい仕事とはなんだろう。
僕はそう考えながら、就職情報誌の『僕にふさわしくないと思われる仕事』に片っ端からバツをつけていった。
食糧は大量に買い込んだし、明日Book onに漫画やゲームを売れば当座の生活資金はもう少し何とかなるだろう。

( ^ω^)『自分に向かない仕事なんかついたら3日で逃亡する自信があるお』

甘い。
スピードワゴンなみに甘い考えだった。


16 :料理:2006/12/28(木) 22:26:02.47 ID:T5DMejVm0
 ( ^ω^)『運転免許持ってないお』

まず、トラック運転手やタクシードライバー募集の欄などにバツがつけられた。

( ^ω^)『自給安すぎるお』

廃棄食材は魅力だったが、コンビニやファーストフードもバツ。
この僕が働くのにこんなに安い時給はありえないだろ。常識で考えて。

( ^ω^)『ガテン系は眼中にないお』

給料面は魅力だが肉体労働が僕に勤まるとは思えない。

( ^ω^)『おしゃれじゃないお』

そんなふざけた理由で工場作業員や警備員の募集欄まで犠牲になった。

     〜3時間後〜

( ^ω^)『あー。なかなか自分にピッタリの仕事って見つからないものだお』

僕は万年床にたおれこんだ。そのまま赤いバツだらけのフリーペーパーをパラパラとめくりだす。
数少ない生存者もなんとなく僕の心に訴えかける仕事ではなかった。

こりゃ今日の成果はゼロかもしれんね。
そう思った時。

( °ω°)『・・・・・・!!!!!!』

見つけた。

17 :猪(アイドル):2006/12/28(木) 22:26:35.92 ID:0Kb2zcrw0
wktk

18 :料理:2006/12/28(木) 22:27:28.01 ID:T5DMejVm0




     新感覚中華ダイニング・バーボンハウス
     厨房新スタッフ募集
     おしゃれなダイニングで一緒に働きませんか?




そこにはチャイナドレスを着た栗色で巻き毛の少女の写真も載っていた。
ちょっと気が強そうだけど、そんな事は気にならない。

いや、それよりも。
僕は目を閉じて妄想する。
華やかなテレビ収録現場。
真っ白いコックコートに身を包んだ僕。
その周りでは鮮やかな衣装を着込んだアイドルたちが僕の料理に舌鼓を打っている。

僕は身を起こしてその募集欄を再度チェックする。
うん。給料面も悪くない。

( ^ω^)『これだお!!』

立ち上がって【我が人生一片の悔いなし】ポーズを決める。頭の中では稲光が僕を照らしている感じだ。

( ^ω^)『これこそ僕にふさわしい仕事だお!!!!』

一人で格好よくポーズを決めたが、全開の窓から誰かに見られている気がして慌ててカーテンを閉めた。

19 :料理:2006/12/28(木) 22:29:14.17 ID:T5DMejVm0
 まだギリギリ募集電話受付時間に間に合う時間だったので、ぼくはすぐさま応募の電話をした。

(´・ω・`)『やぁ、ようこそバーボンハウスへ』

電話に出た人はちょっと変わった感じのする人だったけど、僕はフリーペーパーを見て面接を希望している旨を伝えた。

(´・ω・`)『把握した。面接は明日で良いかな? 希望の時間はある?』

( ^ω^)『それでは19時にそちらにお伺いいたしますお』

(´・ω・`)『19時か・・・。ゴメン、その時間はちょっと忙しいんだ。15時でもいいかい?』

( ^ω^)(じゃあ最初から聞くなお)

やれやれ。明日はBook onに行って履歴書を書いて・・・やる事が沢山あるのに。
10時には起きないとな。
明日は早起きだ。

(´・ω・`)『じゃ、明日の15時に。言い忘れたけど僕は料理長のショボン。僕宛に来てくれればいいから』

待ってるよ。
そう言って電話を切られた。

僕は明日の面接に備えてジャケットを用意し、銭湯に行く事にした。
久しぶりにゆっくり足を伸ばして湯船に浸かり、ヒリヒリするまで体を洗った。
気合を入れるためにフルーツ牛乳とコーヒー牛乳をダブルで飲んだ。

( ^ω^)『明日は頑張るお』

夜空にそう誓った。

20 :料理:2006/12/28(木) 22:29:56.09 ID:T5DMejVm0
 結果的に面接は大成功だった。
その場で料理長直々に合格をもらったのだ。

( ^ω^)『来週の月曜日から僕は料理人だおw』

Book onに売った漫画やゲームは予想以上に財布を暖めてくれていたし、
自炊経験もある僕は料理が決して苦手ではなかった。

( ^ω^)『やっぱり神様っているんだおwwwうはwwwおkwww』

つい嬉しくて両手を広げてVIP市のメインストリートを駆け回る。
傍から見ればちょっと頭が可哀相な人って感じだ。

( ^ω^)『おっと、忘れるトコだったお』

僕は携帯を取り出す。
電話先は勿論実家の両親だ。
就職が決まった事を伝えると泣いて喜んでくれた。
初任給までの資金援助も頼み込み、もう銀行が閉まっている時間だったので

( ^ω^)『必ずだお! 必ず明日の朝一番で振り込んでくれだお!!』

約束させてから電話を切った。

それから僕はコンビニで小さなケーキとコーラを買って一人で祝宴を挙げた。






21 :味噌出汁:2006/12/28(木) 22:31:25.92 ID:2TkkKvtoO
アルファベットに被せてくるとはチャレンジャーな奴だぜ

支援

22 :黒豆(五粒):2006/12/28(木) 22:31:35.26 ID:jBkrE5gO0
試演

23 :料理:2006/12/28(木) 22:31:38.85 ID:T5DMejVm0
 翌朝。
銀行口座を確認すると無事仕送りが入金されていた。
そのまま全額出金し、コンビニで滞納していたガス・電気料金を払って帰るとすでに電気は着く様になっていた。
すぐさまPCを起動してブログを更新する。

( ^ω^)『就職決まったおwww僕は料理人になるおwww』

しかし住人の反応は僕の期待とは違ったものだった。

『お前だけは信じていたのに。裏切り者』

『働いたら負けwww負け組み乙www』

『せいぜい社会の歯車になりたまえwww働きアリ君www』

そこにあったのは醜い嫉妬と罵倒。僕は悲しくなってブログを閉じPCの電源を落とし布団に倒れこんだ。
・・・・・・そのまま何時間ぼんやりしていただろう。すでに窓の向こうの太陽は沈もうとしている。

( ^ω^)『・・・よし』

僕は再度PCを立ち上げ新しいブログを作った。
タイトルはどうしよう?タイトル次第で住人の集まりは変わってくる。気は抜けない。

( ^ω^)『決めたお』

タイトルはこうだ。


          ( ^ω^)が料理人になるようです


24 :料理:2006/12/28(木) 22:33:45.08 ID:T5DMejVm0
以上、昨日投下した第1章になります。

続けて第2章投下させていただきます

25 :おせち(15,000円):2006/12/28(木) 22:34:02.19 ID:DVCWMGlHO
支援

26 :あしたこそ初詣:2006/12/28(木) 22:34:39.59 ID:JtSjQ8hm0
おもしろい

27 :料理:2006/12/28(木) 22:35:27.55 ID:T5DMejVm0


 第2章 ロクデナシ


この外食産業において華やかに着飾ったウェイトレスが微笑み動き回るホールを表の顔と定義するならば
元々何色だったか判らなくなるまで汚れたコックコートの料理人が必死の形相で走り回る厨房を裏の顔と定義する事に多くの反対意見は寄せられまい。
その理屈で言えばここ、『スタッフルーム』と丁寧な明朝体で書かれたプレートを張られたドアの奥は闇の顔とでも言うべきだろうか?

(´・ω・`)『そんな大げさなもんじゃないけどね』

僕は自分のバカな考え。どうにも進展を見せない仕事へのちょっとした現実逃避を否定するように首を横に振った。
歯形がついた禁煙パイプを唇から離し、冷めた缶コーヒーを一口。
うん。不味い。

(´・ω・`)『やっぱりお願いした方がよかったかな』

休憩に入るウェイトレスからインスタントコーヒーを勧められた時丁重にお断りしたのを今更ながら後悔した。
缶コーヒーもインスタントコーヒーも味自体に大差は感じないが、
出勤前駅前のコンビニで買ってすでに冷め切った缶コーヒーと入れたてのインスタントコーヒーでは後者に味の軍杯があがるのは明らかだ。
そんな事は僕自身判っている。
だがしかし、ここ最近どうにも誤魔化しきれない腹部の脂肪を見かねたスタッフから減糖命令、
つまりは一日に十杯以上も飲むコーヒーはブラックのみ限定の命令を出されてしまった僕は
スタッフの目から逃げるようにコンビニで禁煙パイプと大量の缶コーヒーを買い込むのが日課になっていた。







28 :料理:2006/12/28(木) 22:38:08.08 ID:T5DMejVm0
スタッフルームなんて小洒落た呼び名をされているが、
実際は倉庫兼休憩室に過ぎない。
いや、むき出しのコンクリートの床に足元がガタつく会議用テーブルと安物のパイプ椅子があるだけで、
どう贔屓目に見ても倉庫に無理やり休憩スペースを作り上げた感が否めなかった。

僕から見て右手側には食品棚と業務用冷蔵庫。
更にビールケースやドリンクの濃縮原液が詰まった2ガロンタンクが積みあがっている。
左手側には従業員用ロッカーと称されるホームセンターで買ってきた木製の棚と
それと出身地を同じにするパイプハンガー。
その奥に申し訳なさげに垂れ下がっているのは、
女性スタッフの着替え時のプライベートを守るべく設置した厚手のカーテン。
ただ、異性の目を気にする女性は洗面所で着替えを済ませる事の方が多かったし、
『あんたなんか眼中にないのよ』とばかりに服を脱ぎだす猛者もいて活躍の場は少ない。

部屋中に充満する独特の匂いは、
片隅に積み上げられたクリーニング業者を待つコックコートにしみこんだ油の匂いだろう。
高温で酸化した油の匂いは飲食店よりも解体業者に相応しいと感じられた。

僕はこのお客様ですら不可侵の聖域の最奥に置かれた専用のスチールデスク
・・・どこの学校の職員室にも置かれているアレだ・・・でPCをいじっていたのだけれども、
思うようにはかどらない作業に辟易し
どこをどうしたのか判らないが2時間かけて作成した資料がいきなり白紙に戻った辺りで
ついに筆ならぬマウスを投げるに到ったのだった。







29 :巫女と初詣:2006/12/28(木) 22:40:08.94 ID:qNGH7vvP0
支援

30 :料理:2006/12/28(木) 22:40:52.54 ID:T5DMejVm0
(´・ω・`)『どうにもデスクワークは苦手だね』

そう呟きながら硬くなった背筋を伸ばす。
机の片隅に置かれた、誰が持ってきたのか分からない【団長】と書かれた三角錐。

(´・ω・`)『こんなのを持ってくる下手人候補は2人しかいないけどね』

その向こうでは2人のウェイトレスが休憩している。

僕から見て手前にいるのが自然に波打つ栗色の髪を持った女性。
美少女〜美女のちょうど中間点に位置する年齢の彼女の名前はツンと言う。
深くスリットの入ったチャイナドレスの奥で組まれた形のいい足は10人中9人の男の目を釘づけにする。
しかし、彼女の本当の特徴はそのスタイルではない。
不機嫌そうに眉間に刻まれた縦じわと、猫科の動物を思わせる力強い目こそがツンと言う人間の代名詞だ。
今も彼女はその目で僕を一瞥し、

ξ゚听)ξ『・・・フンッ』

と鼻を鳴らして手元の通販雑誌に視線を戻す。

彼女と知り合って暫くの間。
僕は彼女を怒らせる様な事をしたのか不安になったものだ。
今ではその不機嫌フェイスが彼女の通常装備と知って、

(´・ω・`)『お客様に対しては愛想がいいからいいんだけどね』

と問題を自己解決させている。




31 :おせち(15,000円):2006/12/28(木) 22:40:55.27 ID:DVCWMGlHO
支援

32 :料理:2006/12/28(木) 22:42:43.99 ID:T5DMejVm0
もう一人。
様々なポーズを決めるモデルに睨みをきかせるツンの奥で携帯をいじったりツンの雑誌を覗き込んだりしていた彼女は、
作業の手を止めた僕を見て

(*゚ー゚)『遊んでくれそうな人発見☆』

とばかりに駆け寄ってきた。
比較的小柄なツンよりも更に一回り小柄な彼女は、
バッサリ切った黒髪・クリクリとよく動く大きな瞳と合わせて『少女』・・・いや、『少年』と言っても違和感はないように見える。
実際、彼女は全スタッフ内で最年少でもある。
が、チャイナドレスの胸元にぎゅうと押し込まれた柔らかそうなそれは、はちきれんばかりに『女性』をアピールしていた。
彼女の名前はしぃ。

(*゚ー゚)『ショボ君またやっちゃった?☆』

僕の背後に回りこみ、嬉しそうに話しかけてきた。

(*゚ー゚)『最近ずっとPCとにらめっこだね☆ 何やってるの?』

(´・ω・`)『今後の人事育成計画の予定報告書さ。荒巻さんから急かされちゃってね』

荒巻さんはバーボンハウスのスポンサーを務める事業家だ。
先月末バーボンハウスはシベリア市に2号店をオープン。
流石兄弟をはじめとする多くの優秀なスタッフがそちらに移動していった。
その結果、ここバーボンハウス本店は慢性的な人手不足に悩んでいた。
募集広告は色々試しているものの、電話が全く鳴らなくては話にならない。

(´・ω・`)『時期が悪かったかな』

僕はそう一人ごちた。

33 :料理:2006/12/28(木) 22:46:05.73 ID:T5DMejVm0
 (´・ω・`)(冷菜とデザートは充実しているんだ。麺場と鍋を任せられる人材を育てないと・・・)

そう考える僕の耳元にしぃが口を近づける。

(*゚ー゚)『募集広告成果がないんでしょ?』

そう言って不機嫌オーラ全開のツンをチラリと見た。

(*゚ー゚)(だからお姉ちゃんがモデルじゃダメって言ったじゃないw お姉ちゃん撮影中ニコリともしないんだもん)

しぃの言葉には悪意を感じない。
実の姉妹、と言うのもあるだろうが彼女の生まれ持った人徳によるものも大きいと言える。

(´・ω・`)『ふふふ。しぃちゃんをモデルにしたほうが良かったかな』

そう言う僕の肩をバシバシと叩く。
意外に痛い。

(*゚ー゚)『wwwいやですよwwwクーさんにお願いすればよかったじゃないですかwww』

しぃちゃんと会話していると癒される。
そんな事を考えていた僕の頭上を影が覆う。

ξ#゚听)ξ『聞こえてますよ。ダメなモデルで悪かったわね』

そこには両手を腰に当て仁王立ちで僕を見下ろすツン・・・いや、修羅がいた。




34 :巫女と初詣:2006/12/28(木) 22:46:10.86 ID:qNGH7vvP0
支援

35 :料理:2006/12/28(木) 22:48:58.19 ID:T5DMejVm0
(:´・ω・`)『い、いやモデルが悪いんじゃないって。毎年この時期は応募が少ないんだよ』

僕は必死に弁解する。

(;*゚ー゚)『そ、そうよ。それに最近じゃお姉ちゃんみたいな不機嫌顔が一部で人気なのよ』

一部ってどこだよ。
しぃちゃんは弁解するようで火にガソリンを注ぎ込んでいる。

ξ#^ー^)ξ『ふ〜ん。それじゃあたしがモデルで応募が0なのは何故でしょうね?』

30字以内で答えよ。そう続けられた。
これは強制モードだ。失敗は死に繋がる。時間は沢山ある。落ち着いて答えるんだ。つか気にしてたのか!?

(:´・ω・`)『そ、それはやっぱり・・・』

僕は無意識のうちにしぃのダイナマイトな胸元と、目の前に立つ修羅の布地にかなりの余裕がある胸元をちらりと見比・・・

瞬間。
僕の頭上を一陣の物質的暴力が通過した。

ξ#゚听)ξ『・・・胸とか言ったら・・・殺すわよ』

あっけに取られていた僕はその一言で我に返り、頭上を通過した凶風の正体がツンのすらりとした足だと知った。
彼女はゆっくりと足を戻し、僕を道端に捨てられた空き缶を見るような目で一瞥すると
そのままさっきまで座っていたパイプ椅子のところに戻っていく。

コツン。後頭部に何かが当たって僕は振り返った。
僕の背後のコンクリートの壁が直径20センチ大のクレーター状に陥没していた。
そこから落ちたコンクリート片が僕の頭に当たったのだった。

36 :料理:2006/12/28(木) 22:51:53.66 ID:T5DMejVm0
 (;´・ω・`)『ちょ、ちょっとしぃちゃん』

僕はツンの上段蹴りの風圧で床に転げ落ちた禁煙パイプを拾うフリをして
机に陰に隠れしぃちゃんを呼び寄せた。

(;´・ω・`)『ね、ねぇしぃちゃん。お姉しゃん普段に増して機嫌悪くなひ?』

直前まで目前に広がっていた死の恐怖のせいか舌がうまく回転しない。

(;*゚ー゚)『そ・・・そうですか?』

(;´・ω・`)『そうじゃよ。普段だったら無言で雑誌投げてきてお終いじゃない』

(;*゚ー゚)『確かに・・・あ!もしかして・・・お姉ちゃん今日生理で機嫌悪いのかも!!』

(;´・ω・`)『しょれはないよ。だって今パンチュ丸見えだったし・・・』

(;*゚ー゚)『でもお姉ちゃんタンポ・・・』

しぃちゃんがそこまで言った時。
つんの周囲の殺気が爆発的に高まった。

(;´・ω・`);*゚ー゚)『・・・殺される・・・』

僕達2人が死を覚悟した時。



机の上の電話が突然鳴り出した。


37 :小豆汁:2006/12/28(木) 22:54:19.98 ID:ON7M7pFpO
支援

38 :おみくじ(ひく金ねー):2006/12/28(木) 22:54:46.74 ID:L1V+Cys80
まとめさせて下さい
http://plaza.rakuten.co.jp/uzakopr/

39 :料理:2006/12/28(木) 23:00:58.89 ID:T5DMejVm0
 川 ゚ -゚)『その電話の向こうにいたのがこの内藤君だったというわけだ』

彼女はクー。
すらりとした長身と腰まで伸びる美しい黒髪を持った僕の右腕だ。
常に冷静沈着。事務・経理の天才にしてホールマネージャー兼バーテンダー。
吸い込まれそうな黒水晶【アメジスト】色の瞳をしている。

(´・ω・`)『うん。おかげで命拾いしたよ』

初めて応募の電話が鳴った事にツンは気をよくしたのだろう。
僕達に天誅を下すことなく、そのまま休憩時間が終わるまで通販雑誌を眺めていた。

(´・ω・`)『ただね・・・無職、外食産業経験なしでしょ。19時に面接希望とか言い出すし・・・断ろうと思うんだ』

ふむ。白く長い指をあごに当てて考えていたクーはやがて考えがまとまったようで口を開いた。

川 ゚ -゚)『私は反対だ』

川 ゚ -゚)『我々には【経験がないから】などという理由で応募を断れるほど余裕がない。
     経験がなければ教えればいいんだ。それをしないのは怠慢と言うべきだろう』

川 ゚ -゚)『それにもしこの内藤君が使い物にならないとしても・・・次の採用が決まるまでのつなぎにはなるのではないか?』

なるほど。クーが言う事はもっともだ。
最悪、夏までにある程度の仕事を覚えてくれてクソ忙しい時期だけ乗り切れるだけでもいいじゃないか。

(´・ω・`)『じゃ、採用の方向で面接してみようかな』

ツンのご機嫌も治るかもしれない。
僕はそう考えた。

40 :巫女に初詣:2006/12/28(木) 23:03:12.64 ID:qNGH7vvP0
支援

41 :料理:2006/12/28(木) 23:04:07.81 ID:T5DMejVm0
ここまでが第2章になります。

続けて第3章・・・と行きたいところなのですが
アナルが熱いマグマを溜め込んだ活火山状態なので
15分ほど後に投下再開させていただきます。

もうしわけありません

42 :猪(カビ):2006/12/28(木) 23:07:00.52 ID:YXQEUgJN0
ガスかもしれないよ

43 :ハマグリ:2006/12/28(木) 23:08:46.02 ID:ON7M7pFpO
アッー!行ってらっしゃいwww

44 :VIP皇帝:2006/12/28(木) 23:08:47.47 ID:DCCvFhhrO
総合スレでスゲー期待されてた人だ

悔しいけど感じちゃう(*´・ω・`)ビクビク

45 :お年玉(げんこつ):2006/12/28(木) 23:10:55.22 ID:suEITM+10
>>1は料理関係の仕事とかに関わってたの?

46 :角煮もち:2006/12/28(木) 23:25:36.47 ID:k1O8/UagO
これはwktk

47 :おせち(12,000円):2006/12/28(木) 23:25:55.33 ID:0s9SLk3P0
どんなにくるしくても
おいしいものたべて
うんこしたらなおるよ!
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)


48 :料理:2006/12/28(木) 23:29:00.92 ID:T5DMejVm0
お待たせしました。

夕食に食べたワカメが早くも排出されていました。

>>38
このような駄作でよければ是非お願いします

>>45
以前ですけど。

では第3章投下開始します。
視点は再び( ^ω^)に戻ります。

49 :お年玉(げんこつ):2006/12/28(木) 23:31:48.32 ID:suEITM+10
>>48
元、ブーンSS書きとしても調理科生徒としてもwktk

50 :料理:2006/12/28(木) 23:33:07.23 ID:T5DMejVm0


第3章 人にやさしく


月曜日。
僕は出勤2時間前に布団を出た。
普段から目覚まし時計なんて使わずに目が覚めるまでひたすらダラダラ寝ているだけの生活だったから、
目覚まし時計を使わずにこんなに早起き出来た自分にちょっと驚いていた。

( ^ω^)『遠足前の子供みたいだお』

そんなありきたりの文句を頭の中で並べながら洗濯したてのシャツを身に着ける。

昨日のうちに買っておいたサンドウィッチとおにぎりで朝食を済ませ、
新品の歯ブラシと衝動買いした男性用洗顔フォームで身支度を整える。
慣れない洗顔フォームなんか使ったせいで狭い洗面所は水浸しになったけど、
そんな事は気にならない位僕は上機嫌だった。

( ^ω^)『これが天才料理人内藤ホライゾンのデビューだったw』

頭の中でナレーションが流れる。
出勤時間より1時間も早く家を飛び出し、僕はチェーンを新しくした自転車にまたがった。

灰色でもなければ真っ青でもない、青空に薄い白を被せた様な空の色。
僕は鼻歌を歌いながら愛チャリを漕いだ。

( ^ω^)『聞〜こえるかい、ガンバレ〜♪』



51 :料理:2006/12/28(木) 23:35:27.04 ID:T5DMejVm0
 VIP駅から徒歩1分。飲食店ビルの1階にバーボンハウスはある。
従業員用駐輪場に自転車を止め、僕は裏口からスタッフルームに入った。
たったそれだけの行動なのに、

( ^ω^)(僕も立派な社会人だおwww)

そんな風に思えて自然に笑みがこぼれた。
スタッフルームではショボンさんがスチールテーブルに尻を半分預ける形で寄りかかり新聞を広げていた。

(´・ω・`)『やぁ、おはよう。今日からよろしく頼むよ』

( ^ω^)『おはようございますだお。こちらこそお願いしますお』

挨拶を交わしながら新聞を折りたたむショボンさん。

(´・ω・`)『これが制服ね。さっそくだけど着替えちゃってよ。荷物はそこのロッカーに入れてくれればいいから』

クリーニング屋のビニールに包まれたそれを広げる。純白のコックコートがそこにあった。

(´・ω・`)『多分サイズは大丈夫だと思うんだけど』

(´・ω・`)『汚れたユニフォームはそこのダンボールに放り込んでおいて。毎日交換してもらって構わない』

(´・ω・`)『靴のサイズいくつ?商店街のABCDマートでコックシューズ買ってレシート持ってきてね』

そんな感じで着替え中の僕にショボンさんが色々話しかけてきていたみたいだけど、
ピザの耳に真珠ってやつで僕の耳には全く入らなかった。


(´;ω;`)ブワッ

52 :料理:2006/12/28(木) 23:40:56.15 ID:T5DMejVm0
 染み1つないコックコート。
黒いスラックスと真っ白な前掛け(エプロン)。
すっぽりと頭全体を覆う黒いバンダナ。
これらを身に着けた僕が鏡の中にいた。

( *^ω^)『・・・ヤバイお。似合いすぎてるお』

ちょっとピザ気味な僕はどんなおしゃれ服を着ても『控えめに言っても微妙だよねwww』的反応しか帰ってこなかった。
ところが鏡に映る僕はピザ気味なバディが逆にマッチしていて、ありもしない威厳まで漂わせている様に見える。

( *^ω^)『やっぱり僕は料理人になる運命の下に生まれたのかもしれんね』

そう考えると今まで上手く就職が決まらなかったのも合点がいく。
神様が決めた運命に逆らってるんだもん。そりゃダメに決まってるさ。

(´・ω・`)『うん。よく似合ってるよ』

そう言ったショボンさんの目は少し赤い。
寝不足ですかお?

(´・ω・`)『・・・スタッフが来るまでそこに座っててよ。・・・それで汚れたユニフォームは・・・・・・』

そう説明を始めるショボンさんはどことなく切なげだ。
上を向いて歩きましょうショボンさん。まだ1日は始まったばかりじゃないですか。
そんな事を考えていると。

???『・・・うぃ−す』
???『おはようで〜す!!』

扉が開き、1組の男女が入ってきた。

53 :鶏肉:2006/12/28(木) 23:42:17.40 ID:/NvIkQ+H0
これ好きだな。

wktk

54 :料理:2006/12/28(木) 23:43:44.45 ID:T5DMejVm0
 最初に入ってきたのはガリガリに痩せた見るからに陰気そうな男だった。
僕以上にファッションセンスを感じ取れない黒尽くめの服。
ボサボサに寝癖のついた頭髪。猫背。
スタッフルームに入るなり、
僕には目もくれず大きなあくびを1つしてくしゃくしゃの煙草に火をつけた。

( ;^ω^)『なんだお、こいつ』

それが僕の第一印象だ。

そしてもう一人。
明るい色の髪を後頭部で纏め上げた女性だ。
薄手の上着の下は胸を強調するタンクトップと嫌味にならない程度に短いスカート。
くわえ煙草で『これが俺の朝飯だ』とかなんとかブツブツ言っている男に笑顔で説教しながら
チラチラと僕の方を気にかけている。

( ^ω^)b『・・・合格!!!!!』

一目見てそう思った。

(´・ω・`)『あ〜、2人ともちょっといいかな? 今日から一緒に働いてもらう事になった内藤君だ。自己紹介してあげて』

( ^ω^)『内藤ホライゾンですお。よろしくですお』

('A`)『・・・ドクオだ。頑張ろうな』

天井に向けて紫煙を吐き出してから男はそれだけ返してきた。
うん、間違いなくこいつは童貞だ。
同じ道程を行く童貞同士仲良くしたいものだがこの男に人並みのコミュニケーションは取れるのだろうか?


55 :書初め(子孫繁栄):2006/12/28(木) 23:44:13.56 ID:NhELEmmm0
こ れ は お も し ろ い

56 :料理:2006/12/28(木) 23:45:33.00 ID:T5DMejVm0
 だが、もう一人の女性の挨拶は更に僕の意表をついた。

(*゚∀゚)『あたしツー!!よろしくね!!あ、内藤君の事はショボさんから聞いてるよ!!一緒に頑張ろうね!!
     内藤君って何歳? へぇ、じゃああたしの方がお姉さんだ!!
     内藤君って呼びづらいなぁ・・・あだ名無いの!? ブーン? じゃ、ブーン君って呼ぶね!! みんなにも言っておいてあげるから
     ブーン君は調理経験あるの? ・・・大丈夫だよ!! お姉さんが手取り足取り教えてあげる・・・ってえっちな意味じゃないからね!!
     ブーン君彼女いる? 嘘ぉ!! 絶対いるように見えるけどなぁ!! あたし? いないよぉ!!夏までにはほしいと思ってるんだけどさ!!
     好きな人? それはいるよぉ!! 年頃の女の子だもん!! でもなかなか恋の道は険しくてねっ!!
     ブーン君色々教えてよ!! え? だってブーン君モテそうじゃん!!』

( ;^ω^)『お?wwwおwおぉ?www』

予想外のマシンガントークに僕が固まっていると

('A`)『つー。早く着替えちまえ。おしゃべりは後だ』

爬虫類フェイスから助け舟。いい仕事するじゃん。流石童貞。
拗ねた子供のように『はぁ〜い』と間延びした声で答えたツーさんはビニールバッグを抱えて隅のカーテンの奥に消えた。

(´・ω・`)『・・・ゴメンね』

( ;^ω^)『・・・いえ』

正直ウゼェ。女じゃなかったら渾身の力で殴ってるところだ。
・・・そしてもう1つのサプライズはすぐに起こった。

(*゚∀゚)『じゃ〜〜〜ん!! ブーン君どうだぁ!!』

彼女が身に着けているのはチャイナドレスではなく、僕と同じ純白のコックコートだったのだ。
・・・うん、それもアリかな。・・・・・・・・・合格。

57 :初夢(競馬あたった):2006/12/28(木) 23:49:58.18 ID:/ph2Y5FpO
支援

58 :おせち(10,000円):2006/12/28(木) 23:50:54.70 ID:8T5RatalO
ツーうぜぇwww

59 :料理:2006/12/28(木) 23:51:41.59 ID:T5DMejVm0
 着替えを終えた僕達はドクオが2本目のタバコを吸い終えるのを待ってから厨房に入った。
その間僕がまたツーさんの一人トーク劇場に巻き込まれていたのは言うまでもない。

( ^ω^)『・・・ここが・・・僕の職場・・・』

客席と壁一枚挟んだだけの厨房は僕が初めて見る世界。
縦長に伸びるその部屋は客席側に作業台、その背後にガス台や未知の作業道具が並んでいる。
通路の幅は1mもないだろう。
磨き上げられたステンレスの作業台が蛍光灯の明かりで鈍く白く輝いていた。

ドクオは無言で厨房の奥に向かい座り込んで何やらやっている。
どうやらガスの元栓を開いているようだ、とすぐに気付いた。

(*゚∀゚)『ブーちゃんは何もかも分からない物だらけでしょ!!大丈夫!!お姉さんに任せときな!!』

ツーさんは一人ハイテンションで作業台上部奥に取り付けられた蓋を外した。

(*゚∀゚)『あ、これかい?この作業台は冷蔵庫も兼ねててね!!食材はここで保管してるわけさ!!
     でも忙しい時はいちいち座り込んで食材探したり出来ないでしょ!? で、ここ覗いてごらん!!』

ツーさんが外した蓋の中身はすっぽりと吹き抜けになっていて
作業台に備えついた冷蔵庫の内部を上から覗き込む事が出来た。

(*゚∀゚)『ね!? ね!? 凄いでしょ?この吹き抜けの部分にこのステンレス製タッパーをはめ込むわけさ!!
     そうすると下からの冷気で冷やされるから、頻繁に使う食材はここで保管すれば便利なんだよ!!』

朝からこのテンションで疲れないのだろうか?
決して悪い人ではない。今日初めて会った僕のために一生懸命説明してくれている。
それでも僕はドクオが疲れ果てた顔で出勤して来た理由がわかった気がした。


60 :料理:2006/12/28(木) 23:53:58.91 ID:T5DMejVm0
 ('A`)『ツー。早く終わらせろ。自分の仕事が終わらねぇぞ』

ドクオに声をかけられたツーさんは『こりゃ失敗』とばかりにペロリと舌を出した。

(*゚∀゚)『こりゃいけね! あたしとした事がつい夢中になっちまったよ! 悪いけど今日は残り簡単に説明するよっ!!
     まず奥から。この大きな寸胴は何に使うか分かるかい?そう、スープを取る寸胴さ!! つまりここでは麺を作るんだ!
     その隣の・・・ボイル器ってあたしらは呼んでるけど簡単に言えば大鍋さ! ここで麺を茹でるんだ!!
     で、これがコークス。 中華鍋用のガス台だね! 炒飯なんかはここで作るけどブーちゃん炒飯は好き!? あたしは大好き!!
     これは見た事あるかい!? そう、餃子を焼く鉄板さ!! 最初に覚えてもらうのはこれだと思うよっ!!
     これは蒸し器。 ランチタイムでは使わないからとりあえずスルーでいいよっ!! これで蒸しパン蒸かすと美味しいんだっ!!
     この作業台は冷菜とデザートで使ってる。 ランチが終わればここの番人さんが来るから楽しみにしててねっ!
     ようやくここまで来たねっ!! うん、分かるよね? こっちが冷凍庫、こっちが冷蔵庫さ!! 中の配置はまた今度ね!
     この突き当りを右に曲がってここが洗い場。 全自動だから簡単さ!! 
     ん、あぁこっちのシンクは切り出しにも使うからね!!暫くはここがブーちゃんの主戦場になるはずさっ!!
     簡単にだけ見てきたけど、皿や丼の置き場所はチェックしてくれたかなっ!? まだなら説明するよっ!! OK? 流石だねっ!!
     ここまでで分からない事はあるかいっ!?』

身振り手振りを交えて一気に説明を終えたツーさんは肩を上下させて息をしている。荒い息がどことなく色っぽい。
それより仕事前にこんなに体力使ってこの人は本当に大丈夫なのだろうか? うん、どう考えても大丈夫じゃねーな。

( ;^ω^)『わ、分からない事があったらまた後で質問しますお』

正直半分も理解できなかった。僕のせいじゃない。

(*゚∀゚)『了解っ!! それじゃブーちゃん最初の仕事を与えようw』

そう言ってニヤリと笑う。

(*゚∀゚)『飲食店の基本、掃除だよっ!! まずはトイレから!! 説明するから着いて来てっ!!』


61 :料理:2006/12/28(木) 23:56:22.21 ID:T5DMejVm0
>>58
うざいか・・・俺は結構好きなんだけどwww

62 :お年玉(げんこつ):2006/12/28(木) 23:57:02.76 ID:suEITM+10
ツーに萌えた・・・狂気キャラじゃないとかわいい・・・カモシレナイ

63 :料理:2006/12/28(木) 23:57:31.16 ID:T5DMejVm0
 僕が便器を磨き、トイレの鏡にガラスクリーナーを拭きかけている間にいくつかの業者さんが来たらしい。
通路にはトイレットペーパーや割り箸の詰まったダンボールが詰んである。
厨房ではツーさんとドクオが山と詰まれたキャベツ、人参、青梗菜を片っ端から切り分けているところだった。

( ^ω^)『終わりましたお』

(*゚∀゚)『終わったかい!! いい仕事するねぇ!!  
     じゃ、そこのダンボールを倉庫に運んでそれから客席のモップがけだっ!!』

手を休めてツーさんが説明する。

( ^ω^)(・・・また掃除かお・・・僕も厨房で仕事したいお)

そんな事を考えると、僕の考えを見透かしたようにツーさんが説明した。

(*゚∀゚)『慌てなさんなって!! まだ初日じゃないかっ!! 
     あたしもそこのドクオさんも料理長も最初はみんなこうやって覚えてきたんだっ!!
     慌てる乞食は一兎も得ずってね!!』

そう言いながら僕の背中をバシンバシンと叩いた。
つか、叩かないでください。僕はベランダに干された布団じゃないんです。
マジで痛いです。その細い腕のどこにそんな力があるんですか?

(*゚∀゚)『あははwwwゴメン、ゴメン!! ちゃんとこっちで覚えてもらう事も沢山あるからさっ!! 
     まずはモップでGOだよっ!!』

モップがけは意外と重労働で終わる頃には鼻の頭に薄っすらと汗をかいていた。

(*゚∀゚)『終わったかい!? じゃ、厨房に入って!! いよいよ開店だよっ!!』


64 :小豆汁:2006/12/28(木) 23:58:08.72 ID:2TkkKvtoO
ツーの台詞が鶴屋さんの声で再生される俺は一体どうしたんだ

65 :料理:2006/12/29(金) 00:01:00.97 ID:5sbnfksy0
以上で第3章投下終了です。

支援ありがとうございます。

(*゚∀゚)

こいつのキャラ設定と長文で5時間かかったwww

66 :猪(進化系):2006/12/29(金) 00:02:03.42 ID:fVOl7hj40
乙ー。

ツーかわいいよツー

67 :しょうゆ出汁:2006/12/29(金) 00:03:31.43 ID:CqSwKzwt0
明日はいつ投下??

68 :猪(赤詐欺):2006/12/29(金) 00:04:06.44 ID:+k9ePorxO
巨乳のしぃも捨てがたい

69 :神所謂ゴッド:2006/12/29(金) 00:04:09.15 ID:ArYzP1Xz0
蝶乙
これはおもしろい

70 :書初め(交通安全):2006/12/29(金) 00:04:13.69 ID:PpVTvhTS0
中華か・・・ニンジン、ショウガの飾り切りとかブーンがやるのかな・・・
あれマンドクセ('A`)



ツーいいよ、ツー

71 :初詣で痴漢:2006/12/29(金) 00:04:45.05 ID:lYVZg/TC0
冬厨いっぱいポケモンチャットで今夜を語ろう
http://poke3.sakura.ne.jp/cgi-bin/chat/chat.cgi?

72 :猪(はげ):2006/12/29(金) 00:06:29.88 ID:9fbmPP010
乙。新しいジャンルだな。

73 :おせつ:2006/12/29(金) 00:07:08.07 ID:ixFNKyz8O
乙!
専門的な職業が舞台の作品って意外と少ないから、なおさら楽しみだ

74 :料理:2006/12/29(金) 00:10:03.97 ID:5sbnfksy0
>>64
なるほど。
デジャブかと思ったら鶴屋さんだったかwww

>>67
大筋は出来てるんでこれから文章にして・・・
上手くすれば明け方。
最悪でも夜までには。
まとめて何章か投下できればいいんですけどね



75 :初夢(見るの忘れた):2006/12/29(金) 00:12:17.17 ID:Dz4dBxWgO
>>74
ブーン系小説以外でもSS書いてる?

76 :猪(赤詐欺):2006/12/29(金) 00:12:49.79 ID:+k9ePorxO
裏番組にアルファベットがあるのに投下した作者に脱帽

読み返すと女性キャラがみんな濃いな

77 :おみくじ(ひく金ねー):2006/12/29(金) 00:13:13.19 ID:OtSSLKpeO
乙。次も楽しみにしてる

78 :猪(青詐欺):2006/12/29(金) 00:13:55.97 ID:YltCo85WO
鶴屋さんに脳内変換されまくりでこまる。
あ、鶴屋さんは大好きですからwwwwどんとこいwww

79 :料理:2006/12/29(金) 00:18:05.48 ID:5sbnfksy0
>>71
把握した

>>72 >>73
バトル物は蔓延しすぎてる気がしたので・・・。
自分のキャリアを活かせるジャンルに挑戦してみました。

>>75
ブーン小説は今回初挑戦ですが・・・ノーコメントにさせてくださいwww

>>76
全くジャンルが違うんで問題ないかと思って・・・でもあちらはやっぱり人気ですね。

これからもっと濃くなると思います。

80 :猪(乱視):2006/12/29(金) 00:21:44.44 ID:n7yq8Wnd0
ほれ
ただし携帯からしか見れんぞ
http://free.gikoneko.net/up/source/up135255.htm

81 :猪(青詐欺):2006/12/29(金) 00:29:12.15 ID:dmQxfDeX0
これはwktk

第一章のタイトルへの繋ぎ方で只ならぬものを感じた。
応援させてもらうぜ!!

82 :おせち(8,000円):2006/12/29(金) 00:32:16.57 ID:BDM1zxcaO
こうゆうキャラが際立った小説は好きだ

83 :おみくじ(五回目でやっと吉):2006/12/29(金) 00:42:53.53 ID:+k9ePorxO
内藤の趣味ブログ更新
広告モデルのツン
よく見ると伏線なんだよな
油断できないぜ

84 :初夢(ゴキとの思い出):2006/12/29(金) 01:24:18.37 ID:zqbaamu6O
保守

85 :初夢(蛇の夢):2006/12/29(金) 01:24:33.24 ID:Dz4dBxWgO
>>79
>>75だが、とあるスレで作者に似ている表現や言い回しがあったから、もしやと思って少しだけ気になったんだ

でも他人の空似だな。気にしないでくれ

86 :猪(黒板係り):2006/12/29(金) 02:19:09.90 ID:YltCo85WO
`∧_∧
(´・ω・)
( つ旦O
と_)_)

87 :猪(酒乱):2006/12/29(金) 02:41:38.18 ID:fVOl7hj40
ほしのあき

88 :おみくじ(人吉):2006/12/29(金) 03:27:50.37 ID:+k9ePorxO
あげ

89 :美容師と初詣:2006/12/29(金) 03:49:20.80 ID:uXuiwjSf0
今読みオワタ
作者さん乙!
アヒャらないけどテンション高いつー、ってのは新鮮だた
地の文うまいな、是非爪の垢下さい

90 :美容師と初詣:2006/12/29(金) 03:54:34.63 ID:uXuiwjSf0
>>39
あと、揚げ足取るようだがアメジストは紫水晶じゃね?

91 :凧(赤):2006/12/29(金) 04:05:47.58 ID:M9df1qz40
おもしれえええええええ!!
続きwktk

92 :おせち(150j):2006/12/29(金) 05:00:52.19 ID:YRtWim8RO


93 :おみくじ(やぶれた):2006/12/29(金) 06:14:28.72 ID:OtSSLKpeO


94 :初夢(アキバでびゅーしてきた):2006/12/29(金) 08:40:21.65 ID:ZdPC+/HP0
ちゅる・・・・・・ツーに萌えたwwwwww

95 :おみくじ(大吉):2006/12/29(金) 09:24:05.40 ID:YMkxx6kXO


96 :恵比須(えびす):2006/12/29(金) 10:38:10.56 ID:5SPMMjYPO


97 :猪(ギター):2006/12/29(金) 11:21:19.70 ID:4MtzEloeO


98 :料理:2006/12/29(金) 12:31:10.84 ID:5sbnfksy0
>>85
ネットで小説投下すること自体初めてなんで間違いなく別人ですね

>>90
おっしゃるとおりです

黒水晶→紫水晶と変換していだたけるとありがたいです。


現在第4章の1/3まで執筆終了。
4・5・6と通して前半の山場になる予定です。

各章のプロットは出来ているのですが文章展開が難航中。

その原因の8割は

(*゚∀゚)←こいつです

なんとか本日中の投下を目指して。
途中経過でした。

99 :黒豆(五粒):2006/12/29(金) 12:53:37.14 ID:yUUHmnIjO
つーがまる子にしか見えない

100 :猪(ギター):2006/12/29(金) 13:15:23.53 ID:dmQxfDeX0
逆転裁判のオバちゃんを思い出したw

101 :書初め(今年書くぞー):2006/12/29(金) 13:28:41.98 ID:VUdd2rIgP
ツーの声がちゅるやさん以外の声で再生できなくなった件

102 :猪(ギャンブラー):2006/12/29(金) 13:33:50.91 ID:fVOl7hj40
wktkして待つ!

103 :1000ならクリスマス中止:2006/12/29(金) 14:23:16.71 ID:gUdQCPD0O
ξ゚听)ξ ハルヒ
(*゚ー゚) みくる
(*゚∀゚) ちゅるやさん


こんなかんじか?

104 :猪(青詐欺):2006/12/29(金) 15:31:08.53 ID:fVOl7hj40
ほしのあき

105 :猪(ドラム):2006/12/29(金) 15:49:08.29 ID:+k9ePorxO
>>103

長門はドクオか?

106 :猪(ノーパソ):2006/12/29(金) 16:17:01.05 ID:cJBXcpmU0
せめてクーにしとけやw

107 :おせち(8,000円):2006/12/29(金) 16:19:14.95 ID:Qmz5DIzbO
>>105
ぶち殺すぞwwww

乙!
あと作者無理に全レスしなくてもいいよ 面倒だと思うし 馴れ合いと見なされちゃうし

108 :猪(青詐欺):2006/12/29(金) 16:54:58.81 ID:urnN/J5E0
総合で…初めて見たときからずっと好きでした!!

109 :おせち(5,000円):2006/12/29(金) 17:24:51.14 ID:4MtzEloeO


110 :黒豆(九粒):2006/12/29(金) 17:28:44.40 ID:7jJTZBsgO
川 ゚ -゚)←長門

111 :初夢(正月からアニメ):2006/12/29(金) 17:49:28.48 ID:ZdPC+/HP0
長門問題は、貞子登場させたらノープロブレムじゃね?

112 :おせち(30,000ウォン):2006/12/29(金) 18:25:49.93 ID:WgNy88kZO


113 :丸煮もち:2006/12/29(金) 19:31:31.30 ID:5QWMroRHO


114 :料理:2006/12/29(金) 19:32:18.83 ID:5sbnfksy0
現在第4章必死に執筆中です。
遅筆で申し訳ありません。

30分毎にアナルに押し寄せるポロロッカと必死に戦いながらの執筆になりますので
どうかご勘弁ください。

投下は23時を予定しています。


115 :婦警さんと初詣:2006/12/29(金) 20:01:31.42 ID:w4UTlOl60
がんがれ

116 :しょうゆ出汁:2006/12/29(金) 20:49:25.94 ID:P2V1Uy5RO
ふあいと

117 :猪(子持ち):2006/12/29(金) 21:14:46.24 ID:fVOl7hj40
wktkして待つ!

118 :黒豆(万粒):2006/12/29(金) 21:50:33.57 ID:pk8UFox9O
あげ

119 :味噌出汁:2006/12/29(金) 22:21:13.01 ID:5sySd+CSO
保守

120 :書初め(女優になるんだ):2006/12/29(金) 22:38:03.25 ID:+k9ePorxO
投下直前wktk
サブタイトルはどんな意味があるんだぜ?

121 :猪(カビ):2006/12/29(金) 22:53:58.97 ID:fVOl7hj40
星の秋

122 :料理:2006/12/29(金) 23:04:11.01 ID:5sbnfksy0
ギリギリ23時間にあったぁぁぁぁぁぁ!!

文章の確認・訂正しながらの投下になりますので間隔があくかもしれませんが
ご容赦ください。

(*゚∀゚)←こいつが全部悪い


123 :料理:2006/12/29(金) 23:05:15.18 ID:5sbnfksy0


  第4章 ひとときの夢


 モップがけ。
この作業が単純なようで奥が深いのはやってみないと分からないだろう。
当然のようにツーさんはテーブルや椅子の下。
はたまた通路に飾られた子供一人すっぽり隠れられるサイズの花瓶の下まで拭き取るように説明してきたし、
水切り1つとってもコツを掴まないと通路はただ水をまいただけのような状態になってしまう。
そんなこんなで僕が念願の厨房に呼ばれたのは両腕が軽い筋肉痛を覚え始めた10:50。
開店10分前の事だった。

(*゚∀゚)『いやぁ、今までは今日教えたの全部あたしがやってたんだ!!
     ホンッッッッッッッッットに大助かりだよ!!』

やたらとハイテンションで見ているだけで疲れるタイプのツーさんだけど、
彼女がひまわりのような笑顔が似合う美人であるのには変わりなく手放しで褒められればそりゃ悪い気はしない。

(*゚∀゚)『今日はさっき言ったように洗い場の仕事から教えるさ!!
     そんなに難しくないからリラックスして聞いとくれっ!!
     でもココでしっかりやらないと次のステップに進めないからね!! 油断は禁物だよ!!』

コックコートの袖を丁寧にまくりながら話すツーさん。
もしかしたらこの人はおしゃべりをしながらでないと呼吸が出来ない病気なのかもしれない。

('A`)『・・・・・・』

その時ドクオは直径50センチ大のボウルに山と詰まれたゆで卵の殻を黙々と剥いていた。
この2人のテンションの落差はどうにかならないもんかね。

124 :巫女に初詣:2006/12/29(金) 23:11:57.92 ID:w4UTlOl60
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
つーかわいいよつー

125 :料理:2006/12/29(金) 23:12:33.93 ID:5sbnfksy0
 そうやってツーさんの生命維持活動に協力しつつ食器洗浄器の電源の場所などを教わっていると
客席から子犬がほえる様なキャイキャイ声が聞こえてきた。
いつどこでだれが任命したのかさっぱり記憶にないが、
自称・僕の専属コーチがそれを聞き逃す筈もなく更に舌の回転数を早めてくる。

(*゚∀゚)『やぁ、ホール組も集まってきたみたいだねっ!!
     あとで紹介してあげるけど変な事しちゃダメだよっ!!
     あ、あそこで無愛想にテーブルを拭いているのがツンちゃん!! 
     雑巾相手に愛想ふりまく必要はないけど、人間相手にする時はもうちょっと愛想良くしたほうがいいよねっ!!
     せっかく可愛いのにもったいないさ!! もったいないお化けが出るよ!!』

( *^ω^)(あ・・・あれは募集広告の・・・僕の天職が料理人ならこれはまさに運命の出会い・・・神が与えたフラグ・・・)

なんて考えながら「私はまだ眠いの!!話しかけないで!!」的オーラバリバリのツンさんを見つめていた僕だったけど、
ツーさんに無理矢理首を90度ほどねじられて視線を別対象に変えざるをえなかった。

(*゚∀゚)『見て!! あの子可愛いでしょ!! しぃちゃんって言うんだよ!!
     小さいでしょー!? 140ないんだって!! 小学生だよね!! でもあのおっぱい!! すごいよね!! 90はあるんじゃない!?
     所謂1つのロリ巨乳ってヤツ!? なんか悔しいなぁ!!
     ブラのサイズFカップだって!! ブーちゃんFカップって見たことある? 男視線的にFカップってどんな感じ!?
     今日はまだ来てないけどさ、この店にはおっぱいの専門家、いえ。アレは博士ね!! マスタークラスよ!!
     ってなんだっけ? そう、ジョルジュさん!! その人はおっぱいには夢が詰まってるって言うんだよ!!
     あ、今見比べたでしょ!? あたしだってFはないけど・・・』

と、一気にまくしたてたツーさんであるが、自分が勢いに任せて何を言おうとしたのか気付いたらしい。フリーズしてしまった。

( ^ω^)『Fはないけど・・・?』

(;*゚∀゚)『ないけど・・・。あ・・・誰にも言っちゃダメだよ』


126 :丸焼もち:2006/12/29(金) 23:16:39.19 ID:zJUNnnskO
作者とりつけてぇん(はぁt

127 :スルメ:2006/12/29(金) 23:16:52.08 ID:ixFNKyz8O
wktk

128 :おせち(12,000円):2006/12/29(金) 23:19:18.19 ID:+k9ePorxO
すでにツーが主役といっても過言ではないwww

129 :サトイモ:2006/12/29(金) 23:20:19.17 ID:CqSwKzwt0
ブーン、仕事超ガンガレ

130 :料理:2006/12/29(金) 23:20:55.06 ID:5sbnfksy0
 あのスーパーミラクルハイテンション娘が恥ずかしそうに声のトーンを落としている!!
嗚呼。素晴らしき哉、料理人の世界。
お母さん産んでくれてありがとう。

・・・と思いきや。

('A`)『・・・働け』

(;*゚∀゚)『にょろ〜ん』

( ;^ω^)(今にょろ〜んって言った!?)

それだけ言い残してドクオは殻を剥き終えた卵を持ち立ち去っていった。
あの卵は煮卵にするとの事だ。

(*゚∀゚)『ブーちゃん、ゴメンねっ!! ついはしゃぎすぎちゃったよ!!
     いやぁ、後輩が出来て嬉しくてねっ!!
     そろそろ真剣に仕事モードに切り替えるさ!!』

そう言ってツーさんは自身の両手の平をパチンと叩き合わせ
ありがたい物を拝むかのように頭を下げた。




こうして男のロマンについての話は終わってしまった。
もし機会があればドクオを泣き出すまで殴ってやりたい。
無言で。
淡々と。


131 :親父と初詣:2006/12/29(金) 23:21:35.48 ID:8dME8r0X0
ブーンがブーちゃん呼ばれてんの初めてみたw

132 :おせち(15,000円):2006/12/29(金) 23:21:44.15 ID:YltCo85WO
ちょwwwwwwwwwwwちゅるやさんktkr!!!!

133 :書初め(外に出たい):2006/12/29(金) 23:23:23.55 ID:+k9ePorxO
えぇい!
絵師はおらんのか!












にょろ〜ん

134 :小豆汁:2006/12/29(金) 23:29:14.89 ID:5sySd+CSO
リアルタイムktkr

135 :料理:2006/12/29(金) 23:31:42.32 ID:5sbnfksy0
 (*゚∀゚)『で、ここにホールから汚れたお皿やらがどんどん下げられてくるからさ!!
     それを種類毎に分けてお湯を張ったシンクに漬け込んでおくわけさ。
     そうすると汚れがふやけてくるから、そしたらこのラックに並べて食器洗浄器にGO!!
     基本はこれでOK!!
     洗浄器は中で高温高圧のシャワーを吹きかける仕組みになってるからそれだけでも汚れはすっ飛んじゃうよっ!!
     例外は乾いたご飯粒だね!! こいつだけはスポンジでこすらないとダメなんだ!!』

(*゚∀゚)『グラス類はあまり何度も高温のシャワーにかけるとダメになっちゃうからね!! 手洗いでヨロシク!!』

ドクオに注意された事が応えたのか、
あまり調子に乗りすぎると自身のプライベートまで暴露する可能性に気付いたのか
ツーさんは少し大人しくなった。まぁ、これでも十分騒がしいのだけれど。

業務用食器洗浄器といっても特殊な形をしているわけではなく
家庭用のそれを4まわりか5まわりほど大きくしただけなのだけれども、
どこからともなく姿を見せた料理長が

(´・ω・`)『昔はガソリンスタンドに置いてあるコイン式洗車機みたいな形でね。
      あれは車が固定されていて洗車機が移動していくけど、
      ちょうどその逆で洗浄器が固定されていてその中をレールに乗ったラックが移動していくシステムだったんだ。
      僕らも若い頃は仕事を終えるとシャワー代わりに使ったもんさ』

それだけ言って立ち去っていった。

( ;^ω^)『・・・何しに来たんだお』

(;*゚∀゚)『信じちゃダメだよ・・・あの年代の人は初めて食器洗浄器を使う人にあのネタを話したがるのがデフォらしいから』




136 :サトイモ:2006/12/29(金) 23:35:30.43 ID:CqSwKzwt0
作者さん、投下するの遅すぎですorz

137 :料理:2006/12/29(金) 23:37:13.70 ID:5sbnfksy0
 開店してから暫くの間は入客はほとんどなく、
スーツを着たサラリーマンがぽつぽつと訪れラーメンをすすって帰っていくだけだった。

(*゚∀゚)『この時間はまだまだ暇でしょ!!葱でも刻んでおくれよ!!
     こっちの青い部分は薬味に使うから小口切りにするんだっ!!
     白い部分は・・・こうやって開いて白髪葱にしておくれ!!
     包丁はこの牛刀を使っていいよ!! 店の備品だから遠慮しないでっ!!
     ブーちゃんMY包丁は持ってる? 料理人ならMY包丁はあったほうがいいよ!!
     うん、そんな感じ。ちょっと太いけどギリギリOKさっ!!』

僕が渡されたのはカーチャンが使っていたものよりはるかに長い30aほどの刃渡りをした包丁だった。
ずしりとした重みが右手に伝わる。

( ;^ω^)『けっこう重いお』

(*゚∀゚)『そうだね!! でもすぐ慣れるさ!!
     じゃ、今日はこれだけ目標でやってみよう!!』

そう言って僕の目の前で写真撮影でもするかのように2本指を立ててポーズを決めた。

( ^ω^)『え・・・と2本でいいんですかお?』

それなら楽勝、と僕の言葉が終わる前に

(*゚∀゚)『ブーちゃん冗談がうまいねっ!!
     でもそんなの10分で使いきっちまうよっ!!
     そこの隅に積んである葱2ケース、全部やっちゃおう!! 遠慮はしなくていいからね!!』

ってこれ何十本あるんだよ!!絶対無理だって!!
コレナンテイジメデスカ??

138 :料理:2006/12/29(金) 23:38:20.19 ID:5sbnfksy0
>>136

申し訳ないorz

ペース速めます

139 :書初め(子孫繁栄):2006/12/29(金) 23:38:43.64 ID:9Zxme5jpO
ツーを投下してみる。
少し失敗したが

http://p.pita.st/?m=fqiakq0j

140 :料理:2006/12/29(金) 23:41:12.52 ID:5sbnfksy0
 ・・・トンッ・・・・・・トンッ・・・・・・トンッ・・・・・・
僕がなれない包丁でおっかなびっくり葱を刻んでいる後ろを
ツーさんが小動物の軽快さで何度も往復している。
初めて持った大型の包丁は全く僕が意図するように動いてくれず、指を切らないようにするのが精一杯だった。

(*゚∀゚)『あたしはドクオ君の追い回しだからねっ!!』

(*゚∀゚)『追い回しって言うのは簡単に言えばフォロー役さ!!』

(*゚∀゚)『いつかドクオ君から麺場のポジションを奪い取ってやるんだ!!』

僕の意思に徹底的に逆らう包丁を力づくで動かしていると、
いつの間にか段々と客席が騒がしくなってきたので僕はホールを覗き込んだ。

ガラガラだったはずのテーブル席に次から次へと人が案内されていく。
自動ドアをくぐって入店したお客様を順番に席に振り分けていくのは募集広告のあの娘だ。

ξ^ー^)ξ『いらっしゃいませ。ご案内いたします』

ファーストフードショップで訓練された様な笑顔をふりまいている。
Yシャツの袖を肘まで捲り上げたショボンさんとしぃちゃんはテーブルの間を縫うように歩き回り
厨房からあがってきた丼を運んだり、
折りたたみ式の電子手帳‐ファミレスなんかで見たことがある‐を広げて注文を受けたりしている。
それに応じて、厨房とホールを挟み込むように設置されたカウンターテーブル上の小型プリンターが
電子音を響かせながら止まることなく伝票を吐き出し続けていた。

(*゚∀゚)『さぁ、忙しくなるよ!! ブーちゃん気合入れて頑張ろう!!』 

ツーさんが叫んだ。


141 :凧(ひもなし):2006/12/29(金) 23:43:39.89 ID:RvzxnVswO
>>138
外野の声に惑わされずに自分の一番やりやすいペースで投下するほうがいいと思う
誤字脱字を後で見つけたら結構がっくりくるし

142 :ハマグリ:2006/12/29(金) 23:44:09.79 ID:hBYn5SylO
>>139
重くて見れん…

先に乙しとくぜ

143 :料理:2006/12/29(金) 23:49:11.25 ID:5sbnfksy0
 ( ;^ω^)『・・・これは一体全体ちんぷんかんぷんなにがどうなっているんだお』

そんな事を言われても分からないと思うので説明しよう。
うん。何がなんだか僕にも分からない。

目の前のあるのは食器洗浄器に放り込まれる運命の皿や丼の山、山、山。
しょぼくれ眉毛が。おっぱい娘が。しかめっ面が。時には

(*゚∀゚)『いや〜悪いね!!』

なんて言いつつツーさんまでがノンストップで汚れ物を送り込んでくる。
たいして広くない汚れ物置きカウンターは目を離せばすぐに重ねあげられた食器の壁ができ、
僕はそれを片っ端からシンクに漬け込んでいく。
大人でもすっぽり入れるサイズのシンクでもすぐにいっぱいになってしまうので、
油ぎったお湯に肘まで突っ込み取り出しては次々ラックに並べ洗浄器に放り込む。
それだけでも頭が・・・それどころか髪の毛までが真っ白になるような忙しさなのに、

(´・ω・`)『グラスが足りないんだ。急いで頼むよ』

(*゚∀゚)『角皿と黒丼が全然ないんだっ!! 大至急お願い!!』

(*゚ー゚)『汚れ物たまってます。下げてください』

(´・ω・`)『すまない。レンゲを洗ってほしいんだが・・・』

とこんな感じで前から後ろから。右から左から催促がかかる。

( ;^ω^)『こ、こんなの聞いてないお』

新たな力に目覚めた主人公に秒殺される雑魚キャラっぽい台詞を吐きながら、僕は狭い洗い場を走り回った。

144 :おせち(30,000円):2006/12/29(金) 23:51:08.00 ID:aO/fFZNLO
追い付いた
wktk!

145 :料理:2006/12/29(金) 23:55:35.90 ID:5sbnfksy0
 (´・ω・`)『お疲れさん。今日は初日だしこの辺で終わりにしてあがろうか』

15:00
突然始まった混雑がようやく落ち着く頃、ようやく僕は解放された。

(*゚∀゚)『いやぁ、やるじゃん。初日でこれだけできれば十分だよ!!』

( ;^ω^)『ありがとうございますだお。でも言われた葱全然刻めませんでしたお』

('A`)『・・・気にするな。あとは俺がやっとく』

つか、なんだあの忙しさ!!
葱刻むってレベルじゃねーぞ!!

(*゚∀゚)『うん、あとはお姉さんたちに任せておきな!!』

( ^ω^)(・・・なんでこの人はこんなに元気が余ってるんだお?)

(*゚∀゚)『今日はわりかし暇でよかったよ!! 絶好のトレーニング日和だったんじゃないかな!!』

これで暇なのか・・・。
僕は一瞬不安になった。本当についていけるのか?
『天才料理人内藤ホライゾン伝説の幕開け』なんてフレーズは頭の片隅にも残っていない。

(´・ω・`)『うん。焦らなくていいから確実に仕事を覚えてほしい』

僕の心を見透かした風にショボンさんが言う。

ピカピカに光っていた筈のコックコートは汗と汚水と油で体に張り付き、
小学校の水彩画の時間に筆を洗ったバケツの水色に所々汚れが染み付いていた。

146 :スルメ:2006/12/29(金) 23:56:40.82 ID:NmvPjSWcO
http://m.pic.to/4ppoa
つー書いてみた
即興だからヘタクソだけどね
あとコック服よく分からんからうろ覚えで書いた

147 :初夢(蛇の夢):2006/12/29(金) 23:56:49.56 ID:Uew4L5gm0
あるあ・・・あるあるwww

洗い場のバイトやってるけど込んでるときテラヤバスwww
何グループもの客が同時に会計したら・・・

\(^o^)/オワル

148 :料理:2006/12/30(土) 00:03:14.67 ID:psNSxvjO0
 産まれたての子鹿状態の足をひきづってスタッフルームの扉をくぐった僕が見たのは、
きわどいチャイナドレスにもかかわらずパイプ椅子にあぐらをかいて座りテーブルにあごを乗せている女性だった。
栗色の髪をいかにも「テキトー」にゴムで纏め、難問を前にした数学者のような顔つきでテーブルに置かれたペットボトルを凝視している。

( ^ω^)『お疲れ様ですお』

ξ゚听)ξ『お疲れ』

( ^ω^)『・・・何してるんですかお』

ξ゚听)ξ『成分表示読んでる』

( ;^ω^)『・・・面白いですかお?』

ξ゚听)ξ『面白くないからこんな事してるの』

これ以上会話をしてもいいことがなさそうだ。僕の本能がそう告げていた。
おかしい? 全知全能の神が与えたもうたフラグがベキベキじゃないか・・・こんなバカな事があっていいはずがない!!

ξ゚听)ξ『ねぇ』

( ^ω^)『はいですお!!(再フラグktkr!!)』

ξ゚听)ξ『・・・着替えるならトイレで着替えてね。汚い物見たくないの』

( ;^ω^)『・・・はいですお』

僕は体にべったり張り付いたコックコートを引き剥がすように着替えた。
帰り道、膝が自分の物ではないように感じて自転車を真っ直ぐは知らせるだけでも困難だった。
帰ってすぐブログの更新をしたが、いつまでたってもコメントがないので諦めて寝る事にした。

149 :猪(24才):2006/12/30(土) 00:10:15.56 ID:BUc7CXMY0
料理屋でバイトすると手がありえないほどボロボロになるよな・・・

150 :料理:2006/12/30(土) 00:11:31.38 ID:psNSxvjO0
以上で第4章投下終了になります。

最後は
は知らせる→走らせる・・・ですね。
ここまできて誤字申し訳ないです。orz

まだ見れないのですが、このような駄作に絵師の皆様乙です。

次回投下は明日。
投下時刻は宣言しますが・・・多分これくらいになるかと。

本日はこれから第5章の作成にかかります。
予定では第4章の最後にちょっとしたイベントを考えていたのですが、
予想以上に長くなってしまった為持ち越しです。

まぁ、原因は(*゚∀゚)←この娘なのですが。

もしかしたら第5章投下までに筆休みがてらちょっとした裏話を投下するかもしれません。

本日も支援ありがとうございました。

151 :猪(ピンク):2006/12/30(土) 00:11:50.12 ID:e87+/04r0
爪がやわくなる・・・

152 :おせち(15,000円):2006/12/30(土) 00:12:59.60 ID:47iD6e8jO
乙!

153 :黒豆(一粒):2006/12/30(土) 00:13:01.49 ID:ggBY8oAxO
乙!

154 :おみくじ(犬吉):2006/12/30(土) 00:13:07.91 ID:ZRQUddTyO
乙〜続き期待。
あと投下はマイペースでおk

155 :猪(赤詐欺):2006/12/30(土) 00:14:34.76 ID:o24r2NspO


156 :猪(24才):2006/12/30(土) 00:16:27.97 ID:BUc7CXMY0
乙〜

157 :猪(♀):2006/12/30(土) 00:17:41.42 ID:otHXpRG80
ものっそい勢いで更新
http://plaza.rakuten.co.jp/uzakopr/42000

158 :料理:2006/12/30(土) 00:18:32.18 ID:psNSxvjO0
同業経験者さんの『あるあるwww』は正直嬉しいです。
ホントは未経験者でも頭にイメージが沸くようにしなくちゃなんですけどね。

ちなみに↑でちょっと出てたサブタイトル。
ブルーハーツの曲が元ネタです。

159 :VIP皇帝:2006/12/30(土) 00:20:31.31 ID:t7kJ/sca0
乙ー。
さーて読むか

160 :おせち(15,000円):2006/12/30(土) 00:23:53.40 ID:3nWOrrOBO
>>158
トリップ(・∀・)つけて!

161 :猪(停学中):2006/12/30(土) 00:45:57.07 ID:MtyCzAx3O
>>1


162 :塩ブリ:2006/12/30(土) 00:55:17.02 ID:WjUKbM6z0

こーゆうの好きだなwほのぼのしててw

163 :おせち(8,000円):2006/12/30(土) 00:59:46.08 ID:7eYbG+VIO
てっきりツーは仕事モードに入ると

(*゚∀゚)「オラちんたらやってんじゃないよ!!!!次くるよ次ィ!!!」

(;^ω^)「しぃましぇ〜ん」



になるかとオモタ

164 :おせち(10,000円):2006/12/30(土) 01:00:53.63 ID:aZED+rOc0
おもしれーな乙!

165 :VIP皇帝:2006/12/30(土) 01:02:33.04 ID:u4h1wY3S0
>>158
乙ですた
俺バンドやってるんだけど
この前のライブで人にやさしくやった直後だったからちょっと嬉しくなったwww

166 :猪(ケツ拭くの忘れた):2006/12/30(土) 01:15:36.62 ID:431gbWQC0
つーに萌えた。これからもあのテンションよろしく><

167 :書初め(一人身脱却):2006/12/30(土) 01:29:01.56 ID:1AycnwZV0
「あるあるwww」が多すぎてなんと言えばいいやらw
中華包丁慣れるまでめんどいんだヨネ・・・(´・ω・`)

168 :猪(停学中):2006/12/30(土) 01:40:25.31 ID:Syqd1QnXO
超乙!
読んでいてブーンの慌てている情景が目に浮かんだ

169 :料理:2006/12/30(土) 01:47:57.45 ID:psNSxvjO0
ちょっとした裏話投下してみる

170 :おせち(10,000円):2006/12/30(土) 01:48:55.59 ID:aZED+rOc0
支援は任せろ

171 :(*゚∀゚)が暴露するようです:2006/12/30(土) 01:49:50.79 ID:psNSxvjO0
草木も眠る丑三つ時という言葉がある。
丑三つ時といえば現在の時刻に換算すると午前3:00〜3:30にあたる。
街灯なんてもんが存在しなかった江戸時代は当然として、
現代においても丑三つ時は活動するべき時間ではない。
・・・にも関わらず、ここ。VIP市某所の1ルームマンションでは
2人の乙女がテーブルに大量のお菓子を広げて酒宴も酣状態であった・・・。

(*゚∀゚)『こんばんみー!! 影の主役ことツーちゃんで〜す!!』

(;*゚ー゚)『あんた突然何言ってるの?』

(*゚∀゚)『細かい事は気にしないの!! 大物になれないわよ!! あ、胸は大物かwwwきゃはははは!!』

(*゚ー゚)『黙らないと殺すわよ・・・』

(*゚∀゚)『・・・にょろ〜ん・・・』

目の前の爆弾テンション娘が静かになったのに満足したのか、しぃはグラスに注がれたオレンジジュースを口に含んだ。
しぃは一口も酒を飲んでいない。
だと言うのにこんな時間まで他愛無いお喋りで盛り上がれるのは彼女の若さも一因であろう。

(*゚ー゚)『で、支援してくれた人たちに対するお礼として製作裏話って事なんだけど?☆』

(*゚∀゚)『作者もバカよね〜!! 本当に感謝するならこんな小ネタ書いてないでもっと投下数増やせばいいじゃん!!
     第5章も全然書いてないんでしょ?』

はい、ごめんなさい。
ちょっとした気分転換なんです・・・。



172 :(*゚∀゚)が暴露するようです:2006/12/30(土) 01:51:49.88 ID:psNSxvjO0
(*゚ー゚)『これで明日第5章しっかり投下できなかったら罰ゲームもんだよね☆』

怖い事言わないで下さい。

(*゚∀゚)『今日だって誤字ったし!! 次誤字ったら一日リアルであたしの口調で話さなきゃダメの刑だね!!』

それじゃ痛い人です。勘弁してください。

(*゚ー゚)『本題に戻るけどさ、製作裏話って何をすればいいの?☆』

(*゚∀゚)『そうだなぁ・・・じゃ、【( ^ω^)が料理人になるようです】がこうして皆さんに見てもらえるまでの経緯って知ってる?』

(*゚ー゚)『確か・・・総合・練習スレに短編として発表されたのが始まりだよね☆』

(*゚∀゚)『そう!! 短編って言っても作者の頭の中にはすでに長編のプロットがあったらしいけどね!!』

(*゚ー゚)『で、翌日に本編第1章を総合スレに投下した後、新スレとして独立したわけだ☆』

(*゚∀゚)『チキンな作者のやりそうなことだねっ!!』

チキンですいません。

(*゚ー゚)『最初に発表した短編は今の長編と関係ない世界の話になるの?☆』

(*゚∀゚)『いや、短編は現在投下中の長編の番外編的位置づけにあるらしいよ!!
     そこにも本編に絡む伏線が張ってあるから時期を見て再投下するんじゃないかなっ!!』

(*゚ー゚)『・・・つまり使いまわしか・・・』


173 :(*゚∀゚)が暴露するようです:2006/12/30(土) 01:53:42.72 ID:psNSxvjO0
(*゚ー゚)『・・・って事は、本編より番外編が先に発表されたって事? 順番滅茶苦茶じゃん☆』

(*゚∀゚)『それについては作者本人に聞かないと!!』

いいじゃん。ハルヒだって憂鬱より退屈が先に公開されたんだし。

(*゚ー゚)『・・・あっ、そう・・・』

(*゚∀゚)『それよりも!! 実は元々【( ^ω^)が料理人になるようです】
     は現在投下されてるのとは全く別の形でプロットが作られてたのは知ってた?』

(*゚ー゚)*゚ー゚)*゚ー゚)『な、なんだってーーーーーー』

(;*゚∀゚)『・・・何それ』

(*゚ー゚)『鏡☆』

(*゚∀゚)(説明しないと分からないネタやらないでよ・・・)

(*゚ー゚)『なんでその話は投下されなかったの? 貧乏性の作者なら何とか使いまわすはずなのに☆』

(*゚∀゚)『見れば分かるよ。ではVTRスタート!!』

(;*゚ー゚)(・・・酔ってるのかな?)







174 :(*゚∀゚)が暴露するようです:2006/12/30(土) 01:55:16.15 ID:psNSxvjO0
     ( ^ω^)が料理人になるようです・エピソード0

( ^ω^)『僕の名前は内藤ホライゾン。県立VIP高校に通う2年生だお』

('A`)『あ〜、腹減った。ブーン、ラーメン食べて帰ろうぜ』

( ^ω^)『把握したwww』

夢中でラーメンをすする二人。

( ^ω^)『旨かったお』

('A`)『あ、財布忘れた』

( ^ω^)『僕もだお』

(´・ω・`)『2人とも食い逃げか?通報されたくなかったら食べた分働いてもらおうか』

( ^ω^)'A`)『wwwサーセンwww』

皿洗いをさせられるブーンとドクオ

ξ゚听)ξ『なんですか店長、こいつら』

( ^ω^)『ずっきゅーーーーーん 一目ぼれだお』

( ^ω^)『決めたお!! 僕は料理人になるお!!』


              

175 :猪(黒板係り):2006/12/30(土) 01:55:18.54 ID:ZRQUddTyO
wktk

176 :(*゚∀゚)が暴露するようです:2006/12/30(土) 01:56:16.74 ID:psNSxvjO0
(;*゚ー゚)『・・・・・・』

(;*゚∀゚)『・・・・・・』

(*゚ー゚)*゚∀゚)『  こ  れ  は  酷  い  』

すいません。
流石にここまで酷くありませんが、これに極めて近かったのは本当です。

(*゚∀゚)『作者はちょっとしたレシピなんかも発表するつもりだったらしいけどね!!』

(*゚ー゚)『・・・いや、でもこれじゃ読者はwktkしないでしょ・・・』

(*゚∀゚)『うん!! 作者も自分で考えてこれじゃ読者はついて来ないだろなって気付いたらしいよ!!』

(*゚ー゚)『早く気付いてよかったね・・・』

(*゚∀゚)『それで作者はプロットを立て直すんだけどさ!!』

続きはまた明日・・・ってヤツですね。

(*゚ー゚)*゚∀゚)『その通りでございます!!☆』






                              乙女たちの宴はさらに続く


177 :牡蠣:2006/12/30(土) 01:56:51.79 ID:WjUKbM6z0
C

178 :おみくじ(人吉):2006/12/30(土) 01:58:06.48 ID:ZRQUddTyO


179 :おせち(10,000円):2006/12/30(土) 01:58:21.22 ID:aZED+rOc0
支援…って終わりかい!

180 :料理:2006/12/30(土) 01:59:50.39 ID:psNSxvjO0
以上、製作裏話でした。

ただ裏話を公開しただけでは
興味のない読者さんにとって作者のオナニーになってしまうので
番外編的ポジションにしてみました。

それでは本編執筆に戻ります。
お目汚し失礼しました

181 :黒豆(三粒):2006/12/30(土) 02:00:25.34 ID:ggBY8oAxO
乙。
>>174だったらカオス系になりそうだwwwwww

182 :おせち(15,000円):2006/12/30(土) 02:01:04.54 ID:8c54eH7XO
こんな時間に保守組を楽しませてくれる作者に惚れた



183 :あしたこそ初詣:2006/12/30(土) 02:07:35.89 ID:7yoJ2lnx0
おkおkこういうのもおいしいぜ


184 :ゴボウ:2006/12/30(土) 02:24:41.07 ID:WjUKbM6z0
1:温たたたたかいご飯を多めによそいます
2:鰹節をいっっっっぱいかけます
3:しょうゆもいっぱぱぱいかけます
4:まぜます
5:食います
6:うまい


185 :猪(里に下りてきた):2006/12/30(土) 02:56:14.12 ID:431gbWQC0
1.温かいご飯を茶碗にこんもりよそいます。
2.大さじ一杯のバターを乗せます。
3.バターがほどよく溶けるまでまぜます。
4.適量のしょうゆをかけます。
5.まぜます。
6.かき込むように食います。
7.旨い。いやマジで。

186 :丸焼もち:2006/12/30(土) 03:03:09.25 ID:LiOIEHGA0
>>184 >>185
両方とも俺がよく作る朝飯だ。ばかうま

187 :ミツバ:2006/12/30(土) 03:09:08.30 ID:WjUKbM6z0
      □
    / ̄\
   / ̄ ̄ ̄\
.  |       |
.  |       |
..  \    ../
     ̄ ̄ ̄

188 :猪(ほろよい):2006/12/30(土) 03:33:45.47 ID:t7kJ/sca0
乙。
裏話面白かったよ!

189 :猪(筋肉質):2006/12/30(土) 04:17:05.16 ID:t7kJ/sca0


190 :猪(病気がち):2006/12/30(土) 04:44:31.62 ID:yAXgm8dl0
夜――目覚めたんだ!

これは保守せよとの神のお告げに違いない!!!



・・・・・・胃がムカムカしておもっきりやっちまったorz

191 :猪(黄色):2006/12/30(土) 05:20:09.65 ID:XYTdT9nu0


192 :初夢(すべてが夢):2006/12/30(土) 05:26:41.67 ID:KnXQYOXp0
http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_0447.jpg

別のを製作中だというのにつーが可愛すぎて描かずにいられなかった
反省なんかしない


にょろ〜ん

193 :料理:2006/12/30(土) 05:36:19.16 ID:psNSxvjO0
あまりに脳内設定どおりで驚いたwww

194 :猪(vipper):2006/12/30(土) 07:00:10.93 ID:OZ10Cry8O
保守

195 :黒豆(一粒):2006/12/30(土) 08:06:07.88 ID:GYpbumROO
ここは酷い馴れ合いスレですね

196 :黒豆(六粒):2006/12/30(土) 08:11:43.13 ID:UDKGWHHyO
お…惹かれそうなのきてるー!
自分の職業でブーン小説ってなんかうれしw

197 :猪(黒板係り):2006/12/30(土) 09:17:18.37 ID:IOGjCVmd0


198 :黒豆(一粒):2006/12/30(土) 09:56:35.47 ID:NeAs6a2kO
おもすれー

199 :猪(ギター):2006/12/30(土) 10:05:07.96 ID:MtyCzAx3O
これはいい

200 :おせち(200円):2006/12/30(土) 11:49:25.69 ID:2QW45Dzu0
保守

201 :猪(ドラム):2006/12/30(土) 12:34:07.14 ID:Syqd1QnXO
保守

202 :布袋(ほてい):2006/12/30(土) 13:41:44.35 ID:T3v4wHylO
保守

203 :福禄寿(ふくろくじゅ):2006/12/30(土) 14:19:45.39 ID:lBdKGZGn0
保守

204 :1000ならクリスマス中止:2006/12/30(土) 14:36:42.96 ID:rOBYIc6TO
ホm......保守

205 :福禄寿(ふくろくじゅ):2006/12/30(土) 14:58:09.58 ID:lBdKGZGn0
ほーっほっほっほっ…保守

206 :書初め(虫よけスプレー):2006/12/30(土) 15:17:08.26 ID:MtyCzAx3O
ホルモン…HOSHU

207 :布袋(ほてい):2006/12/30(土) 15:38:17.74 ID:Kefz7T4D0
誰も来ない

208 :猪(巨乳):2006/12/30(土) 15:41:41.18 ID:IOGjCVmd0
来てどうしろと

209 :布袋(ほてい):2006/12/30(土) 15:41:57.39 ID:Kefz7T4D0
俺の飯作れよ

210 :猪(巨乳):2006/12/30(土) 15:45:18.30 ID:IOGjCVmd0
    へ          へ|\ へ     √ ̄|        へ
   ( レ⌒)  |\   ( |\)| |/~|  ノ ,__√    /7 ∠、 \ .  丶\      _ __
|\_/  /へ_ \)   | |   | |∠  | |__   | /   !  |     | |_〜、  レ' レ'
\_./| |/   \     .| |( ̄  _) |     )  | |    i  |  へ_,/    ノ   ,へ
  /  / ̄~ヽ ヽ.   | | フ  ヽ、 ノ √| |   ! レノ  |  !. \_  ー ̄_,ー~'  )
 / /| |   | |   | |( ノ| |`、) i ノ  | |   \_ノ  ノ /    フ ! (~~_,,,,/ノ/
 | |  | |   / /    | | .  し'  ノ ノ   | |       / /     | |   ̄
 \\ノ |  / /      | |___∠-".   | |      ノ /       ノ |  /(
  \_ノ_/ /     (____)     し'      ノ/      / /  | 〜-,,,__
     ∠-''~                        ノ/         (_ノ   〜ー、、__) 

211 :布袋(ほてい):2006/12/30(土) 15:51:40.09 ID:Kefz7T4D0
もういい!自分で作る!

212 :料理:2006/12/30(土) 16:03:32.22 ID:psNSxvjO0
何のコントだwww

第5章完成間近!!

見直しの時間を含めても18:00頃に投下できるかも。



213 :角煮もち:2006/12/30(土) 16:04:42.55 ID:rOBYIc6TO
18時か...おk!!!

ワクワクテカテカ

214 :角焼もち:2006/12/30(土) 16:08:54.34 ID:nhSamXdjO
来年からホテルの厨房に勤める俺が保守

215 :猪(おもらし君):2006/12/30(土) 16:10:42.42 ID:S1J/wtCXO
>>212
把握!

216 :弁天(べんてん):2006/12/30(土) 16:53:39.87 ID:TKS4TQp/O
たまに、米にごま油かけて食ったりしてる俺はこういうのを見てメシにバリエーションをつけないといけないな

217 :福禄寿(ふくろくじゅ):2006/12/30(土) 16:57:36.78 ID:Kefz7T4D0
>>214一人暮らししても困らなさそうだ

218 :角焼もち:2006/12/30(土) 17:07:21.60 ID:UDKGWHHyO
黒ボタンのコックコートがいいなぁ…真っ白だとなんとなく味気ないんだよ。
んで初心者にいきなり30cm牛刀なんてきついことをw


219 :2Get!!:2006/12/30(土) 17:25:20.43 ID:lBdKGZGn0
日付変わる前に酉つけるといいぜー

>>216
ご飯に醤油とごままぜてかけるとうまいぜ

220 :猪(停学中):2006/12/30(土) 17:49:05.18 ID:t7kJ/sca0
あと11分wktk

221 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 17:49:06.43 ID:psNSxvjO0
よぉっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

間に合ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

なんとか第5章完成。

予定通り投下します。

222 :寿老人(じゅろうじん):2006/12/30(土) 17:54:44.19 ID:Kefz7T4D0
Cするか

223 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 17:59:39.86 ID:psNSxvjO0
では、投下開始します。

ちょっと長いけど・・・。

224 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:00:30.50 ID:psNSxvjO0


     第5章 ロマンチック


僕がバーボンハウスに勤めだしてから何日か過ぎた。
何日かなんてあいまいな表現をされてもしっくりこない、と言うなら1週間以上2週間未満と言い換えてもいい。

とにかくこの間。
僕は便器にこびりついた汚れをそぎ落とし、誰もが靴を履いたまま歩き回る床にモップをかけ、
葱を刻み、狭い洗い場を右往左往し、
バケツで汚水をぶっ掛けられたように全身水浸しになる頃ようやく解放される。
そんな生活を繰り返していた。

勿論ツーさんの一人漫才に耳を傾けたり、空想の中でしぃちゃんの胸に顔を挟み込んだり、
何もしてないのにツンさんに睨まれたりするのは
1年以上異性と関わりを持たない生活をしてきた年齢=童貞にとって
ちょっとしたレボリューションではあったけれどもとにかく単調な1日をループする日々だった。

ブログのチェックも毎日欠かさない。
しかし、4日目にして早くもネタに詰まり更新が止まったブログに興味を示す暇人はこの日本中にそう多くないらしく、
アクセスカウンターの開店は連日1桁止まり。コメントは初日に1件あったのみで完全に停滞している。

出勤初日こそ慣れない仕事の連続で自信を失っていた僕だけれども
日を重ねる毎に『天才料理人の本業は掃除や皿洗いではないのではないか?』と言う考えにたどりつくに到り、
毎晩の食事をコンビニで購入した冷凍ピラフをフライパンで炒めながら醤油や黒胡椒でアレンジしたりして

( ^ω^)『うまいおwwwやっぱり僕って天才だったんだおwww』

などと半ば妄想的な思い込みで自分を過大評価していた。

225 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:02:29.14 ID:psNSxvjO0
 そんなある日のことだった。

( ,,゚Д゚)『おい。内藤、ちょっと待て』

いつもの様にランチタイムの喧騒をなんとか乗り切り厨房を出ようとしていた僕は
入れ替わりで出勤してきたコックに呼び止められた。
中肉中背、全スタッフ内でショボンさんに次いで年長者のこの男は
冷菜担当スタッフとしてショボンさんが頼み込んで籍を置いてもらっているとツーさんから聞いた記憶がある。
派手な金髪と両耳に隙間なくつけられたピアス。僕の苦手なタイプだ。
名前はなんていったっけ?

( ,,゚Д゚)『お前、これ見ろ』

すごく・・・大きいです・・・などと言える空気ではないらしい。
指差した先にあるのは僕が今の今まで悪戦苦闘していた洗い場だった。

( ,,゚Д゚)『シンクにベットリ油カスがこびりついてるよな?ゴミだってたまってるじゃねぇか?
     引継ぎの際は自分が汚した場所は綺麗にして引き継ぐ。それが常識ってもんじゃねぇのか?』

掃除してゴミ捨てろ。つまりはそう言いたいらしい。
だったらストレートに言えばいい。回りくどい言い方が嫌味に聞こえた。第一僕はもう勤務時間外なんだ。

( ^ω^)『・・・終わりましたお』

( ,,゚Д゚)『終わったか。じゃあ包丁持って来い。葱2ケース。全部切り終わるまで帰ることは許さん』

なんだコイツ?
その傲慢な物言いにアドレナリン値が急上昇するのが分かった。



226 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:02:35.80 ID:Kefz7T4D0


227 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:02:53.65 ID:Kefz7T4D0
人いなすwwwwww

228 :丸煮もち:2006/12/30(土) 18:04:12.78 ID:rOBYIc6TO
ホントに18時投下だなww
wktk

229 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:04:35.92 ID:psNSxvjO0
('A`)『ちょっと待ってくれ、ギコ』

そうだった。こいつの名前はギコだ。ドクオの後ろではツーさんが助けを求めるようにキョロキョロしている。

('A`)『そいつはまだ入って2週間もたっていないんだ。その仕事は俺がやる。だから・・・』

( ,,゚Д゚)『黙れドクオ』

('A`)『・・・・・・!!』

( ,,゚Д゚)『内藤がまだ入社したばかりなのは知っている。
      トレーニングを任されたお前が自分の休憩時間を削ってこいつのフォローをしている事にも口は挟まん。
     俺が問題視しているのはこいつの勤務態度だ。俺は1週間我慢した。でもコイツには一切の進歩が。進歩しようと言う気持ちが感じ取れん。
     俺はそんなヤツと仕事はしたくない。文句があるなら辞めてもらって結構だ』

やる気がないじゃわけじゃない。仕方ないじゃないか。

(´・ω・`)『ドクオ。済まないがギコの言う事にも一理ある』

そう言ってきたのはショボンさんだ。

(´・ω・`)『内藤君。そういうわけだ。僕は何も結果だけで全てを評価する気はない。でも、ギコの言葉を否定したいなら形で示してほしい』

( #^ω^)『・・・分かりましたお』

僕は渋々包丁を取り出しまな板の前に立った。

('A`)『・・・手伝う』

ドクオがそれだけ言って僕の横にまな板を持ってきて、僕らは2人並んで葱を刻み始めた。

230 :黒豆(百粒):2006/12/30(土) 18:05:49.28 ID:GQBpAE82O


231 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:06:15.23 ID:psNSxvjO0
 ( #^ω^)『・・・くそっ・・・くそっ・・・』

以前よりマシになったにしろ、僕は未だに重すぎる包丁を扱いきれずにいた。
さらにどうやらまな板の中央が磨り減っているらしく、どんなに力をこめても葱は暖簾状にくっついてしまうのだ。

横を見ればドクオは5本の葱を纏めて小口切りにしている。
そのリズムは軽快で尚更僕を苛立たせた。

('A`)『・・・切れねぇか?』

手を休めずにドクオが話しかけてくる。

( ;^ω^)『どうやらまな板が凹んでるみたいでうまく切れないお』

飾り包丁だな。そんな冗談だか真面目だか分からない、
もしかしたらこの弓状列島のごく一部では大爆笑かもしれない言葉を呟きドクオは手を止めた。

('A`)『場所変わろう。こっちのまな板でやってみろ』

しかしそれでも結果は同じだった。
常に一定のリズムで包丁を前後させるドクオ。
呪いの言葉を吐きかけながら包丁に遊ばれている僕。

切り終わった葱の1片だけを見ても違いは素人目でも分かる。
1_にも満たない薄さで形を保ったままのがドクオ。
いいトコ2_の厚さで潰れているのが僕。

( #^ω^)『くそっ!! いいかげんちゃんと切れるお!! このバカ包丁!!』

焦れば焦るほど。苛立てば苛立つほど切れ味を鈍らせる包丁を見て、僕は『この包丁はダメだ』と結論を出した。

232 :丸煮もち:2006/12/30(土) 18:06:31.13 ID:rOBYIc6TO
これは勉強が捗らないぞwwww

233 :猪(大人):2006/12/30(土) 18:06:36.40 ID:t7kJ/sca0
ドクオいい人

234 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:06:53.49 ID:Kefz7T4D0
よみたい

235 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:07:43.24 ID:psNSxvjO0
 ( #^ω^)『ドクオ』

なんだ?
卓越したピアノの演奏家のように腕を動かしリズムを奏でつつドクオが返答する。

( #^ω^)『どうやらダメなのはまな板よりも包丁みたいだお。交換してくれないかお?』

('A`)『でも・・・』

言いたい事は分かる。
ドクオが使っているのはどうやらドクオ個人の私物らしき中華包丁。
僕の手にある牛刀とは全く形状が違う。

ちゃんと使えるのか?

言葉には出さなくても戸惑いを見せる目がそう語っていた。

( #^ω^)『こんなに切れない包丁じゃ仕事にならないお』

どのみち、この牛刀ですら使いこなせていないのだ。
であれば切れ味がいい包丁を使ったほうが作業効率はいいはず。

( ^ω^)『・・・お願いだお』

しつこい僕にドクオは溜息を1つ。。

('A`)『俺の宝だ。大切に使ってくれ』

小さく首を振りながらそう答えた。

236 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:08:41.99 ID:Kefz7T4D0
うぐう

237 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:08:50.48 ID:psNSxvjO0
 単刀直入に結果から言おう。
うん。何も変わらなかった。
牛刀以上に重みを持ち握りの高さがある独特の形をした中華包丁は僕に扱える代物ではなく、
指を切らないようにするのが精一杯。
普段オナヌーで鍛え上げていた筈の手首も悲鳴をあげ始めていた。
半ば無理矢理交換してもらった手前、ドクオに再交換を申し出るのも気が引ける。
そのドクオも丁寧な仕事振りは健在とはいえ
切れ味が悪い包丁のせいか、久々に握った様子の牛刀のせいか見るからにペースが落ちていた。

( #^ω^)『くそ・・・なんで僕がこんな目に・・・』

僕は料理をしたいからここに入社したんだ。葱を切る為に入社したわけじゃない。
右も左も分からない僕に無理難題を押し付けても出来る訳ない。考えればすぐに分かることじゃないか。
第一僕はもう勤務時間外なんだ。労働基準法違反で訴えてやる。
それにしてもムカつくのはあの金髪DQNだ。
・・・くそっ。
・・・くそっ。・・・くそっ。
・・・くそっ。・・・くそっ。・・・くそっ。

( ,,゚Д゚)『いつまでタラタラやってんだ!! じじいのファックの方がまだ気合入ってるぞ!!』

             プチン
僕の中で何かが切れる音。

( #°ω°)『うるさいお!! 今やってr』

僕の右手に何かがぶつかった感覚がした。
え・・・?
まな板に置いた筈のそれはすいこまれる様に床に落下していく・・・。


238 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:09:44.38 ID:Kefz7T4D0


239 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:10:51.81 ID:psNSxvjO0
第5章は以上になり・・・嘘です。






アナルが破裂しそうだと言い残してちょっと間が空きます

240 :丸煮もち:2006/12/30(土) 18:12:12.48 ID:rOBYIc6TO
アナル頑張れ!

241 :角煮もち:2006/12/30(土) 18:12:23.16 ID:UDKGWHHyO
あまずっぺーな思い出。あるあるw

242 :おせち(10,000円):2006/12/30(土) 18:12:33.29 ID:MtyCzAx3O
アナル保守

243 :猪(大人):2006/12/30(土) 18:12:37.27 ID:t7kJ/sca0
おk

244 :猪(乱視):2006/12/30(土) 18:13:25.47 ID:e87+/04r0
なんか見てて落ち込んでくるわ・・・

245 :黒豆(百粒):2006/12/30(土) 18:14:53.58 ID:GQBpAE82O
その現象は尻こ玉って言うんだよ
ソース
http://www.55mth.com/ryotoday/index.php?n=20061220

246 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:15:09.32 ID:psNSxvjO0
ただいま。

危ないトコだったぜ・・・


再開します

247 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:15:34.57 ID:6/8wkOJc0
頼む…急いでくれ…このままでは
俺はwktkしすぎて死ぬ

248 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:15:47.38 ID:6/8wkOJc0
頼む…急いでくれ…このままでは
俺はwktkしすぎて死ぬ

249 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:16:11.68 ID:psNSxvjO0
 重力に引かれ落下したそれは衝突の後1回・2回と床に弾み、まるで余韻を楽しむかのように数度コンクリートの床上で踊った。
妙にゆっくり目に映っていたはずなのに僕はそれを呆然と見つめるだけ。
そう。それはドクオの中華包丁。

( ;°ω°)『あ・・・あ・・・』

水浸しの床に膝を付き自らの宝物と言っていたそれを拾い上げるドクオ。ここから見ても刃先が大きく欠けているのが分かる。

( ,,゚Д゚)『・・・内藤・・・てめぇ・・・』

( ;°ω°)『僕が・・・僕が悪いんじゃないお』

ドクオは俯き包丁を見つめたまま顔を上げる気配もない。

('A`)『・・・黙れ』

( ;°ω°)『べ、弁償するお・・・だから・・・』

('A`)『黙れって言ってるだろ!!!!!』

空気が震えた。その大声に何事かとホールから覗き込まれる。

( ,,゚Д゚)『・・・内藤。お前今日は帰れ。明日までに頭冷やして来い』

僕が・・・僕が悪いのか? 僕は・・・僕は何も・・・

( ;°ω°)『う・・・う・・・う・・・うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ』

僕は叫び誰かを弾き飛ばし厨房を逃げ出た。
もう嫌だ・・・こんなバカな事やってられない・・・辞めてやる・・・辞めてやる・・・。

250 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:16:23.06 ID:6/8wkOJc0
二重orz

251 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:16:27.12 ID:Kefz7T4D0
( #°ω°)の目は( #゚ω゚)の方がいいな
横からごめんね

252 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:17:15.25 ID:psNSxvjO0











              僕が翌日部屋から出る事はなかった。
              何度も何度も携帯が鳴っていたけど全て無視した。
              床に吸い込まれていく包丁。
              初めて聞いたドクオの大声。
              それが延々とフラッシュバックする。
              怖くて怖くて一日中布団の中で膝を抱え震えて過ごした。














253 :黒豆(万粒):2006/12/30(土) 18:17:43.33 ID:3nWOrrOBO
>>251
なら全作者に言ってくれ
今ではほとんどの作者が全角の目なんだ

254 :猪(友達がvipper):2006/12/30(土) 18:18:41.38 ID:IOGjCVmd0
ってか、 正 社 員 だったん?

255 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:18:51.30 ID:psNSxvjO0
全ての営業を終え客席の明かりも全て消えたバーボンハウス。
厨房の片隅だけ明かりを灯し、なにやら一心不乱に作業する細身の男がいた。

(*゚∀゚)『ドクオ君・・・もう帰ろう』

無言。

(*゚∀゚)『言いたくないけどさ・・・ステンレスでそんなに大きく欠けたら個人じゃ治せないよ・・・』

返答はない。

(*゚∀゚)『ドクオ君まで体壊しちゃうよ・・・昨日も徹夜でそれやってたんでしょ』

沈黙。

(*゚∀゚)『今度のお休みに業者さんに頼もう? ね?』

('A`)『・・・ツー。悪いけど放っておいてくれないか?』

その言葉からは自らの考えを曲げようとしない強い意志が感じ取れる。

(*゚∀゚)『わ・・・わかったよっ!! バースペースで待ってるから帰る時呼んでねっ!!』

それだけ言い残してツーは厨房を飛び出た。

ドクオの耳にその言葉が入ったかは分からない。

ただ、彼はひたすらに包丁を研ぎ続けた。
ごめんな・・・ごめんな・・・と呟きながら。


256 :黒豆(万粒):2006/12/30(土) 18:19:35.30 ID:3nWOrrOBO
>>254
>>20

257 :コンブ:2006/12/30(土) 18:20:00.70 ID:Kijn9X/m0
ドクオーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!

258 :丸煮もち:2006/12/30(土) 18:21:18.50 ID:rOBYIc6TO
夕食だからあまり投下するな......(無理だろ

259 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:21:22.07 ID:6/8wkOJc0
あれ、社員研修中のバイトって事じゃないん?

260 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:21:48.47 ID:psNSxvjO0
 バーボンハウスの売り物の1つが一流ホテルにも引けを取らないバースペースだ。
世界各国から取り寄せた酒類・特にバーボンの品揃えには自信があったし、
物静かにシェイカーを振るう女性バーテンダーの技量はバー経営者ならどんな手段を使ってでも引き抜きたい、
そう思わせるに十分なものであった。

このバースペースは一日の仕事を終えたスタッフの溜まり場としても有効利用されているようで、
宝石の輝きをした瞳のバーテンダーを前に、カウンターテーブルに並んで座る男が2人。
彼らの後ろでは1人用のソファに体をうずめた女性が不機嫌そうに爪を噛んでいる。

(´・ω・`)『結局彼は電話にも出てくれなかったよ』

横に座る男は『そうか』とだけ呟いてグラスに口をつけた。

( ,,゚Д゚)『ドクオには悪い事しちまったかな・・・』

(´・ω・`)『それは君が気にかけなくてもいいだろう』

それよりも

(´・ω・`)『スタッフの心情にはもっと気を使ってくれ。昔のように鉄拳制裁で育成する時代じゃない』

君の苛立ちも分かる。だけどその結果があのどんよりした厨房の空気だ。これじゃ貧乏神しか寄り付かないよ。

( ,,゚Д゚)『・・・すまねぇ』

(´・ω・`)『過ぎてしまった事は仕方ない。あとはなるようにしかならないさ』

雨降って地固まるといけば良いのだが、どう考えても雨の勢いが強すぎて堤防決壊寸前と言った所だ。
人材育成計画を練り直さないといけないね。そう考えながらショボンはグラスに注がれたテキーラを一息に飲み干した。


261 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:22:19.31 ID:Kefz7T4D0
>>253
そうだったのか・・・すまない。

262 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:24:03.93 ID:psNSxvjO0
>>259

現在の( ^ω^)はそんな感じのポジションですね。

戦力としてはバイト以下ですが。


263 :黒豆(万粒):2006/12/30(土) 18:24:22.07 ID:3nWOrrOBO
>>261
あ い し て る

264 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:24:55.85 ID:psNSxvjO0
(*゚∀゚)『にょろ〜ん!! お待たせぇ!!』

片手にぶら下げたハンドバッグを振り回しながら元気娘が登場した。

いやぁ!! 参ったよ!! ホント頑固でさっ!! あ、あたしモスコーミュールねっ!!

そんな風に叫びながら親指の爪を噛み続けるツンの前に腰を下ろす。

(*゚∀゚)『こりゃ長期戦だねっ!! 今夜もここに泊まりになりそうだ!! あ、ツンは帰っていいからね!!
     あたし? あたしはドクオ君待ってるさ!! 戦友だし、お師匠様だし、約束しちゃったしね!!
     やっぱりこの優しいツー様としては見て見ぬフリもできないんだよねっ!!
     ドクオ君はあたしの目標だから、その目標が落ち込んでるのは我慢できないんだよっ!!
     あ、ブーちゃんを恨んだりはしないよっ!! それとこれとは話が別さっ!! 本人どおしで話つけるのが筋ってもんだよ!!
     でもね!! あたしはブーちゃん嫌いじゃないよっ!! 異性としてとかじゃなくてさ!! 
     ほら! あたし・・・ずっと追い回・・・しやってきたじゃん!! だから・・・後輩・・・来・・・ずっと楽しみでさ!!
     ・・・さんにん・・・で仕事して・・・嬉・・・くて・・・!! ドク・・・も・・・あんなだけど・・・楽しそ・・・で・・・あたし・・・』

一言も口を開かず話を聴いていたツンは静かに立ち上がり、その成長の止まった胸にツーの顔を抱きかかえた。

ξ゚听)ξ『・・・こういう時は無理しなくていいのよ』

無理・・・なん・・・してないにょろ・・・泣い・・・・・ない・・・嫌だ・・・嫌だよ・・・

知らず知らずのうちにツーはツンの背に腕を回ししがみついていた。

ξ゚听)ξ『・・・大丈夫だよ。大丈夫』

(´・ω・`)『・・・・・・雨が降ってきたみたいだね』

耳を澄ますと雨の音。それからは誰も口を開かず、ただ雨音と小さな嗚咽だけが店内に響いた。

265 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:26:01.86 ID:Kefz7T4D0
>>263
 お れ も だ 
バーボンハウス寄った帰りに・・・
やめとく

266 :黒豆(万粒):2006/12/30(土) 18:27:17.23 ID:3nWOrrOBO
成長の止まった胸てw

267 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:29:03.98 ID:psNSxvjO0
第5章は以上になります。

読み返すと投下前のテンションは異常www

現在製作中の第6章は・・・うまくいけば朝までに投下できるかなぁ。

一応、この時間までには・・・ってしておいてください。

本日中に製作裏話はうPすると思います。

268 :コンブ:2006/12/30(土) 18:29:31.85 ID:Kijn9X/m0


269 :神所謂ゴッド:2006/12/30(土) 18:30:13.16 ID:Kefz7T4D0

夜中までほす

270 :猪(大人):2006/12/30(土) 18:30:17.92 ID:t7kJ/sca0
乙ー!
続きが待ち遠しいんだぜ

271 :猪(友達がvipper):2006/12/30(土) 18:30:34.73 ID:IOGjCVmd0
お疲れちゃん

272 :丸煮もち:2006/12/30(土) 18:30:35.44 ID:rOBYIc6TO
>>267 乙です


273 :角煮もち:2006/12/30(土) 18:31:18.12 ID:UDKGWHHyO
おつです。と、ありがとう。
包丁は大切に…してるけど。いつも研ぐのヘタでごめんよ…w

274 :書初め(虫よけスプレー):2006/12/30(土) 18:32:04.10 ID:xpOyG7IAO
ツーに萌え死にそうな俺はなんなんだぜ?



275 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:32:45.18 ID:6/8wkOJc0

ちょうがんばれ

276 :角煮もち:2006/12/30(土) 18:33:54.30 ID:UDKGWHHyO
小説でつー見るのひさしぶりだなぁ

277 :猪(停学中):2006/12/30(土) 18:34:11.23 ID:6/8wkOJc0
もうツーは愛称で本名鶴屋でいい気がしてきた

278 :初夢(アキバでびゅーしてきた):2006/12/30(土) 18:36:37.38 ID:F8HPySUR0
                  -fin-

279 :猪(友達がvipper):2006/12/30(土) 18:37:21.91 ID:IOGjCVmd0
( ;∀;)イイハナシダナー

280 :おせち(10,000円):2006/12/30(土) 18:37:40.69 ID:MtyCzAx3O


281 :初夢(アキバでびゅーしてきた):2006/12/30(土) 18:38:28.37 ID:F8HPySUR0
ツーの本名は釣瓶安子なんてどうだ。

282 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/30(土) 18:43:07.20 ID:psNSxvjO0
それでは製作に戻ります。

予想以上に早い投下に関わらず支援ありがとうございました。

また後ほど。

283 :おせち(30,000円):2006/12/30(土) 19:03:50.53 ID:x7CvMdx3O


284 :サトイモ:2006/12/30(土) 19:51:56.09 ID:VevuBXyD0
wktkwktk

285 :小松菜:2006/12/30(土) 20:07:46.44 ID:VevuBXyD0
保守

286 :小豆汁:2006/12/30(土) 20:25:01.84 ID:RxTPHUCjO
にょろーん

287 :おみくじ(大吉):2006/12/30(土) 20:42:03.86 ID:4U4hERN70
ブーン…悪いにもほどがあるぜ

288 :おせち(30,000円):2006/12/30(土) 21:28:09.80 ID:quLlNknPO
保志総郎

289 :猪(ちび):2006/12/30(土) 21:57:46.06 ID:Oth1l/Uy0
今後の展開が楽しみなんだぜ

290 :かき初め(二回目):2006/12/30(土) 22:02:31.16 ID:4U4hERN70


291 :おみくじ(大吉):2006/12/30(土) 22:03:58.01 ID:Y/E3UGXW0
乙!
ドクオカワイソス……でもブーンの気持ちもわからないでもない
うまくいかないことがあると人のせいにしたくなることもあるからな……

292 :猪(60才):2006/12/30(土) 22:20:52.91 ID:MT79aAAo0

「あるあるwwww」が多くておもしろい
込んでる時の洗い場の忙しさはガチww

293 :ハマグリ:2006/12/30(土) 22:39:38.24 ID:rOBYIc6TO
ホモ......保守

294 :お年玉(現物支給):2006/12/30(土) 23:31:08.72 ID:O0gy5bex0


295 :ハマグリ:2006/12/30(土) 23:44:26.68 ID:nhSamXdjO
保守

296 :おせつ:2006/12/31(日) 00:02:07.38 ID:Rnantng/O
>>1
つーかあいいよつー

>>292
めっさ同意

297 :(*゚∀゚)が暴露するようです ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:05:10.12 ID:KvImG4I/0
草木も眠る丑三つ時という言葉がある。
丑三つ時といえば現在の時刻に換算すると午前3:00〜3:30にあたる。
街灯なんてもんが存在しなかった江戸時代は当然として、
現代においても丑三つ時は活動するべき時間ではない。
・・・にも関わらず、ここ。VIP市某所の1ルームマンションでは
2人の乙女がテーブルに大量のお菓子を広げて酒宴も酣状態であった・・・。

(*゚ー゚)『使い回し乙☆』

(;*゚∀゚)『いくら本編と関係ないとは言え、こんな姑息な手段で行数稼がなくてもいいんじゃないかな・・・』

昨日までのあらすじとか書いちゃダメ?

(*゚ー゚)*゚∀゚)『ダメ』

ケチ

(*゚∀゚)『で、作者はまず小説の大黒柱となるテーマから考え始めたんだけどさ!!』

(;*゚ー゚)『エピソード0にはテーマなんてなかったしね☆』

(*゚∀゚)『未知の新ジャンル&自分のキャリアを活かした作品&読者を引き寄せる作品・・・と色々考えてたらしいよっ!!』

(*゚ー゚)『なんとまぁ欲張りな・・・』

(*゚∀゚)『で、ようやく出来上がったのが↓ね!!』





298 :(*゚∀゚)が暴露するようです ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:07:13.98 ID:KvImG4I/0
     ( ^ω^)が料理人になるようです・エピソード01

( ^ω^)『さぁ、次は僕の番だお』

そう言って彼は僕らの前に皿を並べた。

ξ゚听)ξ『・・・ただの炒飯みたいだけど・・・』

僕らの前に置かれたのは黄金色に輝く炒飯だった。
炒飯ほど奥の深い料理はないだろう。
炒めが足りなければ口の中でさらりと米粒がほぐれてくれないし、
炒めすぎるとボソボソになってしまう。
そのギリギリの所を見極めるのが腕の見せ所の1つでもあり、
彼の炒飯ははらりと振りかけられた刻み浅葱の緑が映える完璧なものに見えた。

(´・ω・`)『とにかく頂こうか』

レンゲをさしこむとしっとりした見た目にもかかわらずさっくりした感覚が手に伝わる。

(´・ω・`)(・・・ここまでは合格点だね)

レンゲを口に運ぶ。

(´・ω・`)『お・・・うおおおおおおおおお!!!!!』

('A`)『な、なにぃ!?』

(;´・ω・`)『こ・・・これは一体なんだ!!口に含んだ瞬間飯粒がほぐれ出す炒めも見事だがプチプチとした歯ごたえ!!
      これはただの炒飯ではないな!! これこそ正に神の炒飯!!!!!!!!!!!!』


299 :猪(黒板係り):2006/12/31(日) 00:07:24.45 ID:GdNew/alO
キタ−(゜∀゜)−ッwktk

300 :(*゚∀゚)が暴露するようです ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:08:42.89 ID:KvImG4I/0
(;*゚ー゚)『で、何これ?』

(*゚∀゚)『見て分からない?』

(;*゚ー゚)『見当もつかない・・・つか、つけたくない。ちなみに正解は?』

料理バトル小説

(*゚∀゚)*゚ー゚)『  こ  れ  は  酷  い  』

(*゚∀゚)『確かに斬新といえば斬新なんだろうけどさ!!』

(*゚ー゚)『・・・新しければいいってもんじゃないって見本だね☆』

(*゚∀゚)『まぁ、これも無事没になったんだけどさ!!』

手をひらひらさせながら缶ビールを一口。
どうでもいいがミニスカートで膝を立てて座るのは止めなさい。

(*゚ー゚)『なんで? 長文大好きな作者ならバッチコーーーーイなネタじゃない☆』

そう言いながらマシュマロを口に放り込む。
太るぞ。特に乳が。

(*゚∀゚)『なんでも【読者に美味しそうと思わせる事は出来ても味の感動を伝える事は出来なそうだったから】だって!!
     まぁ、料理を味わうって【来て見てさわって】が大切なポイントだからねっ!!』

(*゚ー゚)『それちょっと違う・・・』

301 :(*゚∀゚)が暴露するようです ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:10:03.79 ID:KvImG4I/0
(*゚∀゚)『と、まぁこの失敗で作者は味を文章で表現する難しさを知ったわけだね!!』

(*゚ー゚)『1つレベルが上がったわけだ☆』

(*゚∀゚)『で、次にやっと作者は今執筆中のテーマに辿り着いたわけさ!!』

(*゚ー゚) ・・・もにゅもにゅ・・・(マシュマロに夢中)

(*゚∀゚)『主人公の人間的成長ってヤツだね!!』

(*゚ー゚)『なるほど!! だから( ^ω^)はあんなに情けないキャラなのか☆』

(*゚∀゚)『作者も自己投影しやすくて書きやすかったんじゃないかな!!
     ブーちゃんほどじゃないけど作者もかなり情けなかったみたいだからねっ!!』

(*゚ー゚)『仕事辞める言い訳ばっかり考えてたんだって☆』

うるさい黙れ。

(*゚∀゚)『自分にあったテーマをようやく見つけた作者は
     人が変わったようにストーリーを組み立てられるようになったんだけどさっ!!』

続きはまた明日・・・ってヤツですね。

(*゚ー゚)*゚∀゚)『その通りでございます!!☆』




                              乙女たちの宴はさらに続く

302 :猪(しいたけ目):2006/12/31(日) 00:10:51.80 ID:fB+4mnks0
自伝かよ

303 :おせち(12,000円):2006/12/31(日) 00:12:31.81 ID:dyywOV/hO
乙っ!

304 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:14:28.77 ID:KvImG4I/0
ってわけで予告なし投下の製作裏話でした。
第6章ですが・・・正直1文字も進んでません。

(*゚∀゚)*゚ー゚)『  こ  れ  は  酷  い  』

いや、あまりにも(*゚∀゚)人気が高いから他の作者さんと見比べてみようと・・・。








頑張ります

305 :金魚と初詣:2006/12/31(日) 00:15:53.67 ID:vI0rO0HN0
きた!wwww


306 :おみくじ(やぶれた):2006/12/31(日) 00:18:50.93 ID:730+t9YsO
夜に中華料理屋で料理担当してたけどそんなに忙しくはなかったなぁ、正直。

307 :黒豆(二粒):2006/12/31(日) 00:19:16.62 ID:69PFFRiNO
乙!

308 :猪(大人):2006/12/31(日) 00:20:05.16 ID:ewIBTR+0O
ギコの叱咤の時から
立腹するブーンの事を、うわ、こいつダメ人間だな…
とか思っちゃう俺は心が狭い?

309 :おみくじ(犬吉):2006/12/31(日) 00:21:11.62 ID:cp6Oui23O


310 :猪(青):2006/12/31(日) 00:26:11.69 ID:wwf0LRtL0
>>308
あの反応はおかしい。

でも焦りと疲労でまともな思考ができない状態だったんだろう

311 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:27:06.57 ID:KvImG4I/0
>>302

完全な自伝ではありませんが。
例えば、今回ストーリーの軸になった包丁の話。
作者は('A`)の立場でした。

・・・勝手に使われただけなんだけどね。

>>308

そんな事ないでしょwww

312 :猪(しいたけ目):2006/12/31(日) 00:29:33.35 ID:fB+4mnks0
>>311
(・c_・`)ソッカー

ところでドクオやツーの顔面が膨れてるように見えるんだけど、俺の目がおかしいのか?

313 :猪(病気がち):2006/12/31(日) 00:33:12.64 ID:vYbobZytO
別にダメ人間ではないんでね?

最近はそんな感じの奴ばっかだし

314 :猪(酒乱):2006/12/31(日) 00:35:46.79 ID:IbD4mq4/0
)が)になってるみたいね

315 :書初め(一人身脱却):2006/12/31(日) 00:36:46.94 ID:1baFnizI0
包丁を・・・欠けさせたのかぁ・・・
ツーさん、結婚申し込みたいよ、結婚。

316 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:38:12.82 ID:KvImG4I/0
>>312
どうなんだろ?www
総合のAA辞典をコピーして使ってるんだが・・・。



317 :おせち(12,000円):2006/12/31(日) 00:40:33.65 ID:ijuqNYDbO
作者でしゃばりすぎ。
馴れ合いはよくない

318 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 00:41:52.03 ID:KvImG4I/0
>>317

すまんかった。

大人しく執筆に戻る

319 :猪(音速):2006/12/31(日) 00:42:43.62 ID:XxUhwcL80
頑張れ。

320 :お年玉(がっぽり):2006/12/31(日) 00:43:50.69 ID:jVk9YTkR0
>>317
おうおう。ココは作者のスレでい

321 :猪(酒乱):2006/12/31(日) 00:44:32.03 ID:IbD4mq4/0
馴れ合いか?w

322 :おみくじ(いいのこいっ):2006/12/31(日) 01:03:48.85 ID:ewIBTR+0O
VIPでも馴れ合い
それがブーン小説クオリティ

>>310 >>313
そっか…
バイト経験者としては、文章中にもあった感じで、ブーンの仕事に臨む姿勢が甘すぎに見えたのさ
ニート上がり乙wwwwwってなもんで

>>311
そんなことないってのは
心が狭いわけではないって事?いやどっちでもいいけどwwwwww
あと乙って言うの忘れてたやっぱ俺もダ(ry
いまさらだけど乙

長々と粗ブンすまそ

323 :書初め(今年こそ素人デビュー):2006/12/31(日) 01:12:38.43 ID:1baFnizI0
まあ調理の現場って結構、厳しいからネー・・・
和食だったらもっとすごいそうで。



親方に怒られて足を骨折とか。

324 :おせつ:2006/12/31(日) 01:20:46.03 ID:i3eLI83+O
まとめはないの?

325 :猪(泣き上戸):2006/12/31(日) 01:22:15.35 ID:IbD4mq4/0
>>324
>>38

326 :おせつ:2006/12/31(日) 01:29:57.83 ID:i3eLI83+O
>>325
見つからない・・・。

327 :書初め(給料倍増):2006/12/31(日) 01:30:21.24 ID:HbCD9ikI0
クソ忙しいときに( ^ω^)みたいな態度の奴がいたら・・・
ウゼェ!店辞めちまえ!
と,内心切れるな。マジで。

逆に手伝ってくれる人は神!と思うよ。

328 :猪(泣き上戸):2006/12/31(日) 01:35:52.11 ID:IbD4mq4/0
>>326
http://up2.viploader.net/upphp/src/vlphp477.png

329 :猪(黄色):2006/12/31(日) 01:43:01.69 ID:wwf0LRtL0
>>323
精神が耐え切れなくなって逃出す人も多いらしいね

330 :書初め(今年こそ素人デビュー):2006/12/31(日) 01:53:34.16 ID:1baFnizI0
>>329
先輩も先生に薦められたとこ行ってやめてたよ。
腕がいい先輩だったんだけどねー

洋食でもこうなのかな。

331 :おせち(150j):2006/12/31(日) 02:00:33.65 ID:ZqHJBkCYO
>>330
スポーツでも上手くたってやめる人はいる死ね

332 :猪(おまっ):2006/12/31(日) 02:03:10.15 ID:fB+4mnks0
^^;

333 :書初め(女優になるんだ):2006/12/31(日) 02:03:54.50 ID:1baFnizI0
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン


ゴメン

334 :猪(ミセブラ):2006/12/31(日) 02:04:53.86 ID:pgHAWEEo0
いや、>>331は「やめる人はいるしね」ってレスしようとして、それが変換されちまったんだ
ここでいきなり意味なく煽ったりはせんだろう

335 :あいつと初詣:2006/12/31(日) 02:09:42.03 ID:OqKyABKD0
なんかの爆笑コピペにもあったよな
ほsy

336 :友達と初詣:2006/12/31(日) 03:23:09.52 ID:vI0rO0HN0
ほほほ

337 :猪(汗かき):2006/12/31(日) 04:42:06.70 ID:IbD4mq4/0
ほっほ

338 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:14:42.38 ID:KvImG4I/0
こんな時間ですが。

第6章完成。

第5章から続いて前半の山場なんで見直し終わったら投下します。

339 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:25:56.55 ID:KvImG4I/0


  第6章 やるか逃げるか


今は一体何時なんだろう?
さっきトイレに行った時は夕方の6時くらいだったから・・・まぁ、いいや。たいした問題じゃない。
そう言えば昨日から何も食べていなかったな・・・まぁ、いいや。別にお腹が空いてるわけじゃないし。
雨の音が聞こえる・・・まぁ、いいや。外になんか出たくない。
仕事辞めたって言ったらカーチャン悲しむかな・・・まぁ、いいや。僕には無理な仕事だったんだ。
ドクオ・・・怒ってたな。ツーさん・・・親切にしてくれたのにごめんなさい。あぁでも・・・まぁ、いいや。

もう・・・どうでもいいや。

遠くの方で音がする。何かを叩く音。それと多分チャイムの音。それはだんだん近づいてくる。
そしてついにはうずくまる僕に覆いかぶさるようにして騒ぎ立てる。

そんな変な夢で目が覚めた。カーテンごしに差し込む外灯の明かりが部屋を薄く照らしている。
ただ、あれは夢でなく現実らしい。ほとんど光源のない部屋にチャイムを連打する音とドアを叩く音が響き渡る。
そう言えばこの辺で酔っ払いが暴れてるって大家さんが言ってたっけ。
それにしても・・・なんで今日。僕の部屋なんだ。
僕は誰とも関わりたくないんだ。止めてくれ。止めてくれ。止め・・・。

( ´ω`)『もう・・・止めてくれお』

気力を振り絞ってドアを開けた僕の前に立っていたのは-----。

ξ゚听)ξ『ようやく開けたわね』

意外すぎる人物だった。

340 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:27:26.41 ID:KvImG4I/0
 ξ゚听)ξ『ちょっとお邪魔するわよ』

少し雨にぬれた髪をかきあげ、僕を押しのけるように玄関に入り込んでくる。
そしてその影にいたのは

( ´ω`)『・・・ツーさん・・・』

俯いて表情こそ見えないが間違いなくツーさんだった。
僕はなんと声をかければいいんだろう・・・僕は・・・僕は・・・。

ξ゚听)ξ『ツー。何やってるの。早く入りなさいよ。それとあんた、タオル』

( ´ω`)『・・・え?』

ξ#゚听)ξ『タオルよこせって言ってるのよ!! 早くしなさい!!』

少しして。
タオル代わりに渡したTシャツで髪を拭き終えたツンさんは呆然とする僕の正面に立ち僕の顔を見上げた。
ツーさんはタオルを握ったまま玄関に立ちすくんでいる。

ξ#゚听)ξ『・・・あんたに話があるの』

( ´ω`)『・・・僕は話す事なんかないお・・・頼むから帰ってくれお』

一人になりたい。

ξ#゚听)ξ『あんたに無くてもあたしにはあるの。座りなさい』

断固として引かない。その目が語っていた。


341 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:28:18.33 ID:KvImG4I/0
 早く話とやらを済ませて帰ってもらおう。
いや、話の内容は分かっている。
聞きたくない。

( ´ω`)『どうして・・・僕の家が分かったんだお』

自分でも意識しないうちにそんな質問を口にしていた。

ξ゚听)ξ『・・・何よ。そんな事が知りたいの? 分かったわ。教えてあげるからよく聞きなさい』

諦め腰を下ろした僕と向かいあうようにツンさんはあぐらをかいて座り込んだ。
そして、今から1時間前。僕の知らないバーボンハウスでの出来事を語りだす・・・・・・・。


342 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:29:14.46 ID:KvImG4I/0
雨音と嗚咽だけが小さく響くバースペース。
誰もこの場に相応しい言葉が見つからず、口を開こうとはしない。
時折思い出したかのようにショボンがグラスを口に運ぶ以外は動こうとする者もいなかった。
ツンの細すぎる腰に腕を回し嗚咽を漏らしていたツーはやがて大きく深呼吸して顔を上げた。

(*;∀;)『し、心配かけてごめんねっ!! もう大丈夫!! ささっ、今日は帰ろう!!』

そう言って立ち上がりツンの腕を引くがツンはその場を動かない。

ξ゚听)ξ『・・・・・・せない』

( ,,゚Д゚)『あ? なんか言ったかツン?』

ξ#゚听)ξ『許せないって言ったのよ!! あいつの顔見て一言文句言って殴ってやらなきゃ気が済まないわ!!』

( ;,゚Д゚)『いや、気持ちは分かるが・・・そりゃ無理ってもんだろ』

この時間だしな、と続けるギコの言葉に地団駄を踏むツン。

ξ#゚听)ξ『うるさいわね!!やりもしないで無理とか出来ないとか・・・それじゃあのバカと一緒でしょ!!
それにこーゆー時のためにアレがいるんじゃない!!』

アレ呼ばわりされて苦笑するショボン。
だが・・・しかし・・・と繰り返すギコ。
理解不能といった顔でツンを見つめるツー。

ξ#゚听)ξ『あぁ、もうトロいわね!! ショボンさんはあのバカの履歴書持ってきて!!
      ギコさんはタクシー呼んで!! ツー!!準備が出来次第乗り込むわよ!!』



343 :ハマグリ:2006/12/31(日) 05:30:12.58 ID:OtLzu0Jc0


344 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:31:32.73 ID:KvImG4I/0
以上説明終わり。分かった?
そう言ってツンさんは話を終えた。

僕はドクオの宝物を壊した。
そしてドクオは今もそれを治そうとしている。
それを聞いて僕の心臓が大きくドクンと鳴った。

僕は何をしているんだ。

( ´ω`)『・・・で、何をしに来たんだお』

言った瞬間パンッと言う音と共に左頬が熱くなる。それからゆっくり痛みが押し寄せてきた。

ξ゚听)ξ『言ったでしょ? あんたを殴りに来たのよ』

不思議と怒りは沸いてこない。

( ´ω`)『用が済んだら帰ってくれお』

ツンさんの顔が赤くなり、再び右手を振り上げる。

ξ#゚听)ξ『あんた・・・まだ分からないの!!』

それが振り下ろされようとした瞬間。

・・・ブーちゃんは卑怯だよ。

いつの間にか僕の真後ろに立っていたツーさんの声が背中越しに聞こえた。



345 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:32:19.91 ID:KvImG4I/0
こんな事言ってゴメンね。
でも卑怯・・・よ。
どうし・・・て逃げるの?
いつ・・・・・・逃げ・・・の?
自分・・・か・・・逃・・・どこへ・・・

崩れ落ちるように座り込み両手で顔を覆うツーさんに寄り添い髪を撫でるツンさん。

ξ゚听)ξ『大丈夫。大丈夫だから』

何度もその言葉を繰り返す。

後半嗚咽ばかりになっていたツーさんの言葉を僕の耳は正確に聞き取っていた。
心臓がまた1つ大きく鳴った。

僕は何をしているんだ。
僕はいつまでこうしているんだ。

でも・・・僕はドクオのように【何か】を持っているわけじゃない。
ドクオのように強くない。

ξ゚听)ξ『・・・そこのバカ』

ツンさんが僕を睨みつける。
どうしてだろう? 不思議と怖くなかった。

ξ゚听)ξ『ついでだからドクオの事話してあげる。自分がどうするべきか、それから考えなさい』



346 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:33:10.60 ID:KvImG4I/0
ξ゚听)ξ『ドクオと私は元々幼稚園から中学校までずっと同じ学校で・・・幼馴染みたいなもんだったわ』

幼馴染って言っても学校が同じってだけ。
特別な仲じゃないわ。
あたしはあいつを友達だと思っていたけど、あいつにとってあたしは不特定多数の一人だったみたい。
偶然会って挨拶した時も『あぁ』とか『うん』とか言うだけだったわ。
その度に殴ってやったけどね。

あいつ。人に愛される性格じゃないでしょ?
その上運動も勉強も人より出来るわけじゃない。
もしかしたら悩んでいたかもしれないけど・・・結局聞きだせなかったわ。
中学の後半は嫌がらせも受けていたみたい。
あいつが自分で言ってくる事はなかったけどね。

だからあいつが高校に入ってすぐに中退したって聞いても驚かなかった。
驚いたのはあたしが17歳の時。
バイト先のバーボンハウスにあいつが面接を受けに来たときだった。
新巻さん・・・当時の店長兼オーナー。は断るつもりだったみたいだけど・・・熱意に押されたって言ってた。

でも、あいつは特別技術があるわけじゃない。
それにあの性格。現役時代のショボンさんやギコさんに厳しく指導されては仕事終わった後一人でよく泣いてたっけ。

でもあいつは逃げなかった。
必死にしがみついて・・・少しづつ皆に認められて・・・今の自分の場所を手に入れた。

内藤。
あんたがつまらない逆ギレの結果ダメにした包丁は
辛い時も苦しい時もいつもドクオの手にあった・・・ドクオの努力の結晶なのよ。

ξ゚听)ξ『あたしの話はこれでお終い』

347 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:34:32.33 ID:KvImG4I/0
 雨音もツーさんの嗚咽も耳に入らなかった。
ただ聞こえるのは淡々と語るツンさんの昔話。
それが終わってからはただ静寂のみが残る。

ドクオは最初から【何か】を持っていたわけじゃなかった。
ドクオは最初から強いわけじゃなかった。

でも、自分だけの場所を手に入れた。

僕は何をしているんだ。
僕はいつまでこうしているんだ。

僕は・・・まだ自分から逃げるつもりなのか!!

(  ω )『・・・ドクオは・・・まだバーボンハウスにいるのかお』

そう言い終えた僕の右頬に突然の衝撃。

(*;∀;)『こいつはあたしからのプレゼントだっ!! 行っといで!! それで男らしくケリつけといでっ!!』

僕は立ち上がる。

( ^ω^)『ツンさん、ツーさん・・・ありがとうだお』

僕は歩き出す。

『ツンさん・・・じゃなくてツンでいいわよ!!』
『裏口がまだ開いてるはずさっ!!』
そんな声を背に受けて。
                                  僕は走り出した。

348 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:36:48.66 ID:KvImG4I/0
雨の中僕は走る。
濡れた髪が目に入る。
口に入る水が呼吸の邪魔をする。
ジーンズが足にまとわりつく。

それでも僕は走るのをやめない。
やがてバーボンハウスが見えてくる。

その厨房の片隅にドクオはいた。


349 :おまえの番だよ:2006/12/31(日) 05:36:49.56 ID:FFF1mUfjO
C

350 :ハマグリ:2006/12/31(日) 05:37:00.04 ID:OtLzu0Jc0
ドクオかっけー

351 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:41:49.01 ID:KvImG4I/0
( ^ω^)『ドクオッ!!』

僕の声に驚きドクオは振り返る。

( ^ω^)『その包丁・・・悪かったお。どんなに謝っても足りない事を僕はしてしまったお』

('A`)『・・・いいよ。貸した俺も悪いんだ』

僕は両膝に手を付き必死に呼吸を整える。
違う。言いたい事はこれだけじゃない。やるか逃げるか。どっちなんだ!?

( ^ω^)『僕は・・・もう自分から逃げない!!』

無言。

( ^ω^)『僕は・・・言い訳をしたくない!!』

返答はない。

( ^ω^)『僕は・・・強くなりたい!!』

沈黙。

( ^ω^)『僕は・・・君のような・・・僕は料理人になりたい!!!!!』

・・・一言も返さず僕に右手を差し出すドクオ。

('A`)『お前が本気なら・・・俺は俺の全てをお前に教えてやる』

ありがとう。ドクオありがとう。僕は何度もそう繰り返しながらその手を握り返した。

352 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:43:35.63 ID:KvImG4I/0
場所は変わってここはバースペース。
内藤達のいないこの場所で、内藤達には聞こえないであろう会話が交わされていた。

川 ゚ ー゚)『内藤・・・戻ってきたみたいだな』

(´・ω・`)『やれやれ。雨降って地固まってくれたか』

( ,,゚Д゚)『・・・ったく。それにしても若いってのは羨ましいねぇ』

そう言って揃ってグラスを持ち上げる。

川 ゚ ー゚)『・・・いずれにしろ』

(´・ω・`)『あーゆーバカがいてくれる以上』

( ,,゚Д゚)『俺達ものんびりしてられねぇってワケだ』

グラスを掲げ嬉しそうに飲み干した。




353 :ハマグリ:2006/12/31(日) 05:43:35.90 ID:OtLzu0Jc0
ドクオほんとかっけー

354 :牧師と初詣:2006/12/31(日) 05:43:54.70 ID:dWq7SwxF0
「ワードナに召還されたようです」とタメはれるくらい面白いな。
現行ではぶっちぎりやん

355 :ハマグリ:2006/12/31(日) 05:46:55.15 ID:OtLzu0Jc0
>>354
個人的には昼夜逆転、本屋なみのクオリティ。
古き良きブーン小説独特のクオリティの高さを感じる

356 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 05:46:58.99 ID:KvImG4I/0
以上第6章でした。

ちょっと今日は忙しくなりそうだったので急ピッチ進行だったのですが。

なんとか第7章も本日中に投下できるよう頑張ります。

ありがとうございました。

357 :ハマグリ:2006/12/31(日) 05:48:22.95 ID:OtLzu0Jc0
>>356
乙。だが、裏話はいらんかもね。
剣と魔法のように良作にも関わらず馴れ合いで破滅しないように気をつけてくれ

358 :初夢(空も飛べるはず):2006/12/31(日) 05:58:37.40 ID:Jk1vg1190
青春してますねww
乙です

359 :猪(友達がvipper):2006/12/31(日) 06:12:51.98 ID:kBFtmqJkO
ブーンが結局立ち直らなくてダメ人間のまま死んでいくシナリオみたいな。

360 :猪(汗かき):2006/12/31(日) 06:19:08.26 ID:KQu8i3ne0
とりあえずブーンには土下座して欲しかった。

361 :牡蠣:2006/12/31(日) 06:25:38.09 ID:MDMXtEbP0
今読み\(^o^)/オワタ

362 :黒豆(五粒):2006/12/31(日) 06:41:41.56 ID:ao+0ITfSO
なんか、変に厳しい人がいるね。

363 :ゴボウ:2006/12/31(日) 07:31:10.27 ID:MDMXtEbP0
俺はwktkできりゃそれでいい

364 :おせつ:2006/12/31(日) 07:31:27.85 ID:1XYBmTm3O
こういうの本で出して欲しい

365 :猪(友達がvipper):2006/12/31(日) 07:42:17.94 ID:p3Wk7+taO
朝っぱらから作者乙!!

366 :猪(友達がvipper):2006/12/31(日) 09:36:56.35 ID:GdNew/alO


367 :黒豆(百粒):2006/12/31(日) 09:57:27.15 ID:69PFFRiNO
乙!
某スレで地の文が非難されてたけど、その地の文が独特の雰囲気を醸し出してておもしろい

368 :黒豆(百粒):2006/12/31(日) 10:16:35.51 ID:JfxA8fqRO
>>356 乙 次回も楽しみにしてます

369 :嫁と初詣:2006/12/31(日) 10:29:25.09 ID:/dBwl6YE0
これは面白い・・・作者乙です!!

370 :黒豆(九粒):2006/12/31(日) 10:43:05.56 ID:ao+0ITfSO
地の文、ねぇ…
つーかわゆいよつー

371 :書初め(謹賀新年):2006/12/31(日) 10:52:09.45 ID:ewIBTR+0O
ドクオは人好すぎだろ…
ブーンにはもう少し痛い目にあって星勝ったwwwww

372 :猪(ドラム):2006/12/31(日) 10:59:20.68 ID:fuX56BHRO
読みやすいし面白い。
けど各話ごとの間隔が少し早いんじゃないかとも思う。初期で盛り上げすぎてしまうと中盤以降の失速の原因になってしまうんじゃまいか?
なんだか高校バスケの初期と同じようなふいんきがする。
この作品には定期的なペースでwktkさせてもらいたいんだぜ?読者の期待が重荷にならないようにしたい。

373 :猪(金歯):2006/12/31(日) 11:11:12.37 ID:CnLI5QAu0
これはいいwwwwwwwwwwwwwwwww

374 :初夢(声優とデート):2006/12/31(日) 11:14:47.98 ID:WtnNbvWMO
読み終わったが……ブーンが少し気の毒だ
仕事の経験がないとわかっている新人に対して『教えていない事が出来てない』と怒るのは明らかにギコつーショボンの新人教育がおかしいだろ
まず指摘してそれが出来てない時に怒れよ

375 :カラスと初詣:2006/12/31(日) 11:32:18.71 ID:y3ik9gFI0
あれ・・・?なんか目から水が・・・

376 :黒豆(七粒):2006/12/31(日) 11:32:56.35 ID:ZqHJBkCYO
まぁリアリティさを求めるなってことだな

377 :黒豆(百粒):2006/12/31(日) 11:49:30.34 ID:3Sy+Glk7O
保守

378 :黒豆(千粒):2006/12/31(日) 11:50:35.30 ID:GoF7k1FUO
>>374
出来る側には見落としが多い

俺はまだ親切な方に見える

379 :黒豆(万粒):2006/12/31(日) 12:25:55.71 ID:JfxA8fqRO
ホモ保守

380 :猪(♀):2006/12/31(日) 12:30:03.46 ID:dzfeL/YA0
http://upbbs.site.ne.jp/fetishwork/bbs/upbbs_5/src/1163515507656.jpg

381 :猪(右利き):2006/12/31(日) 12:39:28.38 ID:YLUvAFLl0
いやぁ、面白い。はっきりいって大好きだ。
あとはスレ主の座談会風馴れ合いが無ければ最高。

超個人的意見でヌルーして欲しいが、漢は黙って作品で語るって姿勢の方が俺は好き。

382 :年賀状(あたり):2006/12/31(日) 12:42:01.55 ID:h5VYtq2d0
                             /⌒\
                            /     |
                          /.    ^ω^) 
 ヘへへ                     /       /                  .へ へ 
 ヽ\\\__               /        /                  /// 7
  \ ___ \       ___/       /\____        / ̄ ̄ ヽ/
  ⊂二、      ヽ─── '    ___    / ヽ、__   ゝ────'      ,_,つ
      ̄ヽ─────── ' ̄ /     ,:'"         ̄丶────────'
                     /     /
                   /      /
                   (    ヽ/
                   .人    |      __ l l     _
                  /   ヽ   |         /  __    |
                  /   / |  |        /       _ ノ
                 / /   )  〉
                / /   / /
               / /   / /
  ──────    /. /    /. / .
  ──────   /. /     /. / .
  ──────  / /     ( ヽ
           (  'ヽ      ヽ,,,,)
            ヽ,,,,)

383 :親父と初詣:2006/12/31(日) 12:54:22.89 ID:y3ik9gFI0
( ^ω^)

384 :初夢(正月からアニメ):2006/12/31(日) 13:12:27.82 ID:OvqHPZBgO
とりあえず仕事場からwktk

385 :猪(ドラム):2006/12/31(日) 13:18:17.10 ID:cp6Oui23O
>>374
そうか?
ギコはブーンの態度や進歩の無さに切れてるんだし、ショボンも結果が全てじゃないって言ってるんだから違うんじゃね?
むしろブーンの妄想癖やなめた態度を修正するためにはあれ位の厳しさはやむを得ないと思う俺は少数派か?

386 :一人で初詣:2006/12/31(日) 13:56:38.80 ID:y3ik9gFI0
( ^ω^)ほ

387 :結びコンブ:2006/12/31(日) 14:11:09.63 ID:AP2bEtMy0
http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_0458.jpg

ツンで保守

388 :初夢(勝ち組だった):2006/12/31(日) 14:34:04.78 ID:WtnNbvWMO
>>385
妄想癖は彼の良いところです、修正などせずにむしろ伸ばすべきだと私は考えています

389 :初夢(勝ち組だった):2006/12/31(日) 14:43:57.73 ID:WtnNbvWMO
>>385
あと俺が言いたいのはギコの注意の仕方がおかしいってこと
あれじゃただ反感買うだけで舐めた態度も治らないし進歩なんてするはずない
世代ごとに注意の仕方を変えられない人間は注意をすべきではない


と思ったがよく考えればこれは小説なんだからこれでいいんだよな
まったく俺ってば香ばしい奴だな

390 :猪(巨乳):2006/12/31(日) 14:46:29.54 ID:fB+4mnks0
まあお前、みんなはもっと読点打ってなさいってこった

391 :金魚と初詣:2006/12/31(日) 14:47:37.68 ID:y3ik9gFI0
            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    / 時 .あ ま ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |  間 .わ だ  |
             ヽ::r----―‐;:::::|    | じ て    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|  ゃ る     |
              L|` "'  ' " ´bノ     |  な よ     |
              ',  、,..   ,イ    ヽ い う    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  な   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
 と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ


392 :角焼もち:2006/12/31(日) 14:52:13.96 ID:GoF7k1FUO
>>387
良いな

393 :猪(黒板係り):2006/12/31(日) 15:11:19.37 ID:IbD4mq4/0
作者乙。
面白いわこれ

裏話ってそんなに要らないか?俺は好きだけどな

394 :おみくじ(人吉):2006/12/31(日) 15:13:51.70 ID:ubwsBoyW0
おもろいわあ

395 :猪(メイド服):2006/12/31(日) 15:17:17.91 ID:cp6Oui23O
>>393
悪くないと思う
作者はキャラ使いがうまいし次の投下までに少しでも読者にサービスしようとしてくれるのはありがたい
ただ内容を少し変えればもっとよくなると思うんだ

396 :1000ならクリスマス中止:2006/12/31(日) 15:21:47.46 ID:ao+0ITfSO
息苦しい

397 :黒豆(百粒):2006/12/31(日) 15:49:26.68 ID:ZqHJBkCYO
>>389
君は一度料理屋でバイトしてみるといいよ

それから嘗めた口たたけや

398 :猪(2ch中):2006/12/31(日) 15:50:48.27 ID:fB+4mnks0
ドキュソのすくつですね^^

399 :美容師と初詣:2006/12/31(日) 16:23:28.69 ID:WSnG3h550
飲食店で働いてる奴挙手






400 :黒豆(三粒):2006/12/31(日) 16:29:39.50 ID:Te/f3cAX0
ID:ZqHJBkCYO
こいつなんでこんなに偉そうなの?

401 :凧(赤):2006/12/31(日) 16:33:19.55 ID:tQ6rJvmwO
ツンとしぃ保守
http://kjm.kir.jp/?p=89456

402 :書初め(私は広東面):2006/12/31(日) 16:34:09.89 ID:G6B2Xcj70
>>401
うめぇwwwwGJ

403 :猪(vipper):2006/12/31(日) 16:35:06.08 ID:fB+4mnks0
中華まんになったショボンうめえwwwww

404 :丸焼もち:2006/12/31(日) 16:38:18.67 ID:GbHoet6FO
アザラシかとオモタうめぇwwww

405 :猪(停学中):2006/12/31(日) 16:39:39.81 ID:IbD4mq4/0
>>401
これは良い。gj

406 :黒豆(千粒):2006/12/31(日) 16:40:32.70 ID:rByCiptvO
>>401GJ!!!!

407 :書初め(今年こそ素人デビュー):2006/12/31(日) 16:48:19.78 ID:ewIBTR+0O
>>401
100000000回保存st

408 :VIP皇帝:2006/12/31(日) 17:05:40.38 ID:cp6Oui23O














ちょっとオナってくる

409 :猪(友達がvipper):2006/12/31(日) 17:06:37.04 ID:fB+4mnks0
流石の俺でもそれは引くわ

410 :初夢(ホスト修行中):2006/12/31(日) 17:35:25.38 ID:1vEZby78O
保守

411 :初詣でかつあげされた:2006/12/31(日) 17:51:59.26 ID:6HcUENYe0
支援

412 :嫁と初詣:2006/12/31(日) 18:25:46.46 ID:y3ik9gFI0


413 :凧(ひもなし):2006/12/31(日) 18:34:16.93 ID:awoKlZW/O
http://kjm.kir.jp/?p=89516

414 :黒豆(百粒):2006/12/31(日) 18:54:13.00 ID:yY4fktKY0
>>413
100000000kainuita

415 :しょうゆ出汁:2006/12/31(日) 19:10:51.98 ID:3Sy+Glk7O
保守

416 :おせち(12,000円):2006/12/31(日) 19:20:38.82 ID:MOTM/sc3O
あと3時間くらいで落ちちゃうな
難民がでそうだから投下は次スレにした方がよくないか?

417 :おせち(15,000円):2006/12/31(日) 19:29:43.96 ID:ewIBTR+0O
>>413


クオリティの高い絵氏が何人もVIPをうろついてるのは仕様ですかwwwwwwwwwwwwww

418 :料理 ◆RDnvhIU7bw :2006/12/31(日) 19:31:44.94 ID:KvImG4I/0
mihimaru GTのpパンツに見とれて製作中の第7章を全消去した俺は負け組


419 :旦那と初詣:2006/12/31(日) 19:32:27.42 ID:y3ik9gFI0
>>418
ちょwwwwwwwwwwwww

420 :書初め(大願成就):2006/12/31(日) 19:34:26.85 ID:ewIBTR+0O
アッーーーー

421 :角焼もち:2006/12/31(日) 19:35:27.60 ID:sZBc2EDeO
>>418
Σ(゚Д゚)

422 :書初め(外に出たい):2006/12/31(日) 19:38:11.48 ID:MOTM/sc3O
>>418
おまwwwwwwwwww

423 :猪(ちび):2006/12/31(日) 19:40:31.37 ID:k+dNwzOO0
>>418
男だからしょうがない^^


























でも負け組み^^
がんばれ

424 :初夢(ゴキとの思い出):2006/12/31(日) 19:42:35.35 ID:l+QNAOeu0
>>418あれ?俺がいる

425 :年賀状(♀から沢山):2006/12/31(日) 20:10:15.77 ID:bqG13w7R0
ho

426 :猪(双子の妹):2006/12/31(日) 20:13:13.55 ID:ZcU378SQ0
なんだろう、なんか微妙。
ブーンが喧嘩したぐらいで、暗くなる職場ってのが想像できない。
首にして終わりじゃね?

427 :鶏肉:2006/12/31(日) 20:17:55.84 ID:SDaU3USA0
負け組み乙^^

428 :VIP皇帝:2006/12/31(日) 20:28:49.52 ID:JfxA8fqRO
>>418 それはそれは遠山の金さんも真っ青なお裁き・・・・・・

429 :初夢(アフリカのシマウマだった):2006/12/31(日) 20:32:45.02 ID:jVk9YTkR0
>>426
バカ・・新人がドクオの包丁壊して逃げたんだぞ・・
ドクオは黙々と包丁といでるし・・普通に空気が悪いだろ・・

あと、俺は座談会みたいの大好きだから続けてほしいな

430 :猪(禁風呂中):2006/12/31(日) 20:55:12.75 ID:2BSd8al10


431 :角焼もち:2006/12/31(日) 20:58:21.38 ID:O/wGK/qZO
捕手

432 :ハマグリ:2006/12/31(日) 21:10:19.05 ID:JfxA8fqRO
ホモッシュ

433 :丸煮もち:2006/12/31(日) 21:16:42.48 ID:Awe898YdO
>>64 ararwwwww

434 :味噌出汁:2006/12/31(日) 21:47:21.11 ID:i3eLI83+O
まとめサイトのどこにまとめがあるのかわからない・・・。
もちろんファイルシーク使いました

136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)