5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)

1 :閉鎖まであと 1日と 21時間:2007/01/21(日) 23:42:37.55 ID:U3nYmUEf0

このスレは「ブーン系小説」ジャンルです。

読者参加型となっているので、ぜひ選択肢が来た場合はご協力下さい。

その場で文章を書いていくので、一個の投下に多少の時間が掛かる事があります。

あらかじめご協力下さい──

尚、安価のところで指定どおりの安価が出来ない場合は自動的に次のレス番に移ります。

ロードゲームでやる場合は、
まとめサイト(http://vip.main.jp/69-top.html)を読んでいただければ幸いです。

では、数分後に投下を始めたいと思います。

少々お待ち下さい。


2 :三つ編カツラ ◆XVEhVx8Ng. :2007/01/21(日) 23:42:44.00 ID:chM1F7f40
0時までにksk1000でオッパイうp〜あと30分だお^^
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1169389712/

3 :閉鎖まであと 1日と 21時間:2007/01/21(日) 23:44:05.54 ID:8bGL4oXUO
きたきたきたきたー

4 :閉鎖まであと 1日と 21時間:2007/01/21(日) 23:45:04.60 ID:THiv8mWi0
僕も新しく参加させていただきますね。

5 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:00:26.44 ID:VaV6vu/X0
では、投下始めさせていただきます。

新規かロードの選択からですのでご注意下さい

6 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:02:46.61 ID:JVTHbfMGO
1

7 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:05:10.85 ID:VaV6vu/X0





           ( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)





                 1、ニューゲーム(残数1)
                 2、ロードゲーム(3)


>>8-10

8 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:05:20.42 ID:3xA79UBa0
1

9 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:05:33.64 ID:hJ7fVJyj0
1

10 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:05:47.54 ID:ZlcSu5A10
1

11 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:05:56.41 ID:waGBXj4p0


12 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:05:59.56 ID:aBBijNw10
1

13 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:06:00.48 ID:KT0rlaVwO
1

14 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:06:09.50 ID:3xA79UBa0
>>11
ねーよwwwwwwwwww

15 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:07:19.21 ID:VaV6vu/X0
キャラクターを選択して下さい

・( ^ω^)ブーン  少しおっちょこちょい
【選択済】('A`)ドクオ     クールに。でも少し臆病
【選択済】( ,,゚Д゚)ギコ    男はキッパリいくもんだぜ?


【選択済】ξ゚听)ξツン  ツンデレ
【選択済】(*゚ー゚)しぃ    女の子は、優しく・・・だよね?
【選択済】川 ゚ -゚)クー   素直に。そしてクールに。

おまけ
・从'ー'从渡辺   クー編(渡辺の過去)
・川 ゚ -゚)クー    【条件】ブーン編を一度プレイする


>>17-19
慎重に選んでください

16 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:02.77 ID:wNAoVstn0
ブーン

17 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:07.20 ID:3xA79UBa0
从'ー'从

18 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:08.76 ID:hJ7fVJyj0
クー

19 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:13.94 ID:KT0rlaVwO
内藤

20 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:34.02 ID:qudf6X6+O
( ^ω^)

21 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:08:56.40 ID:waGBXj4p0
( ^ω^)

22 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:09:13.10 ID:a4NLE1JnO
( ^ω^)

23 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:09:16.46 ID:f+8VXmEuO
ブーン

24 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:09:42.73 ID:VaV6vu/X0
クーはまだ条件を満たしていないので、ずらして考える。
という事で、内藤編始めます。

25 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:10:40.59 ID:ZlcSu5A10
内藤か wktk

26 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:11:02.41 ID:VaV6vu/X0
・・・・・・・・・・
・・・・・


帰り道の事だった。
部活で疲れた僕は、ただその帰路を歩いているだけだった。

一つの電灯の下。
小さなダンボール。

なぜかそれに心を惹かれた。
足が、勝手に動いていった。


ダンボールを、開ける。


中にいたのは────

27 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:11:10.36 ID:rDRxM1yvO
ブーン

28 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:11:19.11 ID:VaV6vu/X0







一 匹  の 子 猫 だ っ た 。

29 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:11:22.25 ID:waGBXj4p0
適当に支援

30 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:11:24.06 ID:Ur++m+XoO
_,,,
(:3 )3 三
 ̄″

31 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:11:51.19 ID:hJ7fVJyj0
>>26-27の流れに噴いた

32 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:12:14.40 ID:aBBijNw10
wktk

33 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:12:34.65 ID:a4NLE1JnO
中に居たのはJ('ー`)しか

34 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:12:49.31 ID:waGBXj4p0
( ^ω^)「子猫wwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwっうぇ」

35 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:13:04.78 ID:VaV6vu/X0





 

             (   )     が子猫を拾ったようです





36 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:15:06.65 ID:VaV6vu/X0
僕はその子猫を家につれて帰った。
そんな僕を出迎えてくれたのは──


罵声


母親はその猫を貶し、父親は僕を殴る。
僕は、逃げ出すように家を飛び出した。

服の中に子猫を隠し、こっそりと窓から入る。
自分の部屋の、タンスの奥。

その秘密の場所に、子猫を隠した。



37 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:16:36.34 ID:ZlcSu5A10
昔家に雀を連れて帰ったのを思い出した

38 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:17:06.61 ID:GJQIBtg4O
久々にリアルktkr!

39 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:17:43.73 ID:VaV6vu/X0
子猫は良く鳴いた。
その度に僕はタンスを開けた。

「ご飯かい?」
「それともトイレかい?」

一度用事を済ませたかと思うと、10分後にはもう一度僕を呼んだ。
母親にばれないように、すぐにタンスを開けてやった。


「そうだ、お前に名前をやろう」

僕はその子猫に『ミュー』という名前を授けた。
伝説のポケモンをもじったものだ。

僕とミューは、この秘密の場所で繋がっていた。
そんな生活が、2週間過ぎた。

40 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:18:10.36 ID:VaV6vu/X0






あ る 日 突 然 、 ミ ュ ー が 消 え た 。 







41 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:18:56.20 ID:waGBXj4p0
そして現れるミューツー

42 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:19:09.76 ID:hJ7fVJyj0
今までに無い展開にwktk

43 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:19:38.99 ID:VaV6vu/X0
跡形もなく、秘密の場所から姿を消していた。

僕は探し回った。

部屋、家、町。

どこにいるんだい?ミュー?




だけど、ミューは見つからなかった。




僕は、ミューを探しつかれたのだろうか。
家に帰ると、物凄い睡魔に襲われた。
ベッドに入って、すぐに寝た。

44 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:20:07.78 ID:jOLwH7Dx0
     < ̄`ヽ、       / ̄>
        ゝ、  \ /⌒ヽ,ノ  /´
           ゝ、 `( ^ω^)/  <ダンボールなんて嫌いだおwww
             >     ,ノ  
            ∠_,,,/´””


45 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:20:15.05 ID:aBBijNw10
動物愛?

46 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:21:03.46 ID:waGBXj4p0
泣いた

47 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:21:32.64 ID:VaV6vu/X0
「ん……?」

寝起きと共に感じる。
何が起こっている?何かがおかしい。

少しずつ眠気が覚めていく中、僕はようやく異変に気づいた。


下半身に、何かいる。


とっさに布団を投げ飛ばした。
僕の股間は、パンツに身を隠せないでいた。
その僕の股間にしゃぶりつく女の子。

それも、ただの女の子ではない。


猫の耳をつけた、かわいいかわいい女の子だった。

48 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:22:17.13 ID:YLDcK2P10
久々リアルktkrwww

49 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:22:18.58 ID:waGBXj4p0
何このカオス

50 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:23:17.05 ID:aBBijNw10
ちょwwwwww

51 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:24:16.95 ID:VaV6vu/X0
「ちょ……!!」

僕はあわててその女の子から離れようとする。
その瞬間、ザラリとした感触が、僕の肉棒の裏を削った。

「あっ……」

なんとも言えない感触。
一言で言うなら、「気持ちいい」

猫の耳をつけた女の子に、僕は股間をしゃぶられている。
僕はこの状況のおかしさも忘れ、ただその女の子の顔を見ていた。

大きな耳、するどい目つき、そして、可愛らしい口。

こんなにかわいい少女を見た事があるだろうか。
いや、ない。

ないハズだが……見たことがある気がするのはナゼだろう。

52 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:25:07.31 ID:VaV6vu/X0




「ミュー……?」




「……はい……」




「お前なのかい……」



「……はい……」




53 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:25:13.24 ID:GJQIBtg4O
やっぱ男キャラはカオスなのかwwwwww

54 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:25:42.49 ID:ZlcSu5A10
∧  ∧
( ^ω^)<お?

55 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:25:57.12 ID:PhvHW6ClO
sneg?

56 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:26:08.97 ID:YLDcK2P10
カオスwwwwwwwwwwwwwwww

57 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:26:13.48 ID:VaV6vu/X0







体験版はここまで!


続きは、『猫耳ダイチュキ!( )が子猫を拾ったようです』を購入してねー!






58 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:26:33.68 ID:JVTHbfMGO
    / ̄ ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  | ノヽ ( ●)(●)
.  | ⌒   (__人__)  エロゲとリアルを混同するなよ・・・
   |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて・・・
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ
     >、__,<
   /ヾ  Y  ;ヽ

59 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:27:00.36 ID:waGBXj4p0
ネガティブな予想した俺が馬鹿だった。

60 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:27:05.48 ID:aBBijNw10
これはwwwwwwwwwwwwww

61 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:27:25.36 ID:bDkI/sfmO
なんてカオス

62 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:27:34.28 ID:YLDcK2P10
体験版か・・・・・・・・

63 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:27:41.94 ID:jOLwH7Dx0
え、え、え?

ちょwwwwwwwwwwww

64 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:29:16.56 ID:PhvHW6ClO
マジでエロゲかよwwwwwww

65 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:29:37.05 ID:waGBXj4p0
猫耳ダイチュキ!(´・ω・`)が子猫を拾ったようです

66 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:29:57.24 ID:VaV6vu/X0
『カチッ』

僕はマウスカーソルを×印にあわせて、クリックした。
画面の大部分を占めていたウィンドウは消え、代わりに「ハルヒ」が僕を出迎えてくれた。

( ^ω^)「おっおっおっwwwwこのゲームは面白そうだお!!」

僕は続いて「win○○」を開く。
「猫耳」とキーワードをいれ、ヒットするのを待っていた。

( ^ω^)「おっ!早速来たお!!」

どうやら他者と接続できたようだ。
僕はすぐにそれをダブルクリックし、落とされるのを待った。
(※良い子のみんなは真似しないでね!)




                                       (※本当に、マネしないでね!)

67 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:30:17.99 ID:a4NLE1JnO
内藤がプレイしてたエロゲかWWW

68 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:32:18.97 ID:YLDcK2P10
( ^ω^)・・・作者にだまされたwww

69 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:32:45.63 ID:VaV6vu/X0
( ^ω^)「おおおおおおお!落とされたお!!!!」

僕はすぐにzipを解凍した。
容量4GB!長い間待ったかいがあった!!

( ^ω^)「wkwktktktだお!!!」


40%───80%──100%──!!




「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」
「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」
「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」
「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」
「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」
「ウィルス警告──危険度:高──削除できません」



(;^ω^)「お……」

70 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:33:16.01 ID:a4NLE1JnO
やっぱりw

71 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:33:18.26 ID:VaV6vu/X0







( ^ω^)ブーンはウィルスをダウンロードしてしまったようです





72 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:33:21.64 ID:SyhkZWOhO
( ^ω^)ブーンは猫耳属性なようです

73 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:33:44.68 ID:aBBijNw10
やっぱりwwww

74 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:34:42.95 ID:a4NLE1JnO
>>66
お前…経験有りかwww

75 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:35:24.25 ID:waGBXj4p0
良い子は真似しないでねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

76 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:35:55.59 ID:VaV6vu/X0
( ^ω^)「……寝るお」


全く動作が聞かなくなったパソコン。
僕は回線をぶった切った。

そのまま布団に潜り込み、そそり立つマグナムを少し触る。
先ほどまでエッフェル塔だったモノは、今や亀の頭ぐらいになっていた。
亀の頭と書いて亀頭、プギャーwwwwww


僕はそのまま深い眠りに着く事になる。



その夜、変な夢を見るために。

77 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:36:16.21 ID:SyhkZWOhO
疑似人型コンピューターウイルス「Tsu-N」とそれに恋するブーン

78 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:37:05.71 ID:VaV6vu/X0
「お……?」

真っ暗だった。
本当に、何の光もない、暗闇。
僕はそこに立っていた。


「……」


何かの気配を感じる。
人がいる。確実に。


僕は恐る恐る、声を出した。


「誰か……いるのかお?」

79 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:37:26.31 ID:waGBXj4p0
ここでミューの登場か

80 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:37:43.18 ID:YLDcK2P10
さきよみするなwwww

81 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:38:11.27 ID:hJ7fVJyj0
シリアス期待してたら突然流れ変えてくるとはwwww

82 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:39:01.51 ID:waGBXj4p0
>>80
俺の先読みはアテにならない事がさっき分かった

83 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:39:40.49 ID:VaV6vu/X0
「……誰だ?」
「何ナニーwww私以外にもいるのー?wwwww」
「ニャー!!」
「誰だゴルァ!!」
「あらあら……」

一度に四つの声。
どこかで聞いたことがあるかもしれない。

「だ、誰なんだお!!」


「私は……」
「え?私は──」
「ニャー───」
「あ?俺はな───」
「えっと……私はですね───」




84 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:39:44.23 ID:YLDcK2P10
>>82
mjkwww
安価こねーかなー

85 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:40:02.46 ID:VaV6vu/X0







「「「「「この話の主人公です(ニャー)」」」」」







86 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:40:06.98 ID:hJ7fVJyj0
この流れからどうやればクールートと関連してくるんだwww

87 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:40:38.45 ID:VaV6vu/X0
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

88 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:41:40.11 ID:SaYD1Vt4O
VIPで2ch閉鎖抗議の曲作ろうぜ!
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1169360469/l50

89 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:44:26.31 ID:VaV6vu/X0
「冗談じゃないお!!僕が主人公だお!!」
「何……私が主人公と聞いたのだが」
「ニャーニャーニャニャー!!」

「つーか、お前誰だよ」
「僕はブーンだお!内藤だお!!」
「内藤……ああ、内藤か」
「内藤か──ってなんだお!」

「きゃははーwww何か楽しそうなことしてるねーwwww」
「あ?テメー誰だゴルァ!!」
「え?誰でもいいじゃんーwww」

「まぁまぁ、みなさん落ち着いて……」
「冗談じゃないお!!みんな邪魔なんだお!!」

「僕が──               主     」
「私が──               人     」
「アタシが──             公     」
「俺が──               だ     」
「ニャー──              !     」
「わたしが──             !     」

90 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:45:22.43 ID:lLdR+Bg60
今回はいつもと違って現実味が無いな・・・
だが、それが(・∀・)イイ!!

91 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:45:25.22 ID:wNAoVstn0
展開が読めない

92 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:46:20.88 ID:waGBXj4p0
1人(匹)だけ全く素質の無い奴がいるな

93 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:47:08.38 ID:VaV6vu/X0
(;^ω^)「はっ───」


僕は勢いよく起き上がる。
額には、大粒の汗が流れていた。

(;^ω^)「なんだったんだお──」

嫌な夢を見たものだ。
僕は一度深呼吸をいれ、今度は足で立ち上がった。
学校だ、朝練に遅れるとドクオに怒られる。

(;^ω^)「時間がない……!!」

僕は急いで朝食を取り、家を出る。
朝練は、7時30分から──
今の時刻は──7時41分!!
まだ間に合う!!

94 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:47:30.91 ID:a4NLE1JnO
( ^ω^)
( ,,゚Д゚)
(*゚∀゚)
J('ー`)し

ってことはわかった

95 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:47:47.09 ID:hJ7fVJyj0
既にアウトwwww

96 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:48:30.65 ID:YLDcK2P10
あうあうwww

97 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:48:33.56 ID:hJ7fVJyj0
>>94
クーと渡辺も居るな

98 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:48:51.31 ID:waGBXj4p0
>>94
クーが居ると思ってた

99 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:49:00.77 ID:VaV6vu/X0
……当然、間に合うはずがなかった。
8時5分前、体育館に到着した僕を待っていたのは──


1、ドクオの優しい笑顔
2、ドクオの怒りの鉄拳
3、なぜかクーがいるじゃん



>>103

100 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:49:32.54 ID:aBBijNw10


101 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:49:46.97 ID:JVTHbfMGO


102 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:49:55.44 ID:KT0rlaVwO
2

103 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:49:58.51 ID:waGBXj4p0
2

104 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:50:30.13 ID:SyhkZWOhO


105 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:53:08.46 ID:waGBXj4p0
('∀`)←ドクオの優しい笑顔

106 :閉鎖まであと 1日と 20時間:2007/01/22(月) 00:53:20.82 ID:a4NLE1JnO
1が見たかったw

107 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:54:25.91 ID:VaV6vu/X0
(#'A`)「てめぇまたこの野郎!!!!」
(;^ω^)「おおおお!!!」

ドクオの鉄拳が降り注いだ。
……降り注いだ?
…………降り注いだ。

(;^ω^)「ちょ!!死ぬ死ぬ!!」
(#'A`)「(ドクオ編第一話)みたいにしてやろーか!!ああ!?」
(;^ω^)「ドク……!」

僕の意識が止まろうとする寸前、ドクオの手が止まった。
その理由は、顔を挙げた瞬間に分かった。

ξ゚听)ξ 「そこらへんにしときなさいよ……」
('A`) 「なんでお前がいるんだよ……」
ξ///)ξ 「通りかかっただけよ!別にブーンを見に来てたワケじゃ……」
('A`) 「……把握」

ドクオはつま先をトントンと鳴らせ、またコートへと戻っていった。
僕は、目の前に立つ女性を眺めていた。

108 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 00:58:18.47 ID:VaV6vu/X0
ξ///)ξ「は、早くアンタも練習しなさいよね!!」
(*^ω^)「ツン、助かったお!」

僕は一言だけ礼を言い、更衣室へと入っていった。
彼女の名前はツン。
どんな人か説明するのはめんどくさいので、他の話を見て考えてください。


部活はバスケット部に所属している。
実力は、正直に言うとない。
自慢の足さえ、バスケになるとあまり意味をもたないからだ。

( ´ω`)「サイドステップなんて面倒くさいお……」

サイドステップ──バスケットの基本的な(ry
説明するのが面倒くさいので、ご自分で探してください。

( ^ω^)「おっ!次はツーメンかお!!」

ツーメン──バスケットの基(ry
せ(ry

109 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:00:35.76 ID:VaV6vu/X0
部活が終わった。
部員は、あの暑苦しい更衣室へとこもる。
早くしないと、授業に遅れてしまうからだ。




尚、ここから教室に戻るまでの間は省略させてもらう。




僕は3年2組。
クラスには──

1、ドクオ
2、クー
3、ツン


>>113-115
被っても、そのままカウント

110 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:01:02.86 ID:PhvHW6ClO
3

111 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:01:54.04 ID:aBBijNw10
ksk

112 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:01:55.52 ID:hJ7fVJyj0
3

113 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:02:16.06 ID:hJ7fVJyj0
3

114 :愛のVIP戦士:2007/01/22(月) 01:02:16.26 ID:v2r4ekCU0


115 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:03:17.40 ID:ExcvLD4kO
2

116 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:06:35.97 ID:VaV6vu/X0
僕のクラスには、幼馴染のツンがいる。
先ほど、僕を助けてくれた女性だ。

ξ゚听)ξ 「全く……また遅刻になりそうじゃない」
( ^ω^)「でも、バレなきゃいいんだお!」


川 ゚ -゚)「バレなきゃいい?」

僕の背後に、突然現れた人影。
彼女はクー。生徒会役員で、何かとお世話になっている。

川 ゚ -゚)「それは、私が君の遅刻を見逃さないという意味か?」
(;^ω^)「……クーさん……」

川 ゚ -゚)「内藤隆、遅刻。ちゃんとペナルティを受けろよ」

ペナルティは、放課後の廊下掃除。
地味な作業だが、人が通ったりすると、物凄く恥ずかしくなる。


117 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:10:40.35 ID:waGBXj4p0
遅刻してないのに遅刻扱いとは酷い奴だなwwwwwwwwwwwwwwwwww

118 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:12:59.41 ID:VaV6vu/X0
きーんこーんかーんこーん


授業の始まりだ。
席を離れていた人はみな席に戻る。
僕も無論、自分の席へと腰を落ち着かせた。

( ´ω`)(乗法ってなんだお……)

なにやら教師が難しい事を言っている。
僕は軽くそれを聞き流した。



そして時は放課後に移る──

119 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:14:40.65 ID:VaV6vu/X0
( ´ω`)「雑巾がけまんどくせ」

僕は両手に雑巾を持ち、膝を突き、必死に走り回っていた。
残り12往復、このままでは部活に大きく遅れる。

( ´ω`)「ぉぉ……」

めんどくさい、めんどくさい、ああ。



(*^ω^)「そうだお!!!」

僕は突然ひらめいた。
そうだ!あの手を使えば簡単じゃないか!

120 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:14:50.38 ID:waGBXj4p0
バルキスの定理wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwっうぇ


…あれ?

121 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:17:29.66 ID:VaV6vu/X0
僕は立ち上がり、両手に持つ雑巾を地面に置いた。
その二つの雑巾に、両足を乗せる。

そう、みなさんも一度は経験した事があろう。
足で雑巾を使う、アレだ。

(*^ω^)「これで走れば、12往復なんて簡単だお!」

僕は早速走り出す。
両足を綺麗に地面につけ、雑巾をつれてくる。
ちゃんと掃除してますよ、先生。

(*^ω^)「おお!後3往復だけだお!」

なんという速さ。
僕は調子に乗って、両手を真横に上げた。
その瞬間、僕のスピードは倍増した。

(*^ω^)「これぞ『ブーンの定理』!!」

そのスピードは、もはや人間では図ることができないだろう。

122 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:19:52.43 ID:VaV6vu/X0
よし、折り返し地点──

川 ゚ -゚)「内藤、ちゃんとやって──
(;^ω^)「───!!!!」
川;゚ -゚)「────!!!!!」


激突


僕たちは音をたてて崩れ落ちた。
頭からいったのだろうか、頭に激痛が走る。
痛い……体が軽く感じられる。

でも、この胸にある重量感はなんなのだろうか?
疲労からくる重みか?心の重みか?



川;゚ -゚)「あいたた……大丈夫かお?」


(;^ω^)「痛……。どこを見ている!!」




123 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:20:51.58 ID:VaV6vu/X0
メモリーカード2
主人公:( ^ω^)   川 ゚ -゚)
時:昼
場所:学校
参考:……お……?


セーブしました。

124 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:21:02.52 ID:waGBXj4p0
またエロゲ?

125 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:21:18.92 ID:f+8VXmEuO
これは……

126 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:22:38.83 ID:JVTHbfMGO
    / ̄ ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  | ノヽ ( ●)(●)
.  | ⌒   (__人__)  川 ゚ -゚)はバインバイン過ぎだろ・・・
   |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて・・・
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ
     >、__,<
   /ヾ  Y  ;ヽ

127 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:22:57.28 ID:VaV6vu/X0
今日の投下はここまでとなります。
お疲れ様でした。

恐らく、明日も投下できるかと思います。
その際はまたよろしくお願いします。

少しの時間だけ、質問とか受け付けますが……。

128 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:24:35.80 ID:aBBijNw10
乙!

129 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:24:47.98 ID:a4NLE1JnO
>>127
エロゲDL中にウィルスにかかった経験は?

130 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:25:21.75 ID:waGBXj4p0
>>127
メモリーカードの増設の予定は?

131 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:26:31.04 ID:VaV6vu/X0
>>129
健全な子供なので、その用な事は一切していません。

>>130
今のところ、完全な予定はありません。
ただ、時間的に厳しいものがあるので、増やす場合があるかもです。
個人的に、増やしたほうが早く進む感があるので……。



132 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:26:38.50 ID:PhvHW6ClO
>>127
正直しぃ編終わってほっとしてる?

133 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:27:10.77 ID:bmXzD3nAO
乙!

134 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:29:08.30 ID:VaV6vu/X0
>>132
ほっと……。
内心、しぃ編は書きにくかったのは事実です。
ただ、思いのほか長くなってしまったので、終了に関しては後悔はしていません。


135 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:29:25.22 ID:a4NLE1JnO
>>131
バスケ経験は?

136 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/22(月) 01:30:18.70 ID:VaV6vu/X0
>>135
あります。

では、ここらへんで終わりたいと思います。
ありがとうございました。

137 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:32:23.34 ID:a4NLE1JnO
>>136
まとめも頑張ってね ノシ

138 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:40:02.88 ID:KT0rlaVwO
乙かれ

139 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:45:56.11 ID:KGEwqO2s0
まとめでしぃ編の終わりを見てとてもやるせない気持ちになった俺が来ましたよ

140 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:47:00.66 ID:waGBXj4p0
>>139
あれ?俺いつの間に書き込んだんだ?

141 :閉鎖まであと 1日と 19時間:2007/01/22(月) 01:49:32.91 ID:KGEwqO2s0
>>140
よう俺

142 :閉鎖まであと 1日と 17時間:2007/01/22(月) 03:24:10.08 ID:+gLwvt+r0
(携帯可)肉便器図鑑
http://ccfa.info/cgi-bin/up/src/up42260.htm

143 :閉鎖まであと 1日と 15時間:2007/01/22(月) 05:23:56.25 ID:KT0rlaVwO


144 :閉鎖まであと 1日と 14時間:2007/01/22(月) 06:50:42.66 ID:GJQIBtg4O
ほす

145 :閉鎖まであと 1日と 13時間:2007/01/22(月) 07:44:53.07 ID:XmY1csB9O
川 ^ω^)

146 :閉鎖まであと 1日と 12時間:2007/01/22(月) 08:23:42.15 ID:k3vnzkqL0


147 :閉鎖まであと 1日と 11時間:2007/01/22(月) 09:31:02.40 ID:GJQIBtg4O
保守

148 :閉鎖まであと 1日と 10時間:2007/01/22(月) 10:24:46.46 ID:TJXYo80DO
保守

149 :閉鎖まであと 1日と 9時間:2007/01/22(月) 11:53:04.73 ID:GJQIBtg4O


150 :閉鎖まであと 1日と 7時間:2007/01/22(月) 13:37:34.22 ID:PVdwKoyjO


151 :閉鎖まであと 1日と 6時間:2007/01/22(月) 14:34:31.14 ID:+RfUPaWR0
ho

152 :閉鎖まであと 1日と 6時間:2007/01/22(月) 14:59:25.78 ID:ixyeLJK/O
Syu

153 :閉鎖まであと 1日と 5時間:2007/01/22(月) 15:03:28.04 ID:0JQoNhyJ0
ほああああ

154 :閉鎖まであと 1日と 5時間:2007/01/22(月) 15:26:13.79 ID:+RfUPaWR0
ho

155 :閉鎖まであと 1日と 4時間:2007/01/22(月) 16:13:35.49 ID:R2JEdotb0
ほし

156 :閉鎖まであと 1日と 4時間:2007/01/22(月) 16:31:57.55 ID:k3vnzkqL0


157 :閉鎖まであと 1日と 4時間:2007/01/22(月) 16:33:12.62 ID:jL8IeRzWO
ここにも遊びに来て下さい。
(´・ω・`)
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/keirin/1162575374/

158 :閉鎖まであと 1日と 3時間:2007/01/22(月) 17:33:05.93 ID:XmY1csB9O


159 :閉鎖まであと 1日と 2時間:2007/01/22(月) 18:38:24.67 ID:k3vnzkqL0


160 :閉鎖まであと 1日と 2時間:2007/01/22(月) 18:43:15.79 ID:yyyOdSMm0
しぃ編の終わりかたは結構きつかったなぁ・・・・
他のはできるだけバッドエンドは回避したいな

161 :閉鎖まであと 1日と 1時間:2007/01/22(月) 19:40:52.24 ID:k3vnzkqL0


162 :閉鎖まであと 1日と 0時間:2007/01/22(月) 20:42:21.59 ID:k3vnzkqL0
ho

163 :閉鎖まであと 1日と 0時間:2007/01/22(月) 20:52:57.57 ID:ExcvLD4kO


164 :閉鎖まであと 0日と 23時間:2007/01/22(月) 21:00:13.52 ID:k3vnzkqL0


165 :閉鎖まであと 81421 秒:2007/01/22(月) 21:22:59.16 ID:NKBuYqTAO


166 :閉鎖まであと 81031 秒:2007/01/22(月) 21:29:29.02 ID:S1CdZIUqO


167 :閉鎖まであと 80926 秒:2007/01/22(月) 21:31:14.99 ID:oSCn3i0y0
          /⌒ヽ
        /( ´ω`)  足が…足が動かないお…
        || | |  | |  VIPで生まれて…みんなに走らされてきたお…
         ( | |ノ| |  きつかったけど…走るだけで…ただ走るだけで皆笑ってくれた
         ノ>U U それだけで…ブーンうれしかったお…うれしかった…
      ..........レレ    でもいつかこんな日が来るのは分かってた…みんなありがとう…

          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ´ω`)二⊃  ぶ、ぶうn …
        |    /
         ( ヽノ
         ノ>ノ
      ..........レレ

        ...........⌒ヽ
    ..........  ( ´ω`)二⊃  あ、あれ?体が…
     ..........   /
       ..........ヽノ
     ..........>ノ

       ........../⌒ヽ
        ..........´ω`)  みんな…みんなありがとう…


                ........    あ  り…が…


168 :閉鎖まであと 80663 秒:2007/01/22(月) 21:35:37.58 ID:6zM11YF70
>>167
。・゚・(ノД`)・゚・。

169 :閉鎖まであと 78189 秒:2007/01/22(月) 22:16:51.63 ID:XmY1csB9O


170 :閉鎖まであと 77020 秒:2007/01/22(月) 22:36:20.82 ID:TJXYo80DO


171 :閉鎖まであと 75912 秒:2007/01/22(月) 22:54:48.60 ID:rDRxM1yvO


172 :閉鎖まであと 75739 秒:2007/01/22(月) 22:57:41.95 ID:krKIvXveO
 /~ヽ /~~ヽ
`|‖/⌒メノ
`/ ノ/ 冫、)/
( ノ/ ` /ソ
 ヽ★ ★⌒ 
`` \ (/\)
   \|‖|
 _ _/|‖|\_.
`(_~Y 〔  〕`\ミ
 \_/ ~^^^\_ノ ̄


173 :閉鎖まであと 75731 秒:2007/01/22(月) 22:57:49.45 ID:llNAiSDgO
ほぉん(´Д`)

174 :閉鎖まであと 73838 秒:2007/01/22(月) 23:29:22.98 ID:XmY1csB9O


175 :閉鎖まであと 71354 秒:2007/01/23(火) 00:10:46.41 ID:gIhcq5pQO
ほし

176 :閉鎖まであと 69962 秒:2007/01/23(火) 00:33:58.05 ID:f932k9iGO


177 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 00:52:54.69 ID:plvI9FOn0
遅くなりました……。

投下始めます。

178 :閉鎖まであと 68572 秒:2007/01/23(火) 00:57:08.52 ID:KC/agRmA0
ktkr!!

179 :閉鎖まであと 68535 秒:2007/01/23(火) 00:57:45.65 ID:ZWOYLFywO
wktk

180 :閉鎖まであと 68212 秒:2007/01/23(火) 01:03:08.99 ID:plvI9FOn0
メモリ1:ドクオ

メモリ2:ブーン

メモリ3:ツン

メモリ4:ギコ

ですので、ご注意下さい。
では、投下始めますね

181 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:03:23.65 ID:plvI9FOn0





           ( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)





                 1、ニューゲーム(残数0)
                ⇒2、ロードゲーム(4)

ロードします。

182 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:06:12.12 ID:plvI9FOn0

メモリーカード1
主人公:('A`) ドクオ
時:昼
場所:屋上
参考:ドラえもん〜。

メモリーカード2
主人公:( ^ω^)   川 ゚ -゚)
時:昼
場所:学校
参考:……お……?

メモリーカード3
主人公:ξ゚听)ξ ツン
時:昼
場所:ぃょぅ城
参考:……

メモリーカード4
主人公:( ,,゚Д゚) ギコ
時:昼
場所:しぃの家
参考:────



>>183-185

183 :閉鎖まであと 68003 秒:2007/01/23(火) 01:06:37.44 ID:hLkXdpV60
3

184 :閉鎖まであと 67994 秒:2007/01/23(火) 01:06:46.71 ID:ZWOYLFywO
4

185 :閉鎖まであと 67979 秒:2007/01/23(火) 01:07:01.85 ID:L21/7yyQO


186 :閉鎖まであと 67776 秒:2007/01/23(火) 01:10:24.35 ID:P6gICK3kO
wwkkttkk

187 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:11:40.82 ID:plvI9FOn0
ξ;゚听)ξ 「何やってるの……」

目の前の光景が理解できなかった。
一人の男がいるだけなのに、その男の声色が変わっている。
とても低い音から、女のような高い音まで。
まるで、いくつもの人間がいるよう。

(=゚ω゚)「はぁ……はぁ……」

狂ったように叫んだかと思うと、突然ぃょぅ君はガクリと肩を落とした。
パソコンの前の椅子に、もう一度座りなおす。

(;^ω^)「な、なんなんだお……」

それからスグに、家のものがやってきた。
私達が説明しようとするのも聞かず、彼等は私達を家から追い出す。

ξ゚听)ξ 「ちょっと!」

その叫びも届かないまま、私達は外に放り出された。

188 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:14:38.78 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「……」
(;^ω^)「……」
(;゚∀゚)「……」

ξ゚听)ξ 「ねぇ……。ぃょぅ君って、前からあんな感じだったの?」
(;゚∀゚)「いや……どっちかと言うと、クールな感じ……」

じゃあ、あれは一体なんだったのか?
ブーンがパソコンを消した途端に豹変した。
何度も、何人にも変わった。

ξ゚听)ξ 「ねぇ、ブーンは何か分かる?」
(;^ω^)「………」

放心状態にあるのか、ブーンの返事はなかった。
彼にしてはめずらしく、考え事をしているらしい。

189 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:15:11.85 ID:plvI9FOn0


1、ブーンのかんがえごとを聞く
2、もう一度、家に入る
3、かえる

>>192

190 :閉鎖まであと 67402 秒:2007/01/23(火) 01:16:38.66 ID:4XARdylOO
2

191 :閉鎖まであと 67353 秒:2007/01/23(火) 01:17:27.14 ID:KC/agRmA0
2


192 :閉鎖まであと 67346 秒:2007/01/23(火) 01:17:34.67 ID:cs/5V7s7O


193 :閉鎖まであと 67340 秒:2007/01/23(火) 01:17:40.76 ID:KC/agRmA0
2


194 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:21:45.68 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「アンタ……なんか変な事考えてないでしょうね……」

私は一歩ブーンに近づいた。
ブーンは嘘をつく時、鼻が赤くなるのを知っている。

(;^ω^)「べ、別に……」

ほら、赤くなった。

ξ゚听)ξ 「……何企んでるのよ」
(;^ω^)「お……」

少しずつ、少しずつ距離を縮めていく。
ブーンは観念したのか、両手を前に出した。

(;^ω^)「別に、大した事じゃないお!!」

彼にはめずらしいほどの大声。
怪しいといえば怪しいが、これ以上聞くのは無理そうだ。

195 :閉鎖まであと 66895 秒:2007/01/23(火) 01:25:05.76 ID:L21/7yyQO
支援

196 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:27:51.26 ID:plvI9FOn0
結局、そのまま私達は帰ることにした。
二人は、今から部活に行くという。

ξ゚听)ξ 「はぁ……」

たった一人の帰り道。
私は大きく溜息を着いた。

ξ゚听)ξ 「なーにしに行ったんだか……」

本当に、無駄な一日だった気がする。
逆に、ぃょぅ君という白馬の皇子様を見失ってしまった。

ξ゚听)ξ 「……」

最近、悪い事ばかり起きているような気がする。
いい事がないような……そんな気がする。

197 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:35:11.11 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「ただいまー……」

誰もいない家。
もうこんな状況にも慣れた。

私はシャワーだけを浴びて、もう一度リビングに戻った。
牛乳を一口、これだけは欠かせない。

ξ゚听)ξ 「何もする事ないし……」

寝よう。


198 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:38:16.18 ID:plvI9FOn0
次の日、私が学校に着いたときに、既にブーンの姿があった。
いつもは遅刻ギリギリの彼。

ξ゚听)ξ 「それで、何でそんなに嬉しそうなのよ」
(*^ω^)「なんでもないお」

私は大きく息を吐く。
そして、彼の耳元で叫んだ。

ξ#゚听)ξ 「昨日から何を隠してるのよ!!!!」

(;^ω^)「お……」

ξ#゚听)ξ 「これでも言わないって言うんだったら……」

私は強く右手で拳を作る。
それを見た彼は、慌てて声を出した。

(;^ω^)「おお!実は、昨日の夜、またぃょぅ君とあったんだお!」

199 :閉鎖まであと 65965 秒:2007/01/23(火) 01:40:35.34 ID:1hF25k1sO
(=゚ω゚)「これみてどう思う?」

( ^ω^)「すごく…大きいです…」

200 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:40:48.08 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「昨日の夜?どこで会ったのよ」
(;^ω^)「始まりの町」

ξ#゚听)ξ 「死にたい?」
(;^ω^)「いや、本当に始まりの町なんだお!!」

もう意味が分からない。
さらにそこへ、もっと事態を大きくする人物が現れた。

川 ゚ -゚)「おい、内藤」

クーだ。
先ほどまで席に座っていた彼女が、いつの間にか来ている。

川 ゚ -゚)「ちょっと話があるから、来い」
(;^ω^)「お……」
ξ゚听)ξ 「……」


そうだった。
ブーンとクーは、もうエッチするような仲だもんね。
私が、気安く入れるような仲じゃないんだ。

201 :閉鎖まであと 65848 秒:2007/01/23(火) 01:42:32.45 ID:1hF25k1sO
川 ゚ -゚)「このウインナーみてどう思う?」

( ^ω^)「すごく…大きいです…」

202 :閉鎖まであと 65842 秒:2007/01/23(火) 01:42:38.55 ID:IWy2iXYT0
そういや忘れてた


203 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:43:14.48 ID:plvI9FOn0
( ゚∀゚)「ういーっす!ツン!!」
ξ゚ー゚)ξ 「あ、ジョルジュ君」

急いで作った笑顔。
よし、大丈夫みたいだ。

( ゚∀゚)「昨日は大変だったなー」
ξ゚ー゚)ξ 「あはは……ちゃんと部活行けた?」
( ゚∀゚)「あったりめーよぉ!」

私だって、彼と付き合っている。
そうだ、もうブーンやクーのことなんて気にしなければいいんだ。
私は私、クーはクーなんだから。

ξ゚ー゚)ξ 「ん〜…・…。なんか、今日蚊が多くない?」
( ゚∀゚)「そうかぁ?」

なんの意味も無い会話。
それでいいんだ。

204 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:47:19.31 ID:plvI9FOn0
その日はバイトの日だった。
いつも通り、私は時間通りにコンビニに入る。

遅れること10分、クーがやってきた。

川 ゚ -゚)「スマン、遅れた」
ξ゚ー゚)ξ 「ブーンとエッチでもしてた?」
川 ゚ -゚)「……」

返事はない。彼女は黙って更衣室へと入っていった。
私はレジの前に立ち、客を待つ。
もうすぐ、『悪魔の時間』がやってきてしまうから。

ξ゚ー゚)ξ 「あのさ、クーさん。早くしてくれませんか?」

『さん』をつける事で、距離を表した。
更衣室の置くから、「すぐに行く」といういつも通りの返事が返ってきた。



205 :閉鎖まであと 65366 秒:2007/01/23(火) 01:50:34.76 ID:1hF25k1sO

川 ゚ -゚)「ブーンのウインナーおいしいよ」



206 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:52:19.72 ID:plvI9FOn0
すぐに『悪魔の時間』はやってきた。
OL数人が、一気に流れ込んでくる。
クーは品物を並べ、私はレジをやっていた。

OL「ねーねーこの子、髪染めてるよーwww」
OL「キャー!子供のくせにぃ〜wwww」
OL「こーゆー子って、ヤリマンなんじゃない?」
OL「キャーwww信じられない〜wwww」

会話を聞いていると耳が腐る。
私は極力、聞かないことにしていた。

OL「でもさでもさ、ヤリマンって、彼氏を取られる事が多いんだってよ!」

彼氏を取られる。
その言葉に、耳を傾けたのが失敗だった。

ξ゚听)ξ 「あんたの方がヤリマンのくせに」

小さく呟いたつもりだった。
ボソリと、小さく。

OL「ちょっと……聞こえたんだけど」

207 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:54:28.13 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「ふん、おばさんが」
OL「おばさん……!?これでもまだ22なんですけど!」
ξ゚听)ξ 「アナタ足し算できる?たぶん10歳ぐらいずれてるわよ」
OL「は!?ガキのくせに粋がっちゃって!」

次第に言葉の調子が強くなっていく。
そうなると、止まらなくなってきた。

ξ#゚听)ξ 「この化粧臭い糞OLがぁぁぁぁぁぁぁ!」
OL1「糞ガキイイイイイイイ!!!!」
ξ#゚听)ξ 「は、あんたより若いって嬉しい事ね!お ば さ ん!」
OL2「キィイィィィィィィィィィ」


川;゚ -゚)「落ち着いてください……」

隣で、クーがとめようとしているのが分かった。
邪魔、これは女の戦いなのよ!!

208 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:56:12.97 ID:plvI9FOn0
「あれれ〜?こんな所に化粧臭いおばさんと、ませガキがいるよ〜?」

入口から聞こえた声。
ヤバイ、客が着たのか?

私はとっさに入口を見る。
私達と同じ制服を着た、つまり高校生が、そこに立っていた。

从'ー'从「みんなで一緒に深呼吸〜。ひっひ ふ〜。ひっひ ふ〜」
ξ゚听)ξ 「私はませガキじゃなくて、一般少女よ」
OL「私はおばさんじゃなくてお姉さんよ」
川 ゚ -゚)「それは深呼吸じゃなくてラマーズ法だ」

全員がいっせいにつっこんだ。
何だこの雰囲気。

そして、次の瞬間、その女は手を上に上げた。

从'ー'从「早く謝ったほうの勝ち!!」

209 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:57:37.77 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「……」
OL「……」

一瞬にして静かになる。
そして、その静粛は破られる。

ξ゚听)ξ 「……申し訳ありませんでした……」
OL「……悪かったわね……」

そうだ。ここはコンビニなんだ。
ケンカをしたところで、メリットはない。
私が悪くなるだけに決まっている。


OLは商品だけを手に取り、そのままコンビニを後にした。
私、クー、謎の女。

3人が取り残された。

210 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 01:59:09.92 ID:plvI9FOn0
川;゚ -゚)「なぜお前がここに居る!」

突然、クーが大声を上げた。
それに驚き、私は体を振るわせる。

从'ー'从「私がコンビニに居ちゃいけないの〜?」
川;゚ -゚)「なぜここに居ると聞いている!」
从'ー'从「だってここ、私の新しいバイト先だもん」
川;゚ -゚)「ッ!」

見る見るクーの拳が固くなっていく。
何が起こっているんだ?私だけ、取り残されたみたいじゃないか。

川;゚ -゚)「ふざけるな……」

怒りか、クーの言葉は震えていた。

从'ー'从「大丈夫だよ〜。あの時みたいには、もうしないからね〜」

211 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:00:23.78 ID:plvI9FOn0
川;゚ -゚)「ふざけるな!何が『あの時みたいに』だ!何が『大丈夫』だ!」
川;゚ -゚)「お前のせいで、お前のせいで、アイツは……アイツは!!!」

クーは今にも女を殴ろうとしている。
とめるか?とめないか?
体よ、動け!

1、クーをとめる
2、とめない
3、謎の女を殴る

>>214

212 :閉鎖まであと 64750 秒:2007/01/23(火) 02:00:50.73 ID:ZWOYLFywO
1

213 :sage:2007/01/23(火) 02:01:32.91 ID:uTx5kIea0
1

214 :閉鎖まであと 64694 秒:2007/01/23(火) 02:01:46.09 ID:0EjqneZTO


215 :閉鎖まであと 64687 秒:2007/01/23(火) 02:01:53.80 ID:jW3XMnp70
3

216 :閉鎖まであと 64673 秒:2007/01/23(火) 02:02:07.50 ID:jW3XMnp70
クッ

217 :閉鎖まであと 64668 秒:2007/01/23(火) 02:02:12.94 ID:P6gICK3kO
2

218 :閉鎖まであと 64596 秒:2007/01/23(火) 02:03:24.87 ID:bz7ZmsBv0
これなんてデジャヴ?

219 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:05:03.65 ID:plvI9FOn0
有無を言わず、理由も言わずに、私は女を殴った。

从'ー'从「あれれ〜。なんでキミが殴るの〜?」
ξ゚听)ξ 「私とOLの戦いを邪魔したからよ」
从'ー'从「無理やりすぎない?それ」
ξ゚听)ξ 「うるさい!!」

もう一発殴ろうとした所を、クーに手をつかまれた。

川 ゚ -゚)「落ち着け」

……。
そうだ、なぜ立場が逆転している?
ここは、私が止めるべきシーンじゃなかったのか?



220 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:08:07.57 ID:plvI9FOn0
川 ゚ -゚)「それで……なぜお前がいる?」
从'ー'从「ここが新しいバイト先だからだよ〜」
川;゚ -゚)「新しいバイト先だと……?」

いつも冷静なあのクーが、額に汗を流している。
それほどの人物なのだろうか。

从'ー'从「私の仕事は〜……どうやら今日は休みみたい〜」

シフト表を見て、彼女は言った。
「ばいばい〜」と陽気な声だけを残し、彼女はもう一度姿を消す。
コンビニの中は、異様な空気が流れていた。

ξ゚听)ξ 「……それで、説明してくれる?」
川 ゚ -゚)「何の事だ」


1、なぜブーンを呼び出したの
2、彼女との関係は何

>>224

221 :閉鎖まであと 64287 秒:2007/01/23(火) 02:08:33.14 ID:jW3XMnp70
1だろ

222 :閉鎖まであと 64278 秒:2007/01/23(火) 02:08:42.08 ID:uTx5kIea0
1

223 :閉鎖まであと 64278 秒:2007/01/23(火) 02:08:42.55 ID:rcBcDH/g0
1

224 :閉鎖まであと 64276 秒:2007/01/23(火) 02:08:44.86 ID:bz7ZmsBv0
ここは全力で2だろ。

225 :閉鎖まであと 64274 秒:2007/01/23(火) 02:08:46.16 ID:jW3XMnp70
1だああああ

226 :閉鎖まであと 64271 秒:2007/01/23(火) 02:08:49.36 ID:L21/7yyQO
流れが合わないが1

227 :閉鎖まであと 64266 秒:2007/01/23(火) 02:08:54.20 ID:0EjqneZTO
    / ̄ ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  | ノヽ ( ●)(●)
.  | ⌒   (__人__)  作者は物語を繋げるのうますぎだろ・・・
   |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて・・・
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ
     >、__,<
   /ヾ  Y  ;ヽ

228 :閉鎖まであと 64251 秒:2007/01/23(火) 02:09:09.51 ID:jW3XMnp70
クッ

229 :閉鎖まであと 64229 秒:2007/01/23(火) 02:09:31.20 ID:0EjqneZTO


230 :閉鎖まであと 64160 秒:2007/01/23(火) 02:10:40.31 ID:TD7F9j/K0
                  ○
                  ο
                  o

           ,, --──-- 、._
       ,.-''"´           \
     /                ヽ、   と心から思うブーンであった
    /     /\     /\     ヽ
     l   , , ,                     l
    .|        (_人__丿  """     |
     l                      l
    ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /
      `/    |   |    \    /


231 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:13:08.61 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「彼女との関係は……何?」
川 ゚ -゚)「同じ中学出身だ」

以外にも、あっさりとした答えが返ってきた。
同じ中学にしては、関係がもっと深いような気がする。

ξ゚听)ξ 「制服同じだったけど……。同じ高校?」
川 ゚ -゚)「私の知っている限りでは、な」
ξ゚听)ξ 「私の知っている限り?」
川 ゚ -゚)「早く仕事をしないか?」

ここで引いたら負けなきがする。
うん、負けられない。

ξ゚听)ξ 「いいから、教えてくれない?」
川 ゚ -゚)「……一年のときに、退学している」



232 :閉鎖まであと 64008 秒:2007/01/23(火) 02:13:12.73 ID:jW3XMnp70
wktk

233 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:16:07.41 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「じゃあなんで制服着てるのよ」
川 ゚ -゚)「私が知るはずないだろう」

彼女はそれだけ言うと、もう一度商品並べの仕事を始めた。
わかったことは少ない。
だけど、クーに大きく関係している事は分かった。

ξ゚听)ξ (明日誰かに聞いてみよう……)

お客が着たので、私はレジへと進んでいく。
100円のガム買うだけなら、くんな。
別にお前がこよーとこないだろーと、給料はきちんともらえます。って。


・・・・・・・・・・・・・
・・・・
・・・



234 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:18:19.29 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「お疲れ」

勤務時間が終わった。
私とクーは、更衣室で着替えた後、一緒に駅まで歩いていった。
本当は、ブーンのことを聞きたかったのだが、その勇気が私にはなかった。

事実を言われたら、認めるしかなくなるから。


川 ゚ -゚)「なぁ、ツン」

以外にも、話を切り出したのはクーだった。

川 ゚ -゚)「最近、なぜ私に冷たくあたる」

コイツは、理由が分かってないのだろうか。
もともとノンケっぽい気はするが、まさかここまでとは。

川 ゚ -゚)「……何か、勘違いをしていないか?」

235 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:21:43.33 ID:plvI9FOn0
ξ゚听)ξ 「勘違い?」
川 ゚ -゚)「私はお前に嫌われるような事はしてないつもりなんだが」
ξ゚听)ξ 「へぇ〜……。バリバリにお洒落してきて、ブーンとデートしたのに?」
川;゚ -゚)「あれは、まぁ……」

普通にしているじゃないか。
アレだけの事を、忘れたというのか。コイツは。

ξ゚听)ξ 「別に、もういいよ。ブーンの事なんか」
川;゚ -゚)「……」
ξ゚听)ξ 「だって、私がブーンを拘束しても意味ないでしょ」

口から出てくる言葉。
出てこないで。お願いだから、止めて。

ξ゚听)ξ 「ブーンが好きな人の所へ行く。それが、一番幸せなんじゃないかな」

言いたくない。
これ以上、心にもないことをいいたくない。

ξ゚听)ξ 「ブーンにさ……好きな人がいるならさ……」


ξ;凵G)ξ 「それは……応援してあげないと……。友達だから……」



236 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:23:47.71 ID:plvI9FOn0
言葉と共に出てきたのは涙。
言葉をとめたのに、涙は止まらない。

ξ;凵G)ξ 「……」
川 ゚ -゚)「……ツン」

何を言うの?

私を慰める?
やめてよ、そんな同情いらない。

私を突き放す?
やめてよ、一人にしないで。

一体…・・・・私に、何を言うの?




私が感じ取ったのは、言葉じゃなかった。
黙って、私を包み込む、クーの暖かさだった。

237 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:24:49.44 ID:plvI9FOn0
メモリーカード3
主人公:ξ゚听)ξ ツン
時:夜
場所:駅までの道
参考:クーの暖かさ

セーブしました。

238 :閉鎖まであと 63298 秒:2007/01/23(火) 02:25:02.78 ID:jW3XMnp70
おつかれー

239 :閉鎖まであと 63253 秒:2007/01/23(火) 02:25:47.84 ID:L21/7yyQO


240 : ◆sHNGWXTAUA :2007/01/23(火) 02:26:08.37 ID:plvI9FOn0
今日の投下はここまでとします。

夜遅くまで、ありがとうございます。

ツン編は久しぶりだったので、少し矛盾があるかもしれません・・・。

できれば、見えないようにしてください。

では、ありがとうございました。

また明日……。今日になるかもしれませんが。

241 :閉鎖まであと 63196 秒:2007/01/23(火) 02:26:44.05 ID:jW3XMnp70
期待してるぜ!

242 :閉鎖まであと 63192 秒:2007/01/23(火) 02:26:48.22 ID:bz7ZmsBv0
>>240
気長に頑張って〜。

243 :閉鎖まであと 63184 秒:2007/01/23(火) 02:26:56.90 ID:rcBcDH/g0
おつ〜次の投下までwktkしながら待ってる

244 :閉鎖まであと 63102 秒:2007/01/23(火) 02:28:18.81 ID:ZWOYLFywO


245 :閉鎖まであと 63052 秒:2007/01/23(火) 02:29:08.86 ID:uTx5kIea0
乙かれ〜

246 :閉鎖まであと 62944 秒:2007/01/23(火) 02:30:56.24 ID:P6gICK3kO
乙〜

247 :閉鎖まであと 62886 秒:2007/01/23(火) 02:31:54.25 ID:gIhcq5pQO
乙!

248 :閉鎖まであと 62320 秒:2007/01/23(火) 02:41:20.80 ID:soRubLnWO
しかしこの作者は秀逸だな

249 :閉鎖まであと 53425 秒:2007/01/23(火) 05:09:35.58 ID:NFbtjnoOO
意外に落ちないもんだな

250 :閉鎖まであと 53405 秒:2007/01/23(火) 05:09:55.48 ID:ZWOYLFywO


251 :閉鎖まであと 48309 秒:2007/01/23(火) 06:34:51.04 ID:dvLTMDPtO
まとめ読んだ。結局しぃは妊娠しなかったんだろうか

252 :閉鎖まであと 36389 秒:2007/01/23(火) 09:53:31.52 ID:CV27YhKuO


253 :閉鎖まであと 33851 秒:2007/01/23(火) 10:35:49.10 ID:cw/z6w3TO
保守

254 :閉鎖まであと 31380 秒:2007/01/23(火) 11:17:00.71 ID:jW3XMnp70


255 :閉鎖まであと 30525 秒:2007/01/23(火) 11:31:15.57 ID:jjp5DxkO0
          /⌒ヽ
        /( ´ω`)  足が…足が動かないお…
        || | |  | |  VIPで生まれて…みんなに走らされてきたお…
         ( | |ノ| |  きつかったけど…走るだけで…ただ走るだけで皆笑ってくれた
         ノ>U U それだけで…ブーンうれしかったお…うれしかった…
      ..........レレ    でもいつかこんな日が来るのは分かってた…みんなありがとう…

          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ´ω`)二⊃  ぶ、ぶうn …
        |    /
         ( ヽノ
         ノ>ノ
      ..........レレ

        ...........⌒ヽ
    ..........  ( ´ω`)二⊃  あ、あれ?体が…
     ..........   /
       ..........ヽノ
     ..........>ノ

       ........../⌒ヽ
        ..........´ω`)  みんな…みんなありがとう…


256 :閉鎖まであと 25642 秒:2007/01/23(火) 12:52:38.59 ID:w+OZIsZjO
ほし

257 :閉鎖まであと 23471 秒:2007/01/23(火) 13:28:49.21 ID:cw/z6w3TO
ほす

258 :閉鎖まであと 17346 秒:2007/01/23(火) 15:10:54.97 ID:j9vUSQcyO


259 :閉鎖まであと 13832 秒:2007/01/23(火) 16:09:28.66 ID:FkjeiXO70
保守

260 :閉鎖まであと 11170 秒:2007/01/23(火) 16:53:50.67 ID:EcMs14rBO
すほ

261 :閉鎖まであと 9574 秒:2007/01/23(火) 17:20:26.13 ID:UtIhmGPn0


59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)