5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(´・ω・`)切なくなるコピペ貼っていこうぜ(´・ω・`)

1 :閉鎖まであと 1968014 秒:2007/02/01(木) 01:19:46.12 ID:PKn5cKDH0
46 大人になった名無しさん :04/02/08 00:46

小4の時の1月15日連休最初の日だっけかな?
いつものメンバー5人で俺の住んでたマンションで遊んでいた。
あん時はミニ四駆を廊下で走らせてて騒いでは管理人さんによく怒られたもんだ。
俺は改造が下手でいつも遅かった。そん中の香具師が肉抜きしてやるから貸してや
といわれて俺はどうしても1番になりたかったから貸して改造をお願いした。
休み終わったら学校に持っていくわと言われてかなり楽しみにしてた。
その休み明けそれが1月17日震災の日だった。
俺は電球の傘にぶつかって額を切ったがなんとか無事だった。
避難した公園にいつもの奴らが集まってくる4人揃ったが後1人こない。
心配になって4人とうちの親父とでそいつの家の前に行ってみた。
光景は悲惨なものだった。1階部分が見る影もなく2階しかなかった。
そいつの姉貴が2階で寝てたらしくて無事に出てきたがワンワン泣いていた。
「お母さん、お父さん、〇〇、何してんのよ早くねてらんと早く出てきてや。」
俺たちもその前で立ち尽くすばかりで何もできずそれぞれ親戚の家や知り合いの
家に避難することになってしまった。
そして2月に入っての新聞。死亡者名の欄にあいつと、あいつの両親の名前が載っていた。
俺はそれを聞いて地元にいったん戻った。2月20日の合同慰霊祭。あいつと対面したのはその日だった。
スプレー塗装が剥げてるボロボロのミニ四とメモをやつ姉貴が渡してくれた。
メモには「ちょっとオマケでスプレーもしといたで。これでお前もいっちょまえになれるな
次走るとき楽しみにしてるで」



「いつ走るねんや。アホが」涙で言葉はそれしかでなかった。

あれから9年、色あせてもう動くことはないだろうミニ四
今も部屋の机の上に置いている。


2 :閉鎖まであと 1967935 秒:2007/02/01(木) 01:21:05.17 ID:aEGXkis90
異議あり!!アキラカに矛盾しています!

3 :閉鎖まであと 1967895 秒:2007/02/01(木) 01:21:45.62 ID:aRVtV/670
てs

4 :閉鎖まであと 1967889 秒:2007/02/01(木) 01:21:51.11 ID:OcN9UpQ8O
「さぁ大作、これでお前が世界を救うんだ、そして教えておくれ父さんに、
 そう幸せは犠牲なしには得ることはできないのか、その答えを、いつか私に教えておくれ」

5 :閉鎖まであと 1967862 秒:2007/02/01(木) 01:22:18.25 ID:0oADrxkQO
スピンアックスでゲス(笑)

6 :閉鎖まであと 1967726 秒:2007/02/01(木) 01:24:34.54 ID:b7scKHzL0
(ノ_・、)

7 :閉鎖まであと 1967405 秒:2007/02/01(木) 01:29:55.18 ID:PKn5cKDH0
39 水先案名無い人 :2006/12/29(金) 20:47:54 ID:dcrstSvw0

ふりむくと
一人のサラリーマンが立っている
彼は猫を拾うたび
うれしくて
カレーライスを三杯も食べた

ふりむくと
一人の車椅子の少女がいる
彼女は庭に来た野良猫を見て
走ることの美しさを知った

ふりむくと
一人の人妻が立っている
彼女は夫に黙って
子猫を拾ってきたことが
たった一度の不貞なのだった

ふりむくな
ふりむくな
後ろには夢がない


だが忘れようとしても
眼を閉じると
あの日の姿が見えてくる
耳をふさぐと
あの日のえさをねだる声が
聞こえてくるのだ

8 :閉鎖まであと 1967268 秒:2007/02/01(木) 01:32:12.14 ID:6/GUmK/w0
こないだイケメンの友達と話してたらそいつが
「あーダッチワイフほしいなー」とか言い出した。
俺はこいつヤリまくってるくせにそんなもんまでほしいのかと思ったが
俺も前々からほしかったため「俺も俺もwマジでほしいよなw」と話に乗った。
イケメン「やっぱちょっとロリぽい体型がいいなー」
   俺「あー俺はやっぱりおっぱいとかでかいのがいいな」
イケメン「あ、あとあんまり金かかるのもごめんだな」
   俺「そうだよなーお互い金ないもんなー」
正直、こいつとこんなに話が盛り上がったのは初めてだった。
それは俺が心のどこかで俺とこいつは違うと思っていたせいかもしれない。
俺は自分を恥ずかしい人間だと思った。たとえこの話が嘘だったとしても
こいつはモテない俺に話をあわせるために一生懸命になってくれてる。
それだけで俺は嬉しかった。俺はこいつと一生友達でいようと心に決めた。
そんな風に自分の中でさまざまな思いをめぐらしてると、そいつが突然
「じゃあ今から探しにいこうぜ」と言ってきた。
さすがに夜の11時くらいだったし、店も開いてるかわからない。
何よりどこに売ってるかもわからなかったから、
「おいおいw今からはムリじゃね?」と言った。するとそいつはあきれた顔で
「馬鹿だな今くらいがちょうどいいんだよ」と言ってきた。
そりゃまあ夜中で人は少ないほうがいい。
   俺「でも、場所とかわかんの?」
イケメン「駅前とかでいいだろ」
駅前にそんな店あったか?と思ったが、まあ親友のこいつが言うなら問題ないと思って了解した。
それで二人で俺の車に乗り込み駅前に向かった。


9 :閉鎖まであと 1967252 秒:2007/02/01(木) 01:32:28.89 ID:6/GUmK/w0
 俺「いやーなんかドキドキするな?w」
イケメン「そうだなw俺もテンション上がってきた」
   俺「とりあえず、手に入れたら俺帰るよw早く試してぇし」
イケメン「おー気が早いなwまあ最終的にはそんな感じがベストだな」
テンション上がりまくりの二人。俺もまさか今日夢のダッチワイフを
手に入れられるとは思っても見なかった。脳内ではすでにプレイ中だった。
逸る気持ちを押さえつつも駅前に着いた時、そいつは言った。
イケメン「いやーでも大丈夫かなー」
   俺「何が?」
イケメン「俺もひさしぶりだからさー‘ナンパ’」
   俺「・・・・・・はぁ?ナンパ?」
イケメン「うん。昔は毎晩のようにやってたんだけどなー」
   俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 
イケメン「ん?どうした?元気なくね?」
   俺「・・・俺、腹痛いから帰るわ」
イケメン「ええーマジかよーまあでもそれならしょうがな。帰ろうぜ」
家に帰った俺は思った。あーこれが差なんだと。
同じ言語から想像することの決定的な差。もう決して埋まることはないであろう差。
あいつはリアル女の都合の良さそうな女をダッチワイフと呼び、
俺は血の通わない人形をダッチワイフと呼んだ差・・・・
いつの間にか涙が出ていたが俺は拭かなかった。
そして泣きながらお気に入りのエロDVDでオナニーした。そんな23歳の夜。

10 :閉鎖まであと 1967190 秒:2007/02/01(木) 01:33:30.69 ID:Q5an+y5T0
今日の昼下がり、黒い対向車とすれ違うのが難しい狭い道路での出来事。 
↓対向車と鉢合わせ 

_______/ ̄\____ 
●→    ←俺 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
そこで俺のほうが待避所に近い所にあるし、とりあえずバックして 
↓の図のように待つことに。 


_______/ ̄\____ 
       ●→      俺 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
これで対向車は待避所に入り、すれ違う事が可能になる。 


_______/ ̄\____ 
               ●俺 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
               ↑馬鹿かこいつは。 

11 :U´・ω・)ワンワン ◆kiranCF8/A :2007/02/01(木) 01:34:39.47 ID:Hes1id130
。・゚・UノД`)・゚・。

12 :閉鎖まであと 1966854 秒:2007/02/01(木) 01:39:06.63 ID:b7scKHzL0
( ^ω^)どんなにつらいときでも、ボタンを押せばおまえらがいた。

( ^ω^)ひとりぼっちに感じたときにも、おまいらがなぐさめてくれた。

( ^ω^)覚えてるかお?みんなで悪質サイトに突撃したこと。闘病中のやつに折り鶴折ったこと。

( ^ω^)死にたいって書き込んだときのたった一言の生`に涙をながしたこともあった。

( ^ω^)さようなら、大好きなおまえら。

13 :閉鎖まであと 1963174 秒:2007/02/01(木) 02:40:26.08 ID:6/GUmK/w0
泣いた

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)