5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

旧ジャンル「文房具」6

1 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 21:46:55.37 ID:OOn2jPhC0
まとめ
http://www23.atwiki.jp/new_jack/

http://les.s184.xrea.com/

2 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 21:48:15.77 ID:OOn2jPhC0
よーやく、たてれた。


証拠品?と、先生は首をかしげて、そんな大事なものを私が投げるかと先生は言った。
「え、だったら、何を――」
警察に証言として突き出したんです?と言う前に先生は椅子を回して、
後ろの服入れを開く。そして、しゃがんでゴソゴソやると、三つの箱を取り出した。
一個がだいたい、ティシュケースぐらいの大きさだ。

3 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 21:54:41.28 ID:IniFGjx40
ktkr

4 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 21:56:02.77 ID:eeRiuSnxO
テスト期間中の学生をつかまえて離さないなんていじわるなスレだ。

5 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 21:56:29.84 ID:IniFGjx40

【テンプレ】
ある日突然、男は文房具達の「魂の形」が見えるようになってしまった。
文房具達と「会話」し、一緒に食卓を囲む……
そんな非日常が当たり前になったころ、男は人間の死体を発見する。
その死体の傍らには主人を失った一本の、もとい一人の老人の姿。

老人の目撃証言により、二人の高校生の犯行が露呈した。
人の皮を被った怪物、老人がそう称した二人の内の一人に接触する男……

果たして作者は新ジャンルという枠を打ち破り、新たなカテゴリーを創り出せるのか!?


【前スレ】
旧ジャンル「文房具」5
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1171802285/



6 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:02:06.35 ID:LYlta+4z0
文才のない俺で悪いが、前スレまでの経緯を簡略してみた。

【旧ジャンル「文房具」5までのあらすじ】
ある日突然、男は文房具達の「魂の形」が見えるようになってしまった。
文房具達と「会話」し、一緒に食卓を囲む……
そんな非日常が当たり前になったころ、男は人間の死体を発見する。
その死体の傍らには主人を失った一本の万年筆、もとい一人の老人の姿。

老人の目撃証言により、二人の高校生の犯行が露呈した。
男はその高校生らが再び犯行を行うであろう場所を推測し、待ち伏せする。
思惑通り来た、その高校生らに立ち向かう男だが、
気の緩んだところを他に隠れていた二人にやられてしまった。
絶体絶命の状況の中、老人の器である万年筆までもがやつらに踏み潰されてしまう。
なすすべもない万事窮すな俺の前に現れたのは先生だった。
弁護士とは思えない程の技量で老人が言うその怪物たちは気圧され息のつかぬ間に倒されてしまった。

万年筆の老人は男に対して感謝を述べ、主の居る場所へと発ったのであった。

7 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:02:40.80 ID:OOn2jPhC0
一個がだいたい、ティシュケースぐらいの大きさだ。
「使うなら、こっちだ。高性能マイク、小さな音までよく拾うぞ。
 しかもかさばらない」
「だったら、あの時投げたものっていったい…」
「何も記録されていないレコーダーだ。
 奇術の基本の二つを教えよう。
 一つは、注意を他のものに移すこと、
 一つは、相手の予想を裏切ることだ。
 右にあると思えば、左にあるといった風にな。
 あの場合、私の後ろに、
 これが三つあの範囲をカヴァーするように仕掛けてあった。
 この二つは、
 人を騙すにも、自分の大事な人をやきもきさせるに使うにしても――」
覚えておいて、損はない。

8 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:07:59.48 ID:OOn2jPhC0
眼鏡を人差し指で直しながら艶麗に笑う姿は、まさにトリックスター。
「先生って…、本とに弁護士なんですか?」
「人の弁護をするの『も』、楽しい仕事だよ」
も、って何だ、も、って。正体不明の何でも超人は、
デスクの黒い椅子に深く腰掛けてニヤニヤ笑いっぱなしだ。

9 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:09:09.94 ID:LYlta+4z0
アマノジャックさん更新まではこちらから……

【旧ジャンル「文房具」5】
datファイル&htmlファイル
ttp://vipup.sakura.ne.jp/512kb/src/512kb_7372.rar.html

10 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:19:00.81 ID:OOn2jPhC0
…、魅惑的な女性には謎がつきものだというけど、
謎が女性になったような先生は一体何者なんだろうと、
真剣に思いながら先生を見つめていると、ふっと真剣な表情に変わった。
「そうだ、あの殺された方の骨、
 事件現場の隣のお寺に預けられているそうだ。
 引き取り手がいなかったらしくってな。
 しかし、隣の寺の好意で供養だけはしてくれるらしい。
 壊れた万年筆、一緒にしてやりたかったのだろう?
 丁度明日から麗しき黄金週間に突入するはずだ、
 行ってみるといい」
右ポケットに入っている、
壊れた万年筆を入れた袋をやさしく握る。

――爺さん、あんたとあの人、一緒にしてやるからな。

11 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:32:36.50 ID:OOn2jPhC0

五月の昼の日光を体全体で吸収するかのように、俺は寺内を歩く。
あの雨の日には、ここには二度とこないだろうなと思っていたのに、
こんなうららかな太陽の下、もう一度来るとは思わなかった。
前回は素通りした大きい講堂の近くにある、
この寺の居住区らしい場所のインターホーンを鳴らす。

12 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:37:45.76 ID:OOn2jPhC0
出てきたのは、
このお寺の住職さんなのだろう、人のよさそうな顔をした中年の男性だった。
連絡していた者ですと告げると、ご苦労様ですといわれ、すぐに、
家の外にある遺骨の安置室とでも言えばいいのだろうか、案内してくれた。
先に入った住職さんにならって中に入ると、
正直人の骨がある場所になんて慣れていない俺は、
肌寒い感じがして身がこわばる。

13 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 22:44:29.54 ID:OOn2jPhC0
住職さんが、その奥にある骨壷の入った袋を両手で取り出し、
さあ、どうぞと袋を開いてくれる。
手をあわせてから、万年筆が入ってある袋を納めた。
すでに向こうで会っていると思うけど、
俺にできるのはこれぐらいだ。
ありがとうございますと礼を言うと、骨壷の袋を閉じた住職さんは、
仏さんも喜んでいることでしょうと笑った。

14 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:01:33.33 ID:LYlta+4z0
【旧ジャンル「文房具」5 >76〜>214】

前>92 (※意図的だと思うけど)
「万事窮す」
→「万事休す」
前>110 (文章の一番最後です)
「隠れてたのか?。」
→「隠れてたのか?」
前>112 (2行目)
「手はたきながら」
→「手ではたきながら」
前>125 (8行目)
「ナイフ構えなおした」
→「ナイフを構えなおした」

(前>33)靴を鞄に入れて、お婆さんの住居に入る。
(前>81)「他に何か持ってないか調べろ」
来たヤツが俺の胸、右、左ポケットを弄(まさぐ)り、
万年筆の爺さん、録音機を見つけ出す。
→お婆さんの住居内に荷物(鞄)は置いていった……だと思うけど、一応です。

15 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:04:15.69 ID:OOn2jPhC0
>>14
ありがたし、早速直す!
いや、助かるわぁー。

16 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:12:31.70 ID:OOn2jPhC0
何となく、そのまま帰ることができなくて、
隣の公園の鉄棒近くにあるベンチに腰掛ける。
新緑の葉の隙間から零れる柔らかな光が眩しい。
俺は、胸から桜の入った袋を取り出すと、外して両手で抱える。
もそもそと出てきた桜が、きょとんとした顔でこちらを見つめる。

17 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:19:55.63 ID:OOn2jPhC0
あの日、失敗して以来、
力が欲しいという気持ちが消えなかった。
でも、力って何だろう。
何かを守るために、俺が欲しいと思った力は何をしたらつくのか。
それがまだ、俺にはわからない。
でも、何かをしなければというこの気持ちが止まらない。

18 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:20:53.49 ID:uJqHKaI50
うわーー
まだやってたのかwwwww
ちょっと過去ログみてくるわwww

19 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:28:05.68 ID:yCSancrZ0
探したぜ……

20 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:32:56.09 ID:eeRiuSnxO
思えば「文房具」が始まってもう2週間以上たってるんだよな。時間が過ぎるのはえぇなおい。

wktk

21 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:34:37.56 ID:OOn2jPhC0
その何かについて、昨日掃除が終わったあと、
先生に訊ねてみた。
「それは自分で考えろ。
 しかしそれでは不親切か。
 そうだな、もし、助言を与えるとしたら…、
 まずは目先のことにその気持ちをぶつけてみたらどうだ?
 君は受験生なのだろう?
 質のいい大学に入るのは悪いことではない。
 別にいい所に就職するため…ではなく、
 何かを学べる場所としては、大学は最高の環境だよ。
 まぁ、堕落するにも最高の環境だが。
 あの知識の宝庫の図書館や、探求のための自由な時間は、
 君が求める答えを探すにはもってこいだ」
どこの大学に入りたいかは、勉強しながら決めたらいい、だ、そうだ。

22 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:41:19.79 ID:OOn2jPhC0
目先のこと、受験のこと、勉強のこと。
それをするなら、桜たちの力が俺には必要だ。
別に何も言わなくても、こいつらは俺に力を貸してくれるだろう。
でもそれじゃ、対等じゃないような気がする。
俺は、こいつらのココロが見えて、それに力を借りるのであれば、
代わりの決意を俺は差し出さないといけない気がする

23 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:44:54.65 ID:TbiI8SjQ0
wktk

24 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:48:11.53 ID:1e6/p0+MO
書いてて恥ずかしくないんだろうか

25 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:48:43.03 ID:OOn2jPhC0
だから、俺は桜をベンチに置いて、
それと向かい合うようにベンチから降りてしゃがむ。
桜は何も言わず、ただ俺の目を見つめ続ける。
これで、位置は対等だ。あと、示すのは自らの決意。

26 :愛のVIP戦士:2007/02/21(水) 23:51:56.67 ID:OOn2jPhC0
「なぁ、桜。
 俺は前の一件でつくづく自分に力がないことを知ったよ。
 だから、力が欲しい。
 何かが起きても、せめて自分の周りにいる人を守れるぐらいの力が欲しい。
 でも、恥ずかしいことだけど、その力がいったい何なのか、
 俺にはまだわからないんだ。どうすれば、身につくのかもわからないんだ。
 だから、さ、それを学ぶためにも俺は大学にいきたいと思う。
 そのために俺は、勉強しないといけない。
 今まで怠けてきたんだ、その分を取り返さないといけない。
 取り返すためには…、桜たちの力が必要なんだ。
 もし、よかったら――
 弱い俺に力を貸してくれないか?」
風に揺れる心地よい葉擦れの音が、俺と桜の間を流れていく。

27 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:02:27.83 ID:PM/D2/hf0
桜はメイドドレスのスカートの両端をつまんで、腰を下げるように礼をとる。
「それをあなたが望むのなら――わたしたち、この身をかけて尽くします」
俺はそっと手を差し出す、桜もそれに手を乗せてきた。
重なり合う手と手、触れ合う指先。
まだ、進むべき道は漠然としているけど――
桜達となら、きっと前に前に進んでいけるはず。
だから今は、目の前のことをコツコツと積み重ねていこう――。

28 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:05:26.21 ID:FEbPJ/s50
>>23
乙!!

29 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:11:59.56 ID:eh0DRmrL0
あああああああ!
何この終わりそうなふいんき(←何故か変換されない)

30 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:15:03.47 ID:PM/D2/hf0
二人の間に流れる風

風は過去への後悔と、未来への決意をその肩にのせて

新緑に染まる木々(いのち)を鳴らしていく

まだ先は霞んで見えないけれど――
足元だけは見えるのなら、それをしっかりと踏みしめて前に進んでいこう

硬い、透明な盟約が、二人の間に結ばれた

2、進むべき道は  おっしまい

31 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:16:18.39 ID:Bkx/3OC30
2が終わりということはまだまだ続きがあるのか!

32 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:20:23.55 ID:PM/D2/hf0
いやっふー、2話終わったー、ナゲー。
1と比べて何だこの長さ、もはやカオスwwww

>>31
いっやー、あることにはあるんだけど、
今度貼るときは書き溜めてからにするわー。

できた片っ端からのっけていくのは、中々魂を削るwwww

33 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:45:47.82 ID:Bkx/3OC30
>>32 お茶どうぞ

         (   (
        ( (   (. )
         . -‐ ) ‐- .
       .´,.::::;;:... . . _  `.
       i ヾ<:;_   _,.ン |
       l      ̄...:;:彡|
        }  . . ...::::;:;;;;;彡{
       i   . . ...:::;;;;;彡|∧_∧
       }   . .....:::;::;:;;;;彡{´・ω・`)
         !,    . .:.::;:;;;彡   と:.......
        ト ,  . ..,:;:;:;=:彳:―u'::::::::::::::::::::::::::..
        ヽ、.. ....::::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::

34 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 00:50:32.22 ID:PM/D2/hf0
>>33
ありがとう、頂くよ

35 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 01:13:25.44 ID:COH+sWTZO
お疲れ。かなり楽しませてもらった。
次回作も期待。

36 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 01:19:29.09 ID:PM/D2/hf0
>>35
ありがとう、正直皆の保守と、
wktkがなかったら、書くの諦めてた。
ほんとに、ありがとう

37 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 01:34:59.30 ID:YiT2ykyG0
>>1
次も文房具で検索すれば大丈夫だよな?

38 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 02:04:20.62 ID:zbGCHoN90
ここまで続くと文房具じゃ味気ないと思ってるのは俺だけか?

39 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 02:06:43.14 ID:PRQ3NgrH0
味気ないから良い と思う俺ザンギ

40 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 02:31:28.35 ID:t0gfI5fgQ
>>30
第2話 完 乙!!

>>1
スレ1から見てた自分だけど、本当に良かった。
文章構成自体が僕の好きな形してるし、
特に「例え・比喩」を用いった文章を好んでる自分にとっては
すごく物語の内容を吸収しやすかった。
1のコメント見る限りこれでひと区切りみたいだけど、
次スレが立った時はまた応援しようと思う。
……というか、こればかりは断言できる。応援する!だね。

それにしても出来たばかりのスレッド落とすのは惜しいな……。
2.5話とか、番外編とか勝手に待ってます。とでも言っておこうかな。

まぁ何より僕が望むのは>>1に楽しくSSを描いていってほしいということ。
本当にくどい感じもするけど無理なく頑張!

41 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 03:58:32.00 ID:hXr2C4UaO


42 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 05:54:05.50 ID:tQ6Y6JkQO
ったくみんな寝てんのか?
しょーがないな… 保守

43 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 07:13:24.40 ID:p6ilGpB6O
保守だぜ
これからどうするの?

44 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 07:21:48.43 ID:rksP2lfpO
>>1乙!!
3話に期待!!

45 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 07:38:48.06 ID:PM/D2/hf0
おはよ、まだ残ってておろろいた。

>>37
おk、ジャンルとか、そろそろ外そうかなぁと思ってるけど、
うん、文房具は外せないw

>>38
>>39
ウホ、とりあえず、今は文房具のままでw

>>40
ありがとう、んじゃ、2話が長すぎて飛ばした小話一つのっけるよ。

46 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 07:56:08.34 ID:/ox3IOCs0



47 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 08:08:54.71 ID:S3HeZo7P0
ほ〜ら☆
えっちなものだよぉ〜
(携帯可)
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_9111.xxx

48 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 09:25:25.81 ID:YiT2ykyG0
保守

49 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 09:49:26.27 ID:PM/D2/hf0
ちょっくら、ひぐらし買ってくるwwww ノチチ

50 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 09:49:52.95 ID:YiT2ykyG0
ひぐらしwww
いてら

51 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 09:53:03.69 ID:t0gfI5fgQ
保守

52 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 10:36:19.89 ID:t0gfI5fgQ
保守

53 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 11:58:13.97 ID:YiT2ykyG0
保守

54 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 12:25:32.19 ID:I/rvtvL/0


55 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 13:00:10.49 ID:u5UrYveZ0
保守

56 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 13:11:34.46 ID:GdgCdbae0
ひさびさに・・ほんとひさびさに、透明なこの感覚を思い出した


>>1、ありがとう。これからもでらでらwktk




・・アレ・・・?ココドコダッケ?思い出すまで雛見沢村逝ってきまつ ノチチ



57 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 13:51:36.40 ID:u5UrYveZ0
hosyu

58 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 14:16:43.11 ID:t0gfI5fgQ
保守

59 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 14:35:12.50 ID:I/rvtvL/0
しんふ ←時計回りに90度回転すると帽子被った人に見える気がしたがそうでもなかったぜ。

60 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 15:10:22.40 ID:u5UrYveZ0
若干みえたんだぜ

61 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 15:38:27.99 ID:t0gfI5fgQ
>>59
それ昨日イミフで見つけたw
半分指で隠してみると見易くなるよ。
というか、指で半分隠して見ないと
見えない自分だから……

62 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 15:57:28.14 ID:t0gfI5fgQ
保守

63 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 16:16:56.78 ID:t0gfI5fgQ
保守

64 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 16:26:32.44 ID:rksP2lfpO


65 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 17:30:36.96 ID:dCJGINLV0


66 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 17:46:33.87 ID:t0gfI5fgQ


67 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:38:20.18 ID:PM/D2/hf0
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ひぐらし買おうと思ったら、通常版と限定版が置いてあった。
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        気づいたら限定版を手にレジの前に立っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠商法だとかお持ち帰りだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…

68 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:45:40.72 ID:dCJGINLV0
それが「人」というものさ、若いの。

69 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:00:41.67 ID:PM/D2/hf0
>>68
なんか、人の前に「ダメ」って単語が忘れているような気がw

とりあえず、少し雛見沢堪能してきたんで、

小説ある程度まとまったら、投下シマス。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)