5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンが悪魔城に乗り込むようです

1 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:10:23.64 ID:rjB30Ov/0
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-3353.html

まとめサイト様です。それでは投下始めていきます。

2 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:10:47.30 ID:rjB30Ov/0
第十六話

(  ^ω^)「・・・いよいよこのときがやってきたお」

川*゚∀゚)「そうね・・ここまで来るのに長かったわね」

(´・ω・`)「色々な事が起きたな・・」

三人は遂に、天守閣の前の大きな門まで到達していた。
とても高い所にあるそこは、強い風が吹き荒れていた。

3 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:14:38.89 ID:rjB30Ov/0
(  ^ω^)「皆・・覚悟はいいかお?」

川*゚∀゚)「ええ・・いきまs

???「すいませんモナ!ちょっといいですかモナ!!」

聞き覚えのある声、語尾をしゃべる男に足を止められる。

(  ^ω^)「あんたは・・悪魔商人の・・」

( ´∀`) 「モナーですモナ!覚えていてくれましたかモナ!!」

(  ^ω^)「覚えてたお。で、何のようだお」

4 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:17:43.49 ID:rjB30Ov/0
( ´∀`) 「突然ですが、お別れを言いに来たモナ!!」

(  ^ω^)「いや、正直一回もお世話になってないから早く帰るお」

( ´∀`) 「え!?」

(  ^ω^)「いい時を邪魔しやがって・・早く消えないと僕のムチをお見舞いするお?」

(;´∀`) 「すいませんでしたモナ!!失礼しましたモナ!!」


5 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:19:53.77 ID:rjB30Ov/0
すぐに姿を消すモナー。

川*゚∀゚)「ねぇ・・さすがに可哀想じゃない?」

(  ^ω^)「いいんだお、早く入るお」

(´・ω・`)「ブーン君にはこんな一面があるのかい・・」

三人はそれぞれの思いを抱えながら、協力した大きなドアを開ける。
目の前に広がった光景は、大きな棺が置いてあるだけの、無機質な部屋だった。

6 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:22:53.53 ID:rjB30Ov/0
(  ^ω^)「きっと・・あの棺の中にドラキュラは居るはずだお!!」

川*゚∀゚)「そうね・・棺の前に行ってみましょう」

三人は棺の前に向かった。嫌な感じが三人を襲った。

(;´・ω・`)「ぐっ・・僕にも分かる・・死神、クーを凌駕する凄まじい魔力が・・!!」

( ;^ω^)「・・まだ姿も表していないのに・・さすがといった所かお」

川*゚∀゚)「でも・・d

バン!!ズガァン!!
ツーが言葉を発そうとしたその時、棺のふたが吹き飛んだ

7 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:28:51.93 ID:rjB30Ov/0
( ;^ω^)「もしかすると・・!ドラキュラが外に出ているのかもしれないお!!」

ブーンがそう叫んだものの、ドラキュラは一向に姿を表す気配が無い。
三人は警戒したまま、辺りを見回す。

???「フフ・・フハハハハハハハハ!!!」

三人の笑い声ではない笑い声が辺りに響き渡っている。
身をキュッと引き締め、その声を聞いた。

???「そんなにこのドラキュラ伯爵に八つ裂きにされたいのか・・」

川*゚∀゚)「どこにいるの!?姿を表しなさい!!」

8 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:36:48.17 ID:rjB30Ov/0
 ('∀`) 「フハハハ・・貴様等を倒して、世界を再び闇の世界へ陥れてやる・・」

ついにドラキュラが姿を表した。だが思った以上に情けない顔をしているので少し幻滅するショボン。

(´・ω・`)「こんな奴がドラキュラ・・うおっ!!」

呟いた瞬間にショボンは向かい側の壁までもの凄い勢いで吹き飛ばされる。
まるでボロきれのように。

 ('∀`) 「何か言ったか・・?そこの雑魚」

9 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 17:45:35.03 ID:rjB30Ov/0
(;´・ω・`)「ぐ・・・ぐぅ・・」

気を失ってしまうショボン。

川*゚∀゚)「ショボンさん!!」

急いでショボンの方へ向かうツー。だが目の前にドラキュラが現れる。
あまりの速さに何も出来ない。

川*゚∀゚)「しまった・・!!」

10 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 17:57:13.89 ID:Zi8YsaxhO
支援

11 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:00:00.01 ID:rjB30Ov/0
 ('∀`) 「フフフ・・久し振りに女の血が吸えるな・・」

川*゚∀゚)「・・・・っ!!」

動きをドラキュラに固定されるツー。
さすがはかつて魔王と呼ばれていただけある。ガッチリと掴んだその手はツーの動きだけでは取れそうになかった。

(  ^ω^)「そう簡単にやらせるかお!」

ブーンが勢いよく掴んでいたムチをドラキュラへふるう。
見事、顔へヒットし、ツーを離すドラキュラ。

12 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:11:51.04 ID:rjB30Ov/0
 ('∀`) 「・・・・・・・・」

 ('∀`) 「この痛み・・お前、VIPPER家の血を継ぐ者なのか?」

(  ^ω^)「そうだお!覚えているかお!?このムチの力を・・!!」

 ('∀`) 「ああ・・覚えている」

 (#'∀`) 「憎らしいなぁ・・お前は私の手で始末しないと気がすまない」

そう言った瞬間、伯爵はブーンの目の前まで迫ってきていた。


13 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:15:05.30 ID:rjB30Ov/0
( ;^ω^)「っ!!!!」

すぐにムチを振ったものの、その狙いは正確ではなく、いつもの速さもなかった。
伯爵はそのムチをしっかりと掴む。ムチはまるで弱った蛇のように、垂れ下がってしまった。

( ;^ω^)「・・・・・・・・」

 (#'∀`) 「貴様から八つ裂きに・・・」

 (#'Δ`) 「ぐおわぁ!!!!!!!」

川*゚∀゚)「あなたを封印しようとする者は一人じゃないのよ・・?」


14 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:21:33.62 ID:rjB30Ov/0
ツーが限界まで力を溜めたエネボールをドラキュラの頭にヒットさせる。
そのダメージは相当大きかったようで、頭を抱えながら苦しむドラキュラ。
すぐに、ツーの方へ戻るブーン。

( ;^ω^)「すまないお、ツー」

川*゚∀゚)「一人で挑んでたらこの時点で二人とも死んでたわね・・」

川*゚∀゚)「ショボンさんはおそらく気絶しているだけ・・だけど回復しようとすれば、また伯爵が近くによってくるわ」

( ;^ω^)「仕方ないお・・こいつは二人で対応するしかないお!!」

15 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:25:16.31 ID:rjB30Ov/0
川*゚∀゚)「そうね・・自分達の特性を生かしながら戦うわよ!!」

二人はようやく完全な戦闘態勢に入る。伯爵は攻撃を受けてから停止したままだった。

 (#'Δ`) 「・・貴様はフェルニー家の一族か・・」

 (#'Δ`) 「くっ・・憎たらしい・・。貴様等の先祖に倒されたことは今でも記憶に残っている・・」

(  ^ω^)「今回もきっと同じ結果になるお」

16 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:31:34.65 ID:rjB30Ov/0
 ('∀`) 「・・・・・・・」

 ('∀`) 「ふふっ、それはどうかな。貴様等の力で私を倒せるのか?」

いかにも自信のある顔でそう聞く伯爵。
だがブーンとツーも強気な姿勢を崩さなかった。

川*゚∀゚)「そうよっ!あんたはまた、暗い地面の中に葬り去られる運命なのよ!」

 ('∀`) 「・・・・・・・・」

 ('∀`) 「やはり、いつ見てもお前等の様子は変わらないな」

17 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:33:02.38 ID:DKhrLT510


18 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:35:04.01 ID:rjB30Ov/0
 ('∀`) 「貴様等の祖先も同じ事を言ってたよ」

 ('∀`) 「いつ・・聞いても」

 (#'∀`) 「忌々しい言葉だな!!」

伯爵は自分の魔力を解放する。
その全てを飲み込もうとする魔力に対し、体が少し震える二人。

(  ^ω^)「・・でも!こんな所で引き下がれないお!いくお!ツー!!」

19 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:36:02.50 ID:DKhrLT510


20 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:39:52.24 ID:DKhrLT510


21 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:40:15.27 ID:rjB30Ov/0
うわ、ごめんなさい。キャラの説明貼り忘れてた。今から貼りますね。

( ^ω^)ブーン=ホライゾン: VIPPER家の血を継ぐ、正真正銘のバンパイアハンター。
15歳の時、この事実を聞かされる。その後、両親が魔物に殺され、自分の不甲斐なさを悔やみ。訓練に励む。
ドラキュラ復活の一報を聞き、単身悪魔城へと乗り込む。
性格は心優しいので、色々と悩む事も。

川*゚∀゚)ツー=フェルニー :昔、VIPPER家の一族と一緒に戦ったフェルニー族の生き残り。
義母を目の前で殺され、その時「滅殺」の力に目覚める。
この力はドラキュラを封印する為にあると確信し、今回ドラキュラの復活を聞き、悪魔城へ乗り込む。
性格は明るく、はきはきしている。他人にしっかり気を使う優しい心も持ち合わせている。

(´・ω・`)ショボン=クソミソン: ドラキュラ研究家。その名は広く知れ渡っている。
色々なことに興味を持ち、魔法使いの勉強から格闘まで色々なことを行ってきている。
ドラキュラ復活の報を聞き、自分がドラキュラを封印しようと悪魔城へ。
性格は気配りの出来る大人な男性。争いごとはそこまで好む方ではないが、今回だけは覚悟が違う。
クーの親戚であることが判明した。

ξ゚听)ξツン=レイラ: 最近、ドラキュラの手下によって連れ去られ、吸血鬼化する呪いをかけられた女。
薄幸の美女という言葉が良く似合う。まだドラキュラになってから日が浅い為、理性が残っている。
連れ去られてからは、ドラキュラの命により白いバラの育成を行っている。ブーンの幼馴染に良く似ている。
ドラキュラ退治の希望をブーンにかけるが・・

( ^^ω)マルタスニム=ハセガワ: ドラキュラによって連れ去られた子どもの一人。隙を見て逃げ出し、庭園へ隠れる。
青い目が印象的な少年。
一時的に記憶喪失のような状態に陥っている為、言動が不安定。
彼が記憶を取り戻す時、何かが起きる。

22 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:40:39.90 ID:rjB30Ov/0
 ( ・∀・) 死神:手にもつ大きな鎌が特徴的。ドラキュラ復活の儀式を行った中心人物。
ドラキュラの側近中の側近で、頭も腕も立つ、手強い悪魔。
ブーンの命を狙い、行く先々で姿をあらわす。

川 ゚ -゚) クー=アクトリーセ:元は有名な女優だったが、永遠の若さと美貌を求め、悪魔に魂を売る。
人を吸血鬼化する呪いと氷系の魔法が得意。
最近、自分自身に対して、迷いがある。
ショボンとは小さな頃から遊んだ親戚である。両親は、クーが失踪したことにより、亡くなっている。

( ´∀`) モナー:悪魔商人。金さえあれば人間だろうと悪魔だろうと関係なく、物品提供をする。
どこか何もかも見透かしているような目が印象的。

??? ドラキュラ=ツェペリ伯爵:かの昔、世界を暗黒に落とした張本人。
多くのことが謎に包まれている。



23 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:42:31.01 ID:rjB30Ov/0
川*゚∀゚)「ええ!!」

(  ^ω^)「とりあえず奴は僕がひきつけるお!その間に滅殺の力をもう一度限界まで溜めといてくれお!」

川*゚∀゚)「でも・・ブーンが危ないよ!!」

(  ^ω^)「心配するなお!僕を信じるお!!」

肩を掴み、ツーに話しかけるブーン。
その瞳からは一種の覚悟が感じられた。ツーはその視線に押されるように答えを出した。

川*゚∀゚)「・・分かった。私、信じるよ」

24 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:45:26.91 ID:rjB30Ov/0
(  ^ω^)「任せろお!さぁ・・いくお!!」

川*゚∀゚)「ええ・・!!必ず伯爵を倒すわよ!!」

ツーのその言葉と同時に、ブーンは伯爵に向かって走り出す。
伯爵も何をたくらんでいるのか分からないが、マントを持ち、何かを起こそうと準備しているようだ。

 ('∀`) 「ふふ・・まずは貴様からか。地獄の業火で焼き尽くされるがいい」

伯爵は、マントを開く。
それと同時に激しい炎がブーンに迫る。一体どこから出したのか質問したいくらいの業火だ。


25 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:47:52.40 ID:DKhrLT510


26 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:49:54.47 ID:rjB30Ov/0
( ;^ω^)「ぐおっ・・」

ギリギリでその炎を避けるブーン。

 ('∀`) 「なかなかいい反射神経を・・」

 (#'∀`) 「ぐおあっ!!」

ブーンの長いムチがいつの間にか伯爵の顔面を捕らえていた。

 (#'∀`) 「ぐおおおっ・・・この熱さ・・この痛み・・!!」

 (#'∀`) 「懐かしい痛みだな・・まさにVIPPER家のムチの味!!」

 (#'∀`) 「それでなくては倒しがいが無いな。VIPPER家の戦士よ」

27 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 18:50:38.96 ID:DKhrLT510


28 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:52:19.35 ID:rjB30Ov/0
( ;^ω^)「ふっ!!」

その勢いでもう一度ムチを振り、伯爵の反撃の態勢を作らせない。
いくら伯爵といえど、ドラキュラを封印できる能力の保持者が二人も相手では劣勢にならざるを得ない。

 (#'∀`) 「グッ・・調子に乗りおって!!」

ズガァァァン!!
伯爵は凄まじい衝撃波を出し、ブーンを襲う。

( ;^ω^)「うぐわぁっ!!!!!」


29 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 18:54:43.80 ID:rjB30Ov/0
衝撃波を避けきれなかったブーンの体に凄まじい衝動が襲った。
この衝撃、今まで体験した事はまずないものだ。

川*゚∀゚)「ブーン!!大丈夫!?」

その様子を見て、思わずツーが声をかけてしまう。

( ;^ω^)「だ・・大丈夫だお!ツー!今は自分のことに集中するお!あと一息であいつを倒せるお!!」

川*゚∀゚)「ええ・・わかってる!!」

一度ブーンは立ち上がり、ツーの元に走った。

30 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 19:01:54.72 ID:rjB30Ov/0
( ;^ω^)「今まで溜めた力を、僕がドラキュラにムチを当てたら解放して欲しいお」

( ;^ω^)「二人の攻撃が一緒にヒットすれば、おそらくダメージが大きいはずだお。それで・・決めるお!」

川*゚∀゚)「把握したわ!上手くやってね!ブーン!」

( ;^ω^)「任せておけお!いくお!」

その声と同時にブーンは自分の全力を使い、走り出した。
だがドラキュラも黙ってみてくれている訳ではない。追撃態勢を取っていた。

( ;^ω^)「もう遅いお!覚悟するお!ドラキュラ=ツェペリ=ヴェラド!!!!」

31 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:14:08.66 ID:DKhrLT510


32 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 19:23:31.53 ID:rjB30Ov/0
渾身の力を込め、ムチを振った。
ムチはもう一つの生き物としてみていいくらいに、凄まじい勢いでドラキュラへ向かっていく。
さすがに防ぎきれはしなかったようだ。

 (#'∀`) 「うぐぁ・・!!」

一瞬よろめくドラキュラ。

川*゚∀゚)「はぁぁ・・滅殺!!!!」

溜めていた力を一気に解放し、ドラキュラへ向けるツー。
苦しんでいたドラキュラに攻撃を当てることは容易いことだった。


33 : ◆gk43jgqTBM :2007/02/22(木) 19:35:29.60 ID:rjB30Ov/0
 (#'∀`) 「う・・うがぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

ドラキュラは凄まじい悲鳴を上げる。まるで獣だ。

( ;^ω^)「やっ・・やったのかお?」

 (#'∀`) 「貴様等・・本当にこれで私に勝ったつもりか・・?」

 (#'∀`) 「心が闇に覆われている人間は沢山居る・・彼らの闇がある限り、私は何度でも復活できる・・!!」

 (#'∀`) 「所詮貴様等がもたらす物は一時的なものに・・・!!!」

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)