5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)が族の頭になったようです

1 :代理:2007/02/22(木) 19:21:32.66 ID:txw89eYB0
プロローグ 



夜の市街地を埋め尽くさんと煌めく、幾つものハイビーム。
猛り狂うエキゾーストノートに、鳴り響くクラクションはゴッドファーザー【愛のテーマ】。
そして、行き場のない気持ちに応えるかの様に、族旗は今日も夜に舞う。

「やだなぁ、暴走族は」

「警察は何をしてんだか」

「事故って死ねばいいのに」

大人は正論と綺麗事しか言わず、若者を抑えつけようとする。
器用な者は反論し、抑圧を避けるだろう。
では、不器用な者はどうすればよいのだろうか。

自分達が悪い事をしているのは承知している。
この楽しい時間がすぐに終わってしまう事も、彼等は知っている。

――だから、大人は大人しく黙って見てりゃいいんだお。

2 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:21:58.95 ID:YHuQH+AE0
族の頭wwwww

3 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:22:32.01 ID:vohAGqIZ0
>>1
感動した。
ハイビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーム!!!!!!

4 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:23:18.50 ID:3EQUuAAG0
なんてマルチな才能www

5 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:25:46.79 ID:LqQLo9QbO


('、`*川「……内藤君? 内藤君? うぉい!」

教師に肩を揺すられ、内藤ホライゾンは寝呆け眼を擦った。
目を開けたはいいが、意識はまるで向こうの世界に逝ってしまっている。

( ‐ω‐)「ん、おはおー。いとちゃん……」

内藤がそう呟いた瞬間、内藤の頬が教師につねられる。
かなりの力が籠もっているのだろう。
ぼんやりとしていた目は開き、涙が光っている。

(; ゚ω;)「いひゃ、いひゃい! いほーひぇんへぇ、ほめんだほ!!」

教室内が爆笑に包まれた。これがこのクラスの日常風景。
明るく、楽しく、朗らかに。

伊藤のほっぺつねりから解放された内藤がぽつりと呟いた。

( ;ω;)「……鬼ババ」

聞こえてんぞ、と伊藤が睨み付ける。
体を震わせ、内藤は落書きだらけの机に着席した。

从゚∀从「なぁなぁ、今晩“暴走”りにいくんだろ?」

後ろの席から内藤に問い掛ける、美しい金色の長髪に、短ランの美青年。
瞳は恋する乙女の様に輝いていた。

6 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:27:15.94 ID:LqQLo9QbO
( ^ω^)「もちのろんだお! 高岡、みんなに伝えてくれるかお?」

从゚∀从「ヒャッハー! 任せとけ!……ドクオが来たらどうする?」

内藤の瞳に狂暴で凄惨な光が宿り、高岡は内心戦慄した。

その笑顔に潜むは狂気か狂喜か。

( ^ω^)「もち、ぶっ潰すお!!」

高らかな宣言に教室中が沸いた。
雑誌、服、椅子などが宙を舞う。

「ドクオ死なす!」

「【舞雲】出陣だぜ!」

「私も行きたいよー、内藤ー」

伊藤は無言で黒板に現代文を綴っていたが、やがて我慢が限界に達したようだ。

('、`#川「じゃかまっしゃあぁああ!!」

伊藤は長い爪を黒板に立て、思い切りなぞる。

(; ゚ω ゚)「いとちゃん、それは反則だお!」

教室は阿鼻叫喚に包まれた。

伊藤は素知らぬ顔。彼女はこの音の耐性を持っているのだ。

7 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:29:21.46 ID:LqQLo9QbO


水を打ったように静まり返った教室。
その空気は重く、淀んでいる。
その原因は教室の隅に不気味に居座る、男女の所為だろう。
その一角からは絶えず紫煙が立ち上っていた。

(-_-)「ドクオさん、今夜【舞雲】が“暴走”るみたいですよ」

ドクオと呼ばれた男は、ああ、と呻き顔を中空に向けた。
その顔はお世辞にも綺麗とは言えない。
いや、醜いとは言わないが、増悪が彼の顔を歪ませていたのだ。

川д川「……もちろん、出ますよね」

教室に平手の音が響き、空気が凍り付いた。
……彼等の周囲以外は。

('A`)「当たり前の事言ってんじゃねぇよ、貞子。
   ……ヒッキー、【毒髏】全員に集合掛けとけ」

ヒッキーは黙って頷き、教室を出て行った。
教師は只黙って見て見ぬ振りをする。
ドクオに逆らってはこの学校では働けない。

8 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:30:51.45 ID:LqQLo9QbO
('A`)「お前のチームは今夜……」

流れる血を拭おうともせず、貞子は人差し指を口元に添えた。
それはまるで陽炎のように見える。
誰にもわからず消えてしまいそうだ。

川д川「……【夜薔薇】の集合、掛けておきます……」

('A`)「勝手にしやがれ」

貞子とドクオは連れ立って教室を出て行った。

陰欝な雰囲気が消え、教師は安堵の溜め息を吐く。

( ><)「じゃ、気を取り直して授業を再開するんですっ」

自分がこれで正しいのか、教師は分からない。
胸中に渦巻く暗雲は、己の正義感か、それとも自己嫌悪だろうか。

9 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:32:36.85 ID:LqQLo9QbO


(*゚ー゚)「あら、ツンさん。そんなに慌ててどちらへ?」

ξ;゚听)ξ「ごめんなさい! シスター!」

ツンと呼ばれた少女は、早足を止め、シスターに深々と礼をした。
清楚な乙女。そんな言葉がよく似合う、美しい巻髪。

(*゚ー゚)「元気なのはよろしいのですが、女の子はおしとやかにあるべきですよ?」

シスターの声はツンに届いたかどうか。
彼女はすでにシスターに背を向け再び歩きだしている。

ξ゚听)ξ(うっせ、ババァ)

綺麗な薔薇には刺があるらしい。

ξ゚听)ξ「クー。貞子先輩から連絡来た?」

二人の少女だけが知っている人気の無い渡り廊下。
ツンはスカートをまさぐり、ポケベルを出した。
この学園ではご法度の代物だ。

川 ゚ -゚)「うむ、もちろん。――楽しみだ」

10 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:33:07.19 ID:F3plVhRT0
しえん

11 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:33:35.99 ID:LqQLo9QbO
とても楽しみにしているようには見えない。
もう少し感情を表に出せば引く手数多なのに、とツンは思う。

腰まで伸びた美しい黒髪に、モデル顔負けのプロモーション。
そのもう一つの顔は、【夜薔薇】の突撃隊長。

咲き誇る二輪の薔薇は、夜にその輝きを増すだろう。

12 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:35:42.66 ID:LqQLo9QbO


( ^ω^)「今夜、決着をつけるお」

内藤は鏡の前で、頭の証、たすき掛け。

从゚∀从「楽しみだな、オイ。ヒャハハッ!」

高岡は自慢の金髪を逆立てる事に余念が無い。

('A`)「……今夜」

ドクオはガレージにて、自らの愛車に軽く手を添えた。

(-_-)「……」

ヒッキーは部屋の隅で精神を集中させる。

13 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:36:44.40 ID:LqQLo9QbO
川д川「ドクオさん……」

貞子は愛しい人の写真を、ポケットに忍ばせた。

ξ゚听)ξ「フンフン♪」

紫のアイライン、真っ赤なルージュがツンのお気に入り。

川 ゚ -゚)「早く暴れたいな」

暴力衝動を抑えられないクーは、壁をひたすら殴る。

今宵、物語の幕が上がる。

未だ幼さの残る、少年少女達のお伽話。

プロローグ 完

14 :愛のVIP戦士:2007/02/22(木) 19:38:10.53 ID:LqQLo9QbO
第一話



美府公園。
美府市市民の憩いの場であり、豊かな緑と広い敷地が特徴。
老若男女、大人、子供問わず愛される公園である。

そして美府公園は、自らを愛する者を区別しない。
夜九時。昼に見せた賑やかさとは両極端の喧騒が、公園を支配していた。

単車の轟音に、粗野な罵声と怒声。
しかし、背負った白い特攻服は、彼らの誇りと自尊心。
遠巻きに見つめる善良な一般人の白い目も気にならない。
いや、むしろそれは見せつけるように、誇らしげに咲く夜の華。

从゚∀从「うーい、ブーン。【舞雲】全員集合完了っと」

天に突き刺さらんばかりに長髪を尖らせ、顔には歌舞伎を真似た隈取り。
背中に背負った【天地掌握】と胸元の【舞雲特攻隊長】の刺繍。
『狂闘士』。高岡の喧嘩を見た者は、彼をそう形容する。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)